ライター
愛優 ドイツに恋した自由人

トラブルをできるだけ事前回避するタイプの旅人。 旅行会社に2年間勤務後、フリーランスに転向。 現在は世界を転々としながらライターやフォトグラファーとして活動中。 次はジョージアへ移住予定。 きれいとおいしいとねこが好き。

こんにちは、多拠点フリーランスの愛優です。働き方改革の一環として進められてきたリモートワークが、新型コロナウイルスの感染拡大を機に、「新しい生活様式」に移り変わるにしたがって急激に拡大しつつあります。

私は現在フリーランスとしてインターネットがあれば完結する仕事をしているため、リモートワークが可能で昨年はタイ、今年は日本と世界の場所に拠点を移してきました。

現在は感染対策を充分に行った上で日本の中でもさまざまな拠点で仕事をしていますが、これまで拠点を置いた場所の中でも、「3密」を避けられるワーケーションにぴったりの場所を見つけたのでご紹介します。

ワーケーションとは

photo by shutterstock
ワーケーションとは、「ワーク(Work)」と「バケーション(Vacation)」を組み合わせた言葉で、2000年代にアメリカで生まれました。

リモートワークを活用して、会社に出勤せずリゾート地といった場所で仕事をしながら休暇を楽しむ過ごし方です。

日本でも新型コロナウイルスの感染拡大ともに、大企業を中心にリモートワークが普及してきたことで、インターネット環境があれば仕事ができる人が増え、在宅ではなく、中心部を離れた場所で過ごす人が徐々に増えてきています。

新しい時代の働き方として政府も推進しており、旅行会社をはじめ、宿泊施設などの観光業界でもワーケーションを想定したプランが発表されています。

ワーケーションにおすすめな場所、金谷

photo by Ayu Takayama
私は会社員ではありませんが、すべての仕事がインターネット上で完結するため、この機会に感染対策を十分に行いフリーランスが集まるという千葉県富津市金谷にワーケーションに行ってきました。

都心からアクセスしやすい

金谷の魅力の一つがアクセスです。千葉県の房総半島に位置する金谷の最寄り駅は「浜金谷」で、東京から電車で2時間ほどで行けます。

さらに神奈川県から金谷行のフェリーも出ており、関東全域からのアクセスがいいことも魅力の金谷には、ワーケーションにぴったりの条件がそろっていました。

金谷から電車で30分ほどの君津駅まで、都内各所からバスも出ておりあらゆる手段でアクセスできます。

自然が豊か

せっかく都心を離れてワーケーションをするのであれば、東京にない自然に囲まれた場所でゆっくりと仕事をしたいもの……。

金谷は東京湾に面した場所にあり、近くには鋸山という登山ができるスポットもあります。真夏でも夜になると風が涼しく、遠くから海の音が聞こえてくるまさに自然が豊かな場所です。

都会のようにどこにっても人であふれている……。ということもないので、人の密集を避けのんびりと滞在可能です。

仕事の合間に海で休憩をしたり、休日にはとざんを楽しんだり、自然が豊かな金谷ならではのアクティビティを楽しめます。

金谷での過ごし方

photo by Ayu Takayama
都心からのアクセスも良く自然に囲まれた金谷で、実際に1週間ワーケーションを楽しんだ私がオススメする金谷での過ごし方を紹介します。

ランチは名物のアジフライ

photo by Ayu Takayama
仕事休憩のランチには金谷名物のアジフライがおおすすめです。手のひらサイズほどもある大きなアジフライは、外はさくさく、中はふわふわ!

通常アジには小骨がたくさんありますが、丁寧に処理がされているため小骨がのどに刺さる心配もありません。

あつあつさくさくの状態で、タルタルソースとともに食べてみてください。

午後は仕事に集中

もちろん仕事ができる場所もあります。

金谷にある「まるも」は、フリーランスが集まる場所としても知られています。まるもには、フリーランスの方も仕事をしているWi-Fi・電源完備のコワーキングスペースが備えられており作業可能です。

ほかにも「金谷ステーション」という観光案内所をかねたWi-Fi完備のカフェスペースがあり、そこでも仕事ができます。

夕方から夜にかけて浜辺を楽しむ

photo by Ayu Takayama

金谷は海沿いの町ということもあり、漁港や浜辺が徒歩圏内にあります。金谷海浜公園からはきれいな夕日が見れます。

天気が良ければ、遠く富士山まで見渡せるというなんとも贅沢な景観。頑張ったご褒美にぴったりの眺めです。

午後からの仕事の小休憩に、仕事終わりにのんびりとした時間を過ごすのに、徒歩圏内に浜辺があることは非常に魅力的です。

夕食はBBQで決まり!

photo by Ayu Takayama

先にご紹介した「まるも」ではBBQセットの貸し出しも行っています。まるもから歩いて1分の場所にはスーパーもありますし、買い出しの手間を省きたい場合には食材をセットで購入することも可能です。

ビール片手にBBQを楽しみながら1日の疲れを癒してください。

金谷でのおすすめの滞在先

photo by voido HP

金谷での滞在は、一人でゆっくり滞在するよりも同僚や親しい仲間と複数人での滞在がおすすめです。

金谷にはホテルはあまりないのですが、コテージを貸し切ってグループ滞在を楽しめる宿泊施設があります。それが浜金谷駅から徒歩10分ほどの場所にある「voido」です。

1階は作業スペース

voidoの1階は作業スペースとして使用できます。もちろんWi-Fiや電源が完備されており、プロジェクターも使用可能です。

フリーランスが集まって個々で仕事をするようなワーケーションをする場面でも、企業がチームでワーケーションをして企画会議をするような場面でも、あらゆるニーズに対応できます。

宿泊プランで利用していれば利用時間の制限もないので安心です。

2階に最大10名宿泊可能な宿泊スペース

2階は宿泊スペースになっており、2部屋にそれぞれ2段ベッドが2つずつ、計8人が滞在可能です。予備のベットを入れると最大宿泊人数は10名。

男女で部屋を分けることでプライバシーも守られ、安心して宿泊滞在できます。

またvoido内にはバスタブ付きの浴室もあり、シャンプーやトリートメント、ボディーソープも完備されています。

キッチン完備

さらにvoidoにはキッチンが完備されています。

広々としたキッチンにはお箸やコップといった食器類、調理器具も用意されており、近くのスーパーで食材を買って料理できます。

近くの食堂に地元の楽しみを味わいに行くのもワーケーションの一つの楽しみではありますが、たまには拠点内でゆっくり過ごしたいという方にとっては嬉しいポイントです。

■詳細情報
・名称:voido
・住所:〒299-1861 千葉県富津市金谷2221-3
・地図:
・アクセス:JR内房線浜金谷駅から徒歩5分
・料金:1泊4,000円(一人あたり)+スペース利用料60,000円~
・公式サイトURL:https://voido.space/

海と山に囲まれた金谷はワーケーションにおすすめ!

photo by PIXTA
海や山に囲まれた金谷は、自然を感じられるアクティビティがたくさんあり、都会の喧騒を離れてゆっくりワーケーションをしたいという方にぴったりの場所でした。

自然が豊かであるにも関わらず、仕事環境、滞在環境ともに整っているため、1泊2日のような弾丸滞在ではなく、ゆっくり1週間以上滞在するのがおすすめです。

ワーケーション先を探している方はぜひ金谷を候補地に入れて検討してみてくださいね。

【特集】NEXT JAPAN TRAVEL – あたらしい旅、だいすきな場所。-


TABIPPO.NETでは、新しいスタイルでの国内旅行について特集しています。他の記事もぜひチェックしてみてください!
特集を見る

ライター
愛優 ドイツに恋した自由人

トラブルをできるだけ事前回避するタイプの旅人。 旅行会社に2年間勤務後、フリーランスに転向。 現在は世界を転々としながらライターやフォトグラファーとして活動中。 次はジョージアへ移住予定。 きれいとおいしいとねこが好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング