editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は秋葉原にある多国籍料理店Journey×Journey料理長に世界の料理に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:Journey×Journey料理長・山本ジャーニー

山本ジャーニー
学生の頃、東南アジアを短期で旅する中で、「いつか世界の料理をテーマにしたお店を持ちたい」と思うようになりました。卒業後は店舗マネイジメントを学ぶために、大手小売チェーンに就職。3年半勤務したのち退職し、26歳から独学で料理をはじめ、29歳で一年間の世界一周。そして2015年、秋葉原にJourney×Journeyをオープンしました。

質問:実は美味しかったゲテモノがあれば教えてください!

世界にはゲテモノと呼ばれるちょっと変わった料理があるけれど、全部まずいの?それとも美味しいものってあるの?自分で食べてみて知る勇気はないけれど……。もし料理人の舌でも美味しいと感じるものがあったなら知りたい!

そこで多国籍料理屋の料理長に、世界で見つけたゲテモノで美味しかったものを聞いてきました。

回答:油で揚げた虫はカリカリしていて意外と美味しかったです


photo by 山本ジャーニー(豚の皮(チチャロン))
カンボジアではいわゆる「ゲテモノ」と呼ばれる現地食材を多く食べました。蛇やサソリやタランチュラですね。

正直、それもそれほど美味しいものではないのですが、ただ揚げたサソリやタランチュラの足はカリカリしていて楽しめました。

 

昆虫ほどのインパクトはないですが、アルゼンチンで食べた巨大ナマズや、アマゾンで食べたピラニアは美味しかったです。

メキシコの市場で大量の豚の皮(チチャロン)を生で見たときはびっくりしましたが、揚げるとサクサクしていて病みつきになりました。

 

仮に日本人には馴染みのない食材であったり、一見グロテスクなものでも、地場のものをその土地で味わえば一層の美味しさが引き出されるのかもしれません。そう考えればそれも旅の醍醐味だと改めて思います。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜世界の料理編〜は「食べるのを躊躇した料理を3つ教えてください」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事