editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は秋葉原にある多国籍料理店Journey×Journey料理長に世界の料理に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:Journey×Journey料理長・山本ジャーニー

山本ジャーニー
学生の頃、東南アジアを短期で旅する中で、「いつか世界の料理をテーマにしたお店を持ちたい」と思うようになりました。卒業後は店舗マネイジメントを学ぶために、大手小売チェーンに就職。3年半勤務したのち退職し、26歳から独学で料理をはじめ、29歳で一年間の世界一周。そして2015年、秋葉原にJourney×Journeyをオープンしました。

質問:食べるのを躊躇した料理を教えてください!

これまで様々な場所で料理を食べて来た料理人でも、食べるのを躊躇した料理ってあるの?どこのどんな料理だった?教えてください!

そこで多国籍料理屋の料理長に、世界で出会った食べるのを躊躇して料理を3つ聞いてきました。

回答:エチオピアの主食インジェラと山羊の頭のスープです


photo by 山本ジャーニー(エチオピアのインジェラ)
まずエチオピアの主食インジェラは躊躇しました。インジェラはイネ科の植物であるテフから作られるクレープのような料理なのですが、旅行者の中で「美味しくない」と有名だったので恐る恐る食べましたが、僕は好きでしたし、その後インジェラばかり食べてました。


photo by 山本ジャーニー(山羊の頭スープ)
強烈だったのはボリビアで食べた山羊の頭の半分がまるまる入ったスープですね。味付けも限りなく薄く(素材の味そのまま)、最後まで食べきることができませんでした。唯一、ギブアップしたメニューです。

 

あとはお恥ずかしながらトマトが大の苦手でして、トマトを食べるかどうかかなり葛藤しましたが、野菜はジャガイモと玉ねぎばかりで、栄養バランスのことを考えて我慢して食べるようにしました。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜世界の料理編〜は「日本では食べる機会がない珍しい海外料理トップ3を教えてください」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事