ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

こんにちは。ライターのけんちょです。

東北地方に位置する山形県は、米沢牛やフルーツなどのグルメや、羽黒山や銀山温泉などの観光資源などで知られ、魅力がいっぱい。そんな山形県屈指の観光地・蔵王に、これまで約200施設ものサウナ施設に訪れた僕がイチオシするサウナがあります。

今回はそんな山形県のおすすめのサウナ、標高約1000mの地で極上のサウナ浴を楽しめる「高源ゆ」についてご紹介したいと思います。

日本“初”のリカバリー温泉施設「高源ゆ」ってどんなところ?

Photo by 高源ゆ
高源ゆは、2020年にオープンしたばかりのモダンで新しいスタイルの日本初のリカバリー温泉施設です。

アクティビティの多い蔵王の地にあって、温泉やサウナだけなく、プールやリラクゼーションルーム、酸素カプセルなど、リカバリーのための設備が充実。観光やアクティビティ後の旅の疲れを癒やすのにぴったりです。

そんな高源ゆがあるのは、蔵王の中でも標高約1000mの坊平高原というエリア。街の喧騒から離れた高地の温浴施設であるにもかかわらず、オープン以来話題を呼び、特に休日の男湯は事前に予約しておかなければ入れない日があるほど、人気なのです。

地下1000メートルから湧く天然温泉

Photo by 高源ゆ
高源ゆは、2020年にオープンしただけあって、とにかく施設全体がモダンでスタイリッシュ。浴室内は温泉と水風呂、サウナがそれぞれひとつずつ。種類はスーパー銭湯と比べると多くありませんが、それ以上にモダンで清潔感あるたたずまいに思わずワクワクしてしまいます。

お風呂は、地下1000mから湧く天然温泉。アンチエイジング効果や美肌効果が期待でき、肌あたりが優しく敏感肌の人にも入りやすい泉質です。

冬には気温が氷点下にもなる蔵王。観光やスキーなどで冷え切った身体には、このぽかぽかの温泉が極楽に感じられるほど気持ちいいですよ!

セルフロウリュができる本格フィンランドサウナ

Photo by 高源ゆ
そして、何よりもおすすめなのが本格フィンランドサウナです。高源ゆのサウナは、一般的なドライサウナと比べると、湿度が高めにセッティングされていて、しっかりと熱いのに不思議と息苦しさを感じない心地よいサウナなのです。

サウナ室の中に入ると、そこには木の温もりを感じる、清潔感のあるモダンな空間が広がっています。

室内の収容人数は最大で6人程度。コンパクトなサイズ感ですが、そのぶん熱が室内全体に届き、十分に熱さを感じられるのが特徴的です。

Photo by 高源ゆ
このフィンランドサウナの最大の特徴がセルフロウリュ。このために水を備え付けているサウナ施設はよく見かけますが、香りのついたアロマ水が用意されている施設は珍しく、これがすごく嬉しい……。

日替わりで変わるアロマ水を、室内に鎮座するサウナストーブにかけると、ジュワッという音とともにアロマの香りがサウナ室全体に広がり、ほんのり良い香りを楽しみながら蒸されることができます。

サウナ室がコンパクトなこともあって、ロウリュの蒸気と香りを存分に感じられるので、これがクセになる気持ちよさなのです。

キンキンに冷えた水風呂と極上の外気浴でととのう

Photo by 高源ゆ
本格フィンランドサウナでじっくりサウナを楽しんだ後は、水風呂でクールダウン!

高源ゆの水風呂は季節によって水温が異なり、夏場は約16℃前後と一般的なのに対し、冬場は約10℃前後のキンキンの冷たさ。

10℃を下回るとシングルと呼ばれ、かなり冷たい水風呂に分類されていますが、高源ゆはサウナ室がしっかりと熱いからなのか、不思議なことに意外とゆっくり入っていられる心地よさなのです。

Photo by 高源ゆ
そして高源ゆは、水風呂の後の外気浴場も魅力的。外気浴エリアにあるのは椅子4脚のみ。

お風呂の水が流れる音や人の話し声などが一切ない静寂な環境が”ととのい”に相性抜群。時折聞こえてくる、風の音や鳥の鳴き声などの自然音がサウナ後の多幸感をさらに誘います。

また、標高1000mの高地という環境も、高源ゆの外気浴が気持ち良い理由のひとつ。真夏でも気温は25℃ほどと過ごしやすく、冬は0℃を下回る氷点下の気候がサウナ後の火照った体にとても気持ちがいいんです。

高地ならではの気候や自然音のみの静寂さは、他の施設にはない唯一無二の極上の環境。サウナ、水風呂、外気浴……と繰り返せば、ととのうこと間違いなしです。

サウナ上がりにおすすめの”とくべつなコーラ”

Photo by Kento Sato
サウナ上がりにおすすめしたいのが、”とくべつなコーラ”。クラフトコーラならではの甘すぎない味わいが飲みやすく、サウナ後の水分補給にもぴったり。強めの炭酸とスパイシーさが爽快感抜群でクセになるおいしさです。

他にもサウナドリンクとして定番のオロポ(オロナミンCとポカリスウェットを混ぜた飲み物)が200円という破格のお値段で販売されていたりと、サウナ後にぴったりのドリンクがラインナップされていることもおすすめのポイントなのです。

蔵王観光と一緒に高源ゆへ訪れてみては?

セルフロウリュができる本格フィンランドサウナやキンキンに冷えた水風呂、そして立地を最大限に活かした外気浴。加えて、施設全体の清潔感やサウナ後にぴったりのドリンクのラインナップなど、高源ゆはどれをとってもイチオシの施設です。

御釜や樹氷、スキーなど、蔵王は観光という観点からも春夏秋冬、季節によって異なる魅力がたっぷりの地域。次の旅は、蔵王観光とあわせて高源ゆで”ととのうサウナ旅”に出かけてみてはいかがですか?

■詳細情報
・名称:高源ゆ
・住所:〒999-3113 山形県上山市蔵王坊平国有林241林班
・地図:
・アクセス:山形上山ICより車で約30分
・営業時間:平日11:00~19:00、土日祝11:00-21:00 ※1~3月は13:00~18:00
・定休日:月曜日 ※1~3月は火曜日も定休
・電話番号:023-616-3717
・料金:大人800円、中高生600円、小学生400円
・公式サイトURL:https://kogenyu.com/

※2022年3月時点の情報です。最新の情報は公式HPをご覧ください。

ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング