ワーホリで確実に英語力を伸ばすために一番大切なオフの時間の過ごし方5選

Pocket はてブ

こんにちは!オーストラリアとカナダのワーホリを経験したNanakoです。ワーホリへ行く一つの理由として「英語力を上げたい」という方が多いと思います。かくいう私もそうでした。

現在の私の英語力は、英語で接客や雑談ができるレベルですが、はじめの頃はあいさつをするのがやっと。そんな私が2回のワーホリで英語力を伸ばすまでにしたことをご紹介します。

 

ローカルジョブで働くだけでは英語力は上がらない?

photo by pixta

ワーホリ中、ローカルジョブで働けば自然と英語が上達するものだと思っている方も、多いと思います。実際に私もそうでした。しかし、ここには大きな落とし穴があります。それは「仕事中使う英語はあくまでも仕事用語」だと言うこと。

ワーホリビザで滞在しており、英語力は発展途上段階にある人が就ける仕事といえば、レストランやカフェ、ハウスキーパーなどのアルバイトがほとんどです。私もオーストラリアとカナダでは、レストランのウェイトレスとして働いていました。もちろんローカルジョブなのですべて英語環境です。

 

ローカルジョブで働き始めた頃はとにかく覚える事がたくさん。仕事内容に加えて英語も覚えないといけないので、とにかく毎日必死で働く必要があります。

そして、一生懸命働いていくうちに仕事も少しずつ慣れてきて、職場で使う英語もすんなり出てくるようになるのです。

photo by pixta

ローカルジョブで、英語の伸びを一番感じられるのは、この「仕事を覚えた時」まで。その後から英語力が伸び悩んでしまうパターンがほとんどです(実際に私もそうでした)。なぜなら、覚えた英語は食事メニューやその仕事で使う専門用語に過ぎないからです。

 

もし、今後も同じ業種で働きたい場合はそれでも良いかもしれません。しかし、ワーホリで海外に滞在している私たちが伸ばしたい英語力は、どこでも使える日常会話やビジネス英語ではないでしょうか。

例えば、「本日のおすすめのワインは~です」なんて英語フレーズを覚えても、伸ばしたい英語力の観点から見ればあまり意味がないですよね。

これがローカルジョブの落とし穴。もちろん、英語環境で働く事が無意味とは言いませんが、そればかりに頼りすぎてしまわないようにしましょう。

 

仕事以上にオフの時間の重要性

photo by pixta

それでは、どのようにすれば英語力をさらに伸ばすことができるのでしょうか?

実は、仕事をしていないオフの時間にどれくらい英語に触れるかによって、英語力の伸び率は変わってきます。私は、カナダワーホリの後半は日本語環境の仕事で働いていましたが、実際にオフの時間にどっぷり英語に触れていたおかげで、英語力を磨くことができました。

 

ワーホリで英語力が上がるオフの時間の過ごし方

photo by pixta

仕事が忙しくて疲れているのにオフの時間までも勉強したくないと思う方、安心してください。英語に触れるといってもやり方はいろいろあります。

ひとりの時間を大切にしたい人、友達と遊びたい人など、その人に合った過ごし方の中で、少しでも英語力を上げる方法をご紹介します。

 

仕事仲間と遊びに行く

ローカルジョブを頑張っていると、自然と職場の人と友達になるパターンが多いです。同僚ともなれば、普段からも一緒にいる時間が多いので、同じ話題も増えて会話が弾むでしょう。

 

ミートアップに参加する

ミートアップとは、同じ趣味や興味をもった人たちが集まるイベントのこと。ミートアップのアプリ上から興味があるイベントを探して参加できます。(ミートアップのサービス内容については公式サイトをご覧ください。)

ワーホリの人におすすめのイベントが「ランゲージエクスチェンジ(語学交換)」。ここでは日本語に興味があるネイティブスピーカーと会話をすることができ、お互いが日本語と英語を練習する場として開催されています。

もちろん、料理教室やヨガなど、共通の趣味を持った人の集まりに参加するのも英語を伸ばす手段として有効です。

 

イングリッシュスピーカーと一緒に住む

photo by pixta

ワーキングホリデーで海外へ滞在する場合、住居のタイプはホームステイ、コンドミニアム、シェアハウス、バックパッカーズ、職場の寮などさまざま。

各々のワーホリスタイルに合わせて自由に選べますが、オフの時間を有効に使って英語力を伸ばしたいなら、ネイティブスピーカーと一緒に暮らす事が、英語上達への近道です。

生活を共にすることになるので、生活上で欠かせない英会話も自然と身に着けられます。お互いの文化を学ぶこともできるので一石二鳥ですね。

 

ひとりの時間は洋画や海外ドラマを観る

オフの時間くらいは一人になりたい、という人もいるのではないでしょうか。そんな人には洋画や海外ドラマ観賞がおすすめです。もちろん「英語力を上げる」という意味なので、吹き替えではなく英語音声で(字幕をつけるなら英語)。

私も仕事で疲れ切って、1人部屋でのんびりしたいと思うことがよくありました。そんな時はコンテンツ配信サービス「Netflix」で好きな作品を英語音声でひたすら観ていました。

自分が興味がある作品なら夢中になれる上、リスニング力も自然と上がるのでかなりおすすめです。

 

習い事をする

photo by pixta

何か習い事をしている人は、ワーホリ先でも習い続けることをおすすめします。好きこそ物の上手なれとはよく言ったもので、趣味と英語を掛け算すると英語も早く上達すること間違いなし!

私も趣味のヨガを英語で習うようになってから、以前と比べて英語力が上がりました。なによりモチベーションを高く保てるので、この方法はかなり良いです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TsurutaNanako
トラベルライター
英語&ヨガ留学、ワーホリ2か国、ノマド、一人旅を経験するにつれ、いつしか自分を日本人ではなく地球人と認識するようになる。 ヨガと海をこよなく愛する29歳。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ワーホリ

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品