writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は秋葉原にある多国籍料理店Journey×Journey料理長に世界の料理に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:Journey×Journey料理長・山本ジャーニー

山本ジャーニー
学生の頃、東南アジアを短期で旅する中で、「いつか世界の料理をテーマにしたお店を持ちたい」と思うようになりました。卒業後は店舗マネイジメントを学ぶために、大手小売チェーンに就職。3年半勤務したのち退職し、26歳から独学で料理をはじめ、29歳で一年間の世界一周。そして2015年、秋葉原にJourney×Journeyをオープンしました。

質問:世界中で食べた料理でフルコース(前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザート)を作るなら?

旅をするとできるだけ美味しい料理が食べたいと、すぐネットで調べてしまうけど、なかなか見つからない……。料理人の舌で判断した、世界の料理1165皿を食べた中で最高だった一皿で、フルコースを作るならどんな食事を挙げるんだろう?

そこで多国籍料理屋の料理長に、世界一周中に食べた前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザートでフルコースを作ってください!とお願いしてきました。

回答:ぜひ各国で食べてください。


photo by 山本ジャーニー(ペルーのパリウエラ)
まず前菜はスペインのピンチョスですね。ハモン・イベリコやムール貝、オイルサーディンは前菜にぴったりです。

スープはペルーのパリウエラ。南米のブイヤベースとも呼ばれる魚介がたくさん入ったゴージャスなスープです。

魚料理はタイのプラヌーンマナオ。白身魚をライムやレモングラスで蒸した料理でエスニック感たっぷりです。


photo by 山本ジャーニー(アルゼンチンのカルネ・アサダ)
お肉料理はアルゼンチンのステーキで決まりです。旅人の中でもアルゼンチンの牛肉は有名ですが、本場のチミチュリソースを添えてお出しします。

〆はハンガリーのフォアグラを使ったクリームリゾット。デザートはエジプト・ダハブの名物「マンゴーマンゴー」。

バックパッカーの間で人気のメニューで構成すると思います!

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜世界の料理編〜は「プロが食べても美味しい機内食ってどこの航空会社でしたか?(JAL/ANA以外で)」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事