writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は秋葉原にある多国籍料理店Journey×Journey料理長に世界の料理に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:Journey×Journey料理長・山本ジャーニー

山本ジャーニー
学生の頃、東南アジアを短期で旅する中で、「いつか世界の料理をテーマにしたお店を持ちたい」と思うようになりました。卒業後は店舗マネイジメントを学ぶために、大手小売チェーンに就職。3年半勤務したのち退職し、26歳から独学で料理をはじめ、29歳で一年間の世界一周。そして2015年、秋葉原にJourney×Journeyをオープンしました。

質問:これから日本で流行りそうな海外料理のメニュートップ3とその理由を教えてください!

まだ日本では流行っていないメニューこそ、海外で食べたいもの。料理人の舌で感じるこれから流行りそうで美味しいメニューがあったら教えて欲しいなあ……。

そこで多国籍料理屋の料理長に、これから日本で流行りそうな海外料理を3つ聞いてきました。

回答:食材は豆、メニューはチョリジャーナです

食材としては上記にもあげた「豆」がもっと注目されるようになるのではないかと思います。

低カロリーで食物繊維も豊富な豆はダイエットにも有効で、海外ではひよこ豆をペースト状にして食べるフムスダイエットが大流行中で、日本でも取り扱うお店が増えてきました。

 

ダイエットとは真逆のジャンクフードになりますが、チリやアルゼンチンで一般的な「チョリジャーナ」にも注目してます。ポテトと玉子とチョリソーを使った料理で、これにチーズをトッピングしたチーズチョリジャーナなんてインスタ映えするんじゃないかと考えてます。

お店ではオープンからずっと人気メニューですが、「流行ってる」とは到底言えないので、もっと頑張りたいと思います……!

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜世界の料理編〜は「日本国内にある海外料理店でお気に入りのお店を3店、理由と共に教えてください」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング