writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は秋葉原にある多国籍料理店Journey×Journey料理長に世界の料理に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:Journey×Journey料理長・山本ジャーニー

山本ジャーニー
学生の頃、東南アジアを短期で旅する中で、「いつか世界の料理をテーマにしたお店を持ちたい」と思うようになりました。卒業後は店舗マネイジメントを学ぶために、大手小売チェーンに就職。3年半勤務したのち退職し、26歳から独学で料理をはじめ、29歳で一年間の世界一周。そして2015年、秋葉原にJourney×Journeyをオープンしました。

質問:料理人・ジャーニーさんが考える「世界三大旅人料理」と選んだ理由を教えてください!

旅に出たらやっぱり美味しいご飯が食べたい!これだけは美味しかった〜!と料理人が思う世界三大料理をぜひ教えて欲しい!

そこで多国籍料理屋の料理長に、料理人が考える世界三大旅人料理を聞いてきました。

回答:パッタイ、ドネルケバブ、フライドチキンです

これは非常に難しい質問ですが、世界一周旅行者のほとんどが食べることになるのではないかという観点で選ばせてもらいました。

まずはタイ・バンコクのカオサンロード周辺の屋台でよく見かける「パッタイ」です。17年前僕が初めてカオサンを訪れて以来、ずっと変わらずに在り続けてます(値段は多少高くなりましたが……)。


photo by 山本ジャーニー(ケバブ)
次に「ドネルケバブ」ですね。世界中どこでも見かけるケバブ。困った時(特に物価の高い国)はケバブ。世界各地で食べてきましたが、ドイツのベルリンで食べたケバブが一番美味しかったですね。


photo by 山本ジャーニー(フライドチキン)
そして、僕が思う世界三大旅人料理の最後は「フライドチキン」です。これぞキング・オブ・ワールドワイド。鶏肉は各宗教の戒律にも触れませんし、庶民的なメニューとして親しまれてることがほとんど。

フライドチキンが嫌いという人は、世界を見渡してもあまりいないんだろうなと思うほど、偉大な料理であり、旅人にとっても心強い味方であるはずです。僕は中米で食べすぎてさすがに飽きましたが……。

 

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事