ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は秋葉原にある多国籍料理店Journey×Journey料理長に世界の料理に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:Journey×Journey料理長・山本ジャーニー

山本ジャーニー
学生の頃、東南アジアを短期で旅する中で、「いつか世界の料理をテーマにしたお店を持ちたい」と思うようになりました。卒業後は店舗マネイジメントを学ぶために、大手小売チェーンに就職。3年半勤務したのち退職し、26歳から独学で料理をはじめ、29歳で一年間の世界一周。そして2015年、秋葉原にJourney×Journeyをオープンしました。

質問:日本国内にある海外料理店でお気に入りのお店を3店、理由と共に教えて!

旅の予定はまだまだ先だけど、本格的な海外グルメが食べたい……!料理人が本気でおすすめするレストランがあれば教えてください!

そこで多国籍料理屋の料理長に、日本国内にある海外料理店でお気に入りのお店を3つ聞いてきました。

回答:大久保、千葉県市原市、吾妻橋にあるレストランです


photo by unsplash

一軒目は大久保にあるネパール居酒屋さん「ソルマリ」。その名のとおりネパール料理を扱いながらの居酒屋スタイルが珍しく、お酒を飲みながら色々少しずつつまめるのが、お酒が好きな僕にとっては大きなポイントです。

二軒目は千葉県市原市にあるフレンチレストラン「ベルクール」。ここはシンプルに味が最高です。本格的なフレンチをお手頃価格で体感できるお店で、「ベルクールに行きたいなあ」と常に思ってます。

三軒目は吾妻橋の本格タイ料理「モンティ」。激辛で有名なお店で行く度に辛すぎて大変な思いをするのですが、その刺激がどうにも病みつきになってしまうのです。ツーリスト向けの現地レストランよりもずっと本格的でしょう。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜世界の料理編〜は「ジャーニーさんが考える「世界三大旅人料理」と選んだ理由を教えてください」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング