ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は秋葉原にある多国籍料理店Journey×Journey料理長に世界の料理に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:Journey×Journey料理長・山本ジャーニー

山本ジャーニー
学生の頃、東南アジアを短期で旅する中で、「いつか世界の料理をテーマにしたお店を持ちたい」と思うようになりました。卒業後は店舗マネイジメントを学ぶために、大手小売チェーンに就職。3年半勤務したのち退職し、26歳から独学で料理をはじめ、29歳で一年間の世界一周。そして2015年、秋葉原にJourney×Journeyをオープンしました。

質問:世界で見つけた日本食で一番驚いたものはどこで、どんな料理?

これまで旅をしていて「これって日本食?」と疑う料理をたくさん見てきたけれど、料理人から見て味・見た目など驚いたものってあるのかな?

そこで多国籍料理屋の料理長に、世界で見つけた日本食で一番驚いたものを質問してきました。

回答:メキシコのメイド喫茶で食べた、味噌汁とおにぎりです


photo by 山本ジャーニー(メイド喫茶で食べた味噌汁とおにぎり)
昨今、日本食は世界的なブームとなっていて各地で見かけましたが、もっとも衝撃的だったのはメキシコシティーのメイド喫茶で食べた日本食でした。

メキシコの女性がメイド姿で働いており、内装もサービスも本場日本のメイド喫茶とさして変わらない様相だったのですが、その中で提供されている日本食はちょっと……。

Sopa Misoshiro(味噌汁)とOnigiri de Queso(チーズ入りおにぎり)を注文したのですが、正直、作って教えてあげたいと思いました。

 

反対に美味しかったのはボリビアのラパスの日本食ですね。かつて日系の方がこの国に移り住んだという背景もあるせいか、本格的な日本食を展開しているお店が多く驚かされました。特に現地でトゥルーチャと呼ばれる鱒を使ったお刺身が美味しかったです。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜世界の料理編〜は「実は美味しかったゲテモノがあれば教えてください」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング