writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

Night(18:00〜22:00)の横須賀観光


photo by Abe saxophone

名物のグルメを楽しむのもいいのですが、たまには定番以外を楽しんでみませんか?せっかく横須賀に来たのだから、地元で採れた野菜をおいしくいただけるお店を訪れてみましょう。

隠れ家的なお店「カギロイ」で地元野菜を食べよう


photo by Abe saxophone

カギロイは、地元の野菜にこだわって料理を提供しているお店。三方向海に囲まれているエリアであることから、普通よりもミネラルを多く含んでおり美味しい野菜が収穫できるそうです。

お店のオーナーはとっても気さくで、お一人様だった筆者にも優しく話しかけてくれました(そして、なんと通常メニューの量だと多めだからと、特別に1人前を作ってくださったのです……!)。


photo by Abe saxophone

クラフトビール「どぶ板ハッピー」を飲んでいたら、お通しからボリュームのある野菜サラダが出てきました。驚くほどボリュームがあり、すぐお腹いっぱいになって注文数が少なくならないかなと不安になるほど。筆者は横須賀野菜のオリーブオイル焼きと、モクアジのカルパッチョを注文。

どちらもお野菜たっぷりで、シンプルながらも野菜本来の旨みを感じられる贅沢な料理でした。ぜひ予約を入れてから訪問してくださいね。

■詳細情報
・名称:カギロイ
・住所:〒238-0042 神奈川県横須賀市汐入2-38
・地図:
・アクセス:汐入駅より徒歩3分
・営業時間:月~金曜日17:00~24:00、土曜日12:00~14:30 17:00~22:00
・定休日:日曜日
・電話番号: 09080047072
・公式サイトURL:http://www.facebook.com/mazison

横須賀で食べたいグルメ・訪れたいレストラン

・「どぶ板食堂Perry」でネイビーバーガーにかぶりつく
・「横須賀海軍カレー本舗」で元祖海軍カレーを味わう
・「HONEY BEE」でアメリカンな食事をしてみたい!
・「横須賀ビール」でクラフトビールを飲み比べ

Midnight(22:00〜)の横須賀観光


photo by pixta

横須賀の夜を楽しむなら、どぶ板通りしかありません!昼間は人も少なくあまり活気を感じませんが、夜になるとアメリカのような雰囲気に変化します。

どぶ板通りのバーで乾杯


photo by pixta

家にドル紙幣が眠っている人は、ドルを握りしめてどぶ板通りへ繰り出しましょう。この商店街は、全国でも珍しいドル紙幣が使えるエリアなんです。

バーはほとんどのお店がキャッシュオン方式なので、カウンターで飲み物を注文して会計。あとはお店に来ているお客さんとの交流を楽しみましょう。2019年12月31日まではキャンペーンを開催しており、ドルで飲食・買い物をするとオリジナルグッズをもらえるそう。

■詳細情報
・名称:どぶ板通り
・住所:〒238-0041 神奈川県横須賀市本町2丁目
・地図:
・公式サイトURL:dobuita-st.com

横須賀の夜を楽しむ方法

・老舗のバー「BUFFALO」に行ってみたい
・「george’s」でカントリーミュージックによいしれる

横須賀観光を楽しもう

朝から夜遅くまで楽しめる横須賀。歴史あり、グルメあり、異国感ありの横須賀観光を楽しんでくださいん!ぜひこちらの記事を参考にしていただければ、幸いです。

writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング