ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は秋葉原にある多国籍料理店Journey×Journey料理長に世界の料理に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:Journey×Journey料理長・山本ジャーニー

山本ジャーニー
学生の頃、東南アジアを短期で旅する中で、「いつか世界の料理をテーマにしたお店を持ちたい」と思うようになりました。卒業後は店舗マネイジメントを学ぶために、大手小売チェーンに就職。3年半勤務したのち退職し、26歳から独学で料理をはじめ、29歳で一年間の世界一周。そして2015年、秋葉原にJourney×Journeyをオープンしました。

質問:世界一周中に食べた1165皿のうち、ベスト3を教えてください!

世界にはたくさんの料理があるけれど、滞在中に全部を食べることは到底無理……。舌の肥えている料理人なら世界中のとても美味しい料理を知っているかもしれない!ぜひ教えて欲しい!

そこで多国籍料理屋の料理長に、世界一周中に食べた1165皿のうち、ベスト3を質問してきました。

回答:第3位ラッドナー、第2位鰯のグリル、第1位ハーリング(塩漬けニシン)


photo by 山本ジャーニー(タイ・バンコクのラッドナー)
第3位はタイのバンコクで食べたラッドナーというあんかけ麺です。このラッドナーを提供している食堂は僕が19歳の時に食べて以来、通い続けています。世界一周のシメ料理にはこのラッドナーを食べました。


photo by 山本ジャーニー(鰯のグリル)
第2位はポルトガルで食べた鰯のグリル。第1位はオランダのハーリング(塩漬けニシン)です。両方に共通するのは「旬」の時期に食べることができたということ。


photo by 山本ジャーニー(オランダのハーリング(塩漬けニシン))

ヨーロッパは初夏にまわっていたのですが、鰯もハーリングもこの時期に旬を迎えます。日本の食材に旬があるように、勿論、世界の食材にも「旬」があって、うまくそのタイミングでいただくことができました。一周中、ほとんどお肉ばかりだったので、美味しい魚に飢えていたというのもあるかもしれません……。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜世界の料理編〜は「世界中で食べた料理でフルコース(前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザート)を作るなら?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング