editor
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

※記事公開後、新たな情報が発表されたため更新しました。(2016/10/21)

 

タイの王室庁は13日、世界で最も在位の長い国王として知られていたプミポン国王が亡くなったことを発表。88歳でした。

同国の政府機関は、今後1年間の服喪に入りました。

 

国民から愛された国王

プミポン国王は1946年、チャクリー王朝の9番目の国王に即位。タイの経済発展に尽力し、貧困撲滅のための事業を立ち上げるなど、国民から絶大の信頼を受けていました。

プラユット暫定首相はワチラロンコン皇太子に即位を要請し、王位継承が決定。皇太子は「今は国民と悲しみをともにしたい」として、即位を遅らせたいと伝えています。

 

国民に「娯楽自粛」を要請

国は14日から服喪期間入り。政府機関は1年間、国民には30日間の娯楽の自粛を求めています。各メディアの報道でも、黒い服に身を包む国民の姿が映し出されていました。

 

チェンマイ・イーペン祭りの中止を決定→規模を縮小して開催決定

国王の死去に伴って14日、2016年11月12日~15日に予定されていた「チェンマイ・イーペン祭り」の中止をチェンマイ市長が発表していましたが、20日に続報が。

規模を縮小して再開催されることが、決定しました!

editor
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集