人生に癒しの休日を!セブ島と周辺のオススメ観光スポット29選

Pocket はてブ

ッZ透明度の高い青い海、きらめくホワイトサンドのビーチでの~んびり過ごす休日。憧れますよね!仕事が忙しくてどこにも行けない時なんか、ホント夢にまで出てきちゃいそうな情景です。

しかし、日本から約4時間半のフライトでそんな夢が叶ってしまうんですよ!今回はフィリピンのセブ島の人気観光スポットをご紹介していきたいと思います。

*編集部追記
2015年12月4日の記事に、観光スポットを追記しました。

 

え、セブじゃないの?「ボホール島」でメガネザルに会おう

6485551823_7e6953ae41_z

photo by zbigphotography (1M+ views)

いきなりセブ島じゃなくてすみません。セブ島から船で約1時間半でついてしまうボホール島には、メガネザル(ターシャ)の保護地域があります。とっても小さくて繊細な彼らに会いに行ってみませんか?

7000以上の離島で構成されるフィリピンですが、中でも観光資源にもっとも溢れた観光アイランドとしてボホール島の人気は上昇中です。ボホール島ではターシャ以外にもチョコレートヒルズという360°を1000個の丘に囲まれた絶景スポットや、ジャングルの中を川下りしながら船上ブッフェランチが堪能できるリバークルーズなど、多くの見所がありますよ。

セブ島からボホール島への船の手配や、ボホール島内の貸切専用車での案内も日本語ガイドが行う、安心楽々に行けるおすすめコースはこちら!

【タビタツ】ボホール島・メガネザルターシャにチョコレートヒルズ、定番ツアー

■詳細情報
・名称:ボホール島
・アクセス:セブ島高速船乗り場ピアワンから約1時間半。
・公式サイトURL:http://www.premium-philippines.com

 

遊び尽くそう!セブ島のビーチ「モアルボアル」


Photo by shutterstock

アイランド・リゾートとして有名なセブ島ですが、せっかくセブに来たんだったらビーチで目の保養をすることをおすすめします。

こちらのおすすめはモアルボアルのホワイト・ビーチですが、他にもオスロブでダイビングやシュノーケリングを楽しむもよし、ちょっと足を伸ばしてバンタヤン島やパラワン島に行くもよし!セブにはとても綺麗なビーチがたくさんあります!

■詳細情報
・名称:モアルボアル(ホワイト・ビーチ)
・アクセス:セブ・シティからバスで約30分。渋滞があれば2時間ほど。

 

フィリピン最古の家「ヤップ-サンディエゴ家の旧邸」

8911821806_135ca67093_z

photo by Constantine Agustin

旧邸は今から300年以上前に建てられた「フィリピンで最古の家」とされています。

1階は石灰石でつくられた頑丈な壁、2階部分は木造という日本の建築とは全く異なる作り方は面白く、 家具や素朴な装飾品が飾られておりセブの歴史を垣間見れる観光客に人気のスポットとなっています。

■詳細情報
・名称:ヤップ-サンディエゴ家の旧邸
・住所:155 Mabini St Parian, Cebu City, Philippines
・営業時間:9:00〜19:00
・電話番号:32 514 3003
・料金:50PHP

 

ジンベイザメに餌付けできるのはここだけ!「オスロブ」

6775643372_7c533bcbc8_o

photo by Janey

ジンベイザメのふるさとと言われるセブ島南部にある漁村「オスロブ」。ジンベイザメと一緒に泳いでいる写真が撮れたり、船の上から餌付けをするといった斬新な体験ができます。本当の目の前をジンベイザメが泳いで行く様子に興奮が収まりません!かなりの高確率でジンベイザメを見ることができますよ。

“奇跡の漁村”と称されるオスロブが世界で初めて野生のジンベイザメへの餌付けに成功させ、今やセブ島が誇る花形アクティビティとなっています。

100%ジンベイザメと遭遇でき、現地を知り尽くした日本語ガイドと一緒にオスロブに訪れたい方はこちらのコースがおすすめです。

【タビタツ】ジンベイザメと泳ぐシュノーケルツアーin オスロブ【送迎代込料金】

■詳細情報
・名称:オスロブ (Oslob)
・住所:Oslob, Cebu
・アクセス:セブシティから高速バスで3時間程
・営業時間:午前 6:00 – 午後 12:30
・電話番号:+63 925 897 8687
・料金:コースやオプションにより異なる
・所要時間:半日
・公式サイトURL:http://www.oslobwhalesharks.com/

 

 オスロブからちょっと寄り道「ツマログ滝」

Photo by shutterstock

ジンベイザメが見られるオスロブへはほとんどの旅行者が訪れるほどですが、セブ市内から片道3~4時間ほどかかります。

実はオスロブ周辺にも、多くのセブ島ならではの素敵な観光スポットがあります。セブ市内と比べてセブ島の従来の自然がそのまま保たれており、日本では感じづらい地球の営みを体感できる観光地が多いです。是非立ち寄ってみましょう。

オスロブのジンベイザメウォッチングから車で10分ほどの場所に位置する滝。滝の周辺は地元の人や観光客が多く、滝壺で遊泳を楽しむことができます。

■詳細情報
・名称:神秘の滝 (Tumalog Waterfalls)
・住所:Oslob, Cebu
・アクセス:オスロブ海岸通りから山道へはいって10分ほど
・料金:20PHP
・所要時間:1~2時間

 

美しいブルーの滝つぼが素敵な「カワサン滝」

Photo by shutterstock

セブ島はなにもビーチだけが目玉の観光地ではありません。こちらのカワサン滝では、都会的なセブの中心地とは違い大自然を満喫することができます。

セブ最大級の滝壺を持つカワサン滝は、イカダに乗って滝壺まで向かって行く体験や、サイドの崖から思いっきりダイブをする体験や、どこまでもアクティブに遊べる自然スポットです。子供も大満足できる遊び場なので子連れ旅行にも人気です。

ジンベイザメのオスロブ周辺の多くの観光地の中でも特に人気な観光地ですが、オスロブからは1時間ほどかかりアクセスだけがやや難儀。ジンベイザメツアーとセットでお得に効率良く送迎付きで訪れたい方はこちら。

【タビタツ】ジンベイザメと泳ぐ+カワサン滝で滝壺ダイブツアー(送迎代込み)

■詳細情報
・名称:カワサン滝
・住所:Badian,Moalboal,Philippines
・アクセス:セブ中心地から車で2~3時間。
・オススメの時期:天候が変わりやすいので、出発の際に確認してから行った方が良いと思います。

 

透明度にビックリ!「スミロン島」

Photo by shutterstock

オスロブ島から船が出ている、透明度抜群の海を持つスミロン島も近年人気です。透明度が高くシュノーケリングやダイビングにオススメの観光地です。島への観光ツアーも日帰り、宿泊ともにあるのでゆっくり楽しむことができます。

輝かしいコバルトブルーの海と真っ白に広がる砂浜のコントラストはまさに絶景です。さらにスミロン島内は緑に溢れており空気がとっても澄んでいますよ。ジンベイザメとシュノーケリングをする大興奮体験と、何もない島でまったり開放感を味わうアイランドホッピングを一日で巡れる最高すぎなコースです。

【タビタツ】ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング&自然豊かな無人島「スミロン島」でアイランドホッピング

■詳細情報
・名称:スミロン島 (Sumilon Island)
・住所:Sumilon Island
・アクセス:セブシティから高速バスで3~4時間

 

フィリピン最古の要塞「サン・ペドロ要塞」

Photo by fujitani ryota

セブ郊外の自然豊かな観光地を連続で紹介しましたが、セブ市内にももちろん見所はたくさんあります。植民地時代を経て独立を成し遂げたフィリピンの深い歴史と、東南アジアならではのカオス感漂うディープさをセブ市内で複数のスポットで感じ取ることができます。

まず絶対に外せない歴史スポットの『サン・ペドロ要塞』はフィリピン最古かつ最小の三角形の大砲を主要防御武器として設計した要塞です。1700年代のスペイン統治時代にイスラムの海賊などの攻撃に対抗するために建設されました。

石造りで建てられた堅牢な要塞は必見です。なんと完成までに700年も掛かったんだそうですよ。歴史に興味がない方もその建築美に心打たれることでしょう。

■詳細情報
・名称:サン・ペドロ要塞
・住所:A. Pigafetta Street, Cebu City, Philippines
・アクセス:セブ・シティのセブ市庁舎から徒歩10分。独立広場内にあります。
・営業時間:8:00~19:00
・電話番号:+63 32 256 2284
・料金:30PHP
・公式サイトURL:http://www.tourism.gov.ph

 

フィリピン最古の教会「サント・ニーニョ教会」

Photo by fujitani ryota

1565年スペイン統治下時代に建てられた、フィリピン最古の教会。マゼランからセブの女王に贈られた幼いイエス像が納められており、ミサのある日曜には現地の人も多く訪れます。

すぐそばにマゼラン・クロスがあります。フィリピンではキリスト教を強く信仰している人が多く、地元の人々が参拝に訪れている様も見ることができます。

■詳細情報
・名称:サント・ニーニョ教会 (Santo Nino Church)
・住所:Osmena Boulevard, Cebu City
・アクセス:セブシティからタクシーで20分程
・料金:無料
・所要時間:1~2時間

 

冒険家マゼランが建てた!「マゼラン・クロス」

9235054749_24a30c5fd8_b

photo by shankar s.

1521年に冒険家マゼランがフィリピン諸島に到達し建てたと言われる、サントニーニョ教会の隣にある木製の巨大な木製の十字架。

多くの災害の被害を受けなかったことから、十字架を削り煎じて飲むと万病に効くという噂が広がり多くの人が十字架を削り始めたため、現在ではカバーがされた状態で展示されています。

■詳細情報
・名称:マゼラン・クロス (Magellan’s Cross)
・住所:Magallanes Street, Cebu City
・アクセス:サントニーニョ教会から徒歩1分
・所要時間:1~2時間

 

庶民のくらしを覗いてみよう!「カルボン・マーケット」

庶民の台所であるカルボン・マーケットは、日常で必要なものは何でも揃ってしまう100年以上の歴史あるマーケットです。

食材だけではなく、家で使う雑貨やペット、服、アクセサリーなどを取り揃えており、ここに来れば安いか価格で欲しいものは大体見つけることが出来ます。

■詳細情報
・名称:カルボン・マーケット
・住所:M. C. Briones St, Cebu City, Cebu, Phillippine
・アクセス:サントニーニョ教会近く。

 

ここに来ずしてセブは語れない⁉︎「コロン・ストリート」

8911787296_cac91ff409_z

photo by Constantine Agustin

現地の人なら誰もが知っているダウンタウンにあるコロン・ストリート。1970年代に建てられた建物も多く、セブの中でも一番古い歴史を持っている街です。

ケータイなどモバイル端末から衣類、雑貨、手作りの工芸品、食品まで何でも売っています。 時計の修理や写真撮影などのサービスもあります。そして本当に安いので軽食やお土産を買うのもおすすめです!

※コロンエリアはダウンタウン地区にあるため、コロンに行く際は細心の注意を払って、必ず荷物を 最小限に留め、高価な物(アクセサリーやスマホ、カメラ等)を他人に見せないよう心掛けてください。それを心がければ、セブのローカルなポイントや珍しいものがたくさん見つけられる素晴らしいスポットです!

ディープすぎて危険性も伴うので、安心の日本語ガイドをつけて、歴史的背景や面白ポイントなどの解説も交えながらセブ市内を旅したい人必見!ここまで紹介したセブ市内5箇所含む市内の見所を日本語ガイドと半日にまとめて巡れるお得コースです。

【タビタツ】市内6カ所を巡る半日観光ツアー(往復送迎付)サント・ニーニョ教会にサンペドロ要塞!セブ島の観光スポットを短時間で満喫♪

■詳細情報
・名称:コロン・ストリート
・住所:Colon St, Cebu City, Cebu, Phillipinnes
・アクセス:タクシーで「メトロ ガイサノ コロン(メトロコロン)」と伝えましょう。
・オススメの時間帯:夕方まで。

 

ダンス鑑賞OKな刑務所?
「セブ・プロビンシャル・ディテンション・アンド・リハビリーテーション・センター」

セブ島のおもしろスポットと言えば、こちらの踊る刑務所でしょう。刑務所というよりも留置所といったほうが良いかもしれませんが、なぜかそこでダンス鑑賞ができてしまいます。

もちろん、気に入った踊り子さん(拘留者)がいたら、写真撮影もOK!見物人と拘留者の方がハイタッチをしていたり刑務所とは思えない光景が広がっています。毎回500人限定なので、予約が埋まった時点で翌月の予約になってしまいます。早めに予約をするか、当日キャンセル待ちをしましょう。

※2017年7月追記・・・2016年に脱獄囚が発生して以来、囚人ダンスは取り止めとなっております。現在も再開の見込みは立てられておりません。

■詳細情報
・名称:セブ・プロビンシャル・ディテンション・アンド・リハビリテーション・センター
・住所:Cebu City, Cebu, Phillippine
・アクセス:キャピタルセンター前からバスで15分。
・営業時間:毎月最後の土曜日のみ鑑賞可能。(月曜日~金曜日8:00~17:00の間に電話で予約が必要)
・電話番号:(+6332)253-5642, (+6332)253-1882

 

セブで最も展示が充実している「スクボ博物館」

8911799144_eb032a4289_z

photo by Constantine Agustin

セブシティで最も充実した博物館と言われるスクボ博物館。ここに来るとセブのスペイン統治時代、アメリカの統治時代、現代史、 また日本軍に関する展示もありとても興味深いです。

軍刀などの装備品から囚人が実際に身につけていた腕章などの衣装もあり、セブの歴史を感じられる場所です。

■詳細情報
・名称:スクボ博物館
・住所:M. J. Cuenco Ave, Cebu City, 6000 Cebu, Phillipinnes
・アクセス:サンペドロ要塞からタクシーで約5分。
・営業時間:9:00〜18:00
・定休日:日曜日
・電話番号:+63 32 239 5626
・料金:75PHP

 

デートにぴったり「山頂展望台トップス」

9234934083_bf0fea81d5_b

photo by shankar s.

マクタン島やその周辺の島々まで見渡せる、セブシティの一番高い山にある展望台。素晴らしい夜景を楽しむことができ、フィリピン人たちの定番デートスポットになっています。山頂にありトップスに行くまでの山道ドライブも楽しいですよ。周辺には景色も良く美味しい人気レストランも多いですよ。

セブシティから少し離れているので、タクシーやレンタカーを利用して行くと良いでしょう。

■詳細情報
・名称:山頂展望台トップス (Tops Lookout)
・住所:Busay, Lahug, Cebu City
・アクセス:セブシティから車で30分ほど
・定休日:なし
・料金:100PHP
・所要時間:1~2時間
・オススメの時間帯:早朝、午後4時

 

セブ島の歴史を感じる「マゼラン記念碑・ラプラプ像」

9234953807_4d014465b4_b

photo by shankar s.

1521年セブ島に上陸したマゼランの記念碑と、その侵略に立ち向かった当時のマクタン島の酋長のラプラプの像が立っています。

マゼランとラプラプの戦いが描いた絵と説明文が添えられており、セブ島の歴史を感じることができます。

■詳細情報
・名称:マゼラン記念碑・ラプラプ像 (Magellan’s Marker & Lapu-Lapu Monument)
・住所:Punta Engano Road, Lapu-Lapu City, Cebu
・アクセス:マクタン国際空港から車で15分程
・料金:無料
・所要時間:1~2時間

 

良い湯だな〜♪「カトゥムン温泉」

セブ島北部に位置する、大自然の中にある完全予約制の温泉。湧き出る温泉は100%源泉掛け流しで、お湯の温度は38度前後。近くに滝や吊り橋などがあり、ゆっくり楽しむことができます。

■詳細情報
・名称:カトゥムン温泉 (Esoy Hot Spring)
・住所:Catmon, Cebu
・アクセス:セブシティから貸切バス
・料金:貸切バス約3,500P〜
・所要時間:半日

 

地元民の憩いの場「トントン・マッサージ」

Thaisun4-1

photo by commons.wikimedia.org

セブのマッサージ屋さんでトントンといえば、知らない人はいないくらいの有名マッサージ店。その質の高さと低価格で地元民、旅行の疲れを癒しに来る外国人でお店はいつもお客さんでいっぱい!

旅の中盤になってくると色々歩き回ったりで体も相当疲れてくると思います。スッキリ癒されてまた旅を楽しもう!

■詳細情報
・名称:ton ton massage
・住所:Dona Luisa Bldg., Fuente osmena, Cebu Citym Phillipinnes
・アクセス:セブシティ、フェンテオスメニアサークルのところにある、“Shakey’sビザ”の隣のビルを入ったところ。
・営業時間:15:00~24:00
・電話番号:+63 32 253 9639
・料金:1時間: 200PHP〜
・所要時間:30分からコースによって異なります。

 

山頂からの眺めは圧巻「オスメニャピーク」

11052065203_488316688f_z

photo by RM Bulseco

オスメニャピークはセブで一番高い山。でもご心配なく!トレッキングは1時間程度と初心者にもやさしい場所です。

山頂から見下ろす海岸線や島々の眺めもすばらしく、キャンプを楽しむ旅行者も多く隠れた人気スポットとなっています。 少し早起きして日の出もおすすめです。

■詳細情報
・名称:オスメニャピーク
・住所:Mantalongon, Dalaguete 6022, Philippines
・アクセス:バスでセブ南部の町ダラゲットまで行き、そこから登山口まではハバルハバル(バイクタクシー)で行く。
・オススメの時期:12月から4月頃の乾季

 

セブの隠れた楽園「マラパスクア島」

マラパスクア島はセブ島の北端から少し北に位置する小さな島。なんと幅は南北が2.5km、東西が1kmと本当に小さいんです。

まるで楽園にきたかのような豊かな自然が残っており、ゆったりとした時間が流れています。ダイビングなどのマリンスポーツも充実しているので恋人同士の旅行にもおすすめです。

■詳細情報
・名称:マラパスクア島
・アクセス:マラパスクア島 ・アクセス:マヤ港からボートで本島へ渡る。
・料金:通常は80PHPだが時期と人数によっても変動する。

 

滝登りが出来るのはここだけ!「アグイニドの滝」

4451956688_bd2076f80d_z

photo by bortescristian

なんとここは知る人ぞ知る滝登りが出来る滝。レベル0から5まであって徐々にハードになります!途中には滝壺にジャンプできるスポットもあります。 ガイドの方がしっかりとサポート、写真撮影してくれるのでご安心を。

アドベンチャー好きの方は実際に登ってみては?忘れられない思い出になりますよ!

■詳細情報
・名称:アグイニドの滝
・住所:Samboan, Cebu, Phillipinnes
・アクセス:オスロブからバイクで約25分。※グーグルマップにも出てこないのでバイクで連れて行ってもらうのがおすすめ。
・料金:60PHP(入場料)

 

歴史をいろんな角度から「1730 イエズス会 修道士の家」

8911852254_e487266cf2_z

photo by Constantine Agustin

セブシティ、パリアン地区にあるイエズス修道士の家。18世紀に建てられたものがそのまま保存されています。

宗教として、文化として、建築としてセブにどう影響を与えたのかを学べるとてもおもしろい場所。 家具もその当時のものが展示されており、ガイドさんが分かりやすく説明してくれます。

■詳細情報
・名称:1730 イエズス会 修道士の家
・住所:Zulueta Street | Parian, Cebu City, Philippines
・営業時間:8:00〜12:00、13:00〜17:00
・電話番号:935 998 4966
・料金:50PHP

 

神秘的、まるでお城「シマラ教区教会」

6177580138_a131ea9d45_z

photo by 白开水 (Bickle from Barstow)

セブで新しい教会で、外観・内観ともその荘厳さはでまるでお城のよう。

心や体の癒しを求めて毎週1,000人以上の人訪れ、館内では病気が治った人などの手紙を見ることができます。

■詳細情報
・名称:シマラ教区教会
・住所:Lindogon | Simala, Philippines
・アクセス:セブシティからバスで約2時間
・料金:20PHP

 

サーフィン好きにはたまらない「シャルガオ島」

508257900_67bdce5b42_z

photo by  Paolo Marco Mañalac

シャルガオ島はセブ空港から週に3便ほど出ている飛行機で、1時間ほどで行くことができます。シャルガオ島の魅力はサーフィンがとても有名なリゾート地です!日本ではあまり知られていませんが、アメリカやヨーロッパではとても有名。

シャルガオ島はサーフィンの世界大会が行われるほどの良質の波があり、世界中のサーファーが集まっています。現地にはインストラクターもたくさんいて、安い価格で、1対1で教えてくれるので初心者の方にもおすすめです!

日頃の英語の成果を試す場にもなります!人生初サーフィンを是非シャルガオで体験してみてください。

■詳細情報
・名称:シャルガオ島
・アクセス:セブ空港から飛行機

 

セブ島の定番、アイランドホッピング!「ヒルトゥガン島」

Photo by shutterstock

セブ島の定番観光アクティビティと言えばアイランドホッピングです!アイランドホッピングとは、ハンガーボートで開放的に南国の風を受けながら、多くのリゾートアイランドへ向けて島から島へ巡っていき、各島の特徴に合わせてそれぞれが自由に好きな過ごし方をする、THE・非日常を感じるアクティビティです。

ヒルトゥガン島はなかでも抜群の透明度を誇り、カラフルな熱帯魚が多く生息しており、不慣れな人でもシュノーケリングを最大限に楽しめる場所です。ヒルトゥガン島のすぐ隣にあるスルパ島でのBBQランチも人気が高いです。ヒルトゥガンはマクタン島の港からも20~30分ほどで着く島でアクセスもかなり良い島です。

アイランドホッピングは自分で船を丸々一台借りて自身で実行するのはさすがに難しいので、どこかのツアーに参加することになりますが、日本語ガイドが安心安全に確実に手配・当日の案内をしてくれるこちらのツアーは出国前の事前に予約もできます。

【タビタツ】セブ・アイランドホッピング】海洋保護区「ヒルトゥガン島」でカラフルな魚たちと感動シュノーケル!

何もないからこその美しさ「パンダノン島」

Photo by shutterstock

アイランドホッピングの行き先の中で特に人気のある島の一つがパンダノン島です。白い砂浜と海の色がとても綺麗なビーチが広がっており、それ以外は何もない島です。

ビーチの美しさそのものを感じるなら、パンダノン島がおすすめです。

■詳細情報
・名称:パンダノン島 (pandanon island)
・住所:Pandanon Island, Philippines
・アクセス:マクタン島から船で1時間程度
・料金:150PHP (上陸料)

 

長い桟橋が印象的な「ナルスアン島」!アイランドホッピングの代表的な島

Photo by shutterstock

パンダノン島と並び、もう一つのアイランドホッピングで人気な島がナルスアン島です。一本のなが〜い桟橋がランドマークの緑豊かなリゾートアイランド。海洋保護区に指定されており海の透明度が抜群に高く、さらに遠浅なので子連れでも安心してシュノーケリングを楽しむことができます。

とにかくまったり過ごせる”南国の楽園”です。日本人のツボを抑えた海のプロだからこそ知る、島までの道中にある特に綺麗なシュノーケリングスポットも紹介してくれるツアーです。おすすめポイントはその日の気候や海の状況によっても繊細に変わっていきます。

ヒルトゥガン島とナルスアン島という人気の2島を一日で巡れる贅沢コースを味わうならココ!

【タビタツ】【ナルスアン島+ヒルトゥガン島人気の2島アイランドホッピング】透き通った海を一度に大満喫シュノーケル【安心の日本語ガイド】

■詳細情報
・名称:ナルスアン島 (Nalusuan Island)
・住所:Nalusuan Island, Cordova
・アクセス:マクタン島から船で1時間程
・料金:200PHP (上陸料)

 

たまには一人の時間を「バンタヤン島」

10877499_312701748926582_24926958_n

photo by yuya hayashiada

バンタヤン島はバスと船を乗り継いで4時間ほどで着きます。バンタヤンは1人旅にオススメの場所です。とてもゆったりと時が過ぎていきます。

原付をレンタルして島を一周したり、1人でたそがれたり、ほんとにゆったりとして、海が綺麗な場所です。

10850861_312701745593249_775384961_n

photo by yuya hayashida

■詳細情報
・名称:バンタヤン島
・アクセス:ハグナヤ港までバスで行って、フェリーに乗る

 

まとめ

のんびりまったり過ごすのが王道のビーチエンジョイ法ですが、ダイビングスポットの多いセブ島ならアクティブに過ごしてみるのも素敵かも知れませんね。

日本よりも安価でダイビングのライセンスにチャレンジできちゃうので、旅の途中に寄ってみるのも良いでしょう。

 

LINE@で英語力を身につけよう!

TABIPPO ENGLISHではこんなことを配信しています

・留学先診断
・TOEIC,TOEFL攻略法
・外国人の恋人をつくる方法
・海外で使えるカッコイイ英単語クイズ
・フィリピン留学や海外インターンのお得情報
・TABIPPOスタッフが実際に試した勉強法

「もっと、海外で使える英語を身に付けたい」「勉強しようと思っても、1人ではなかなか続かない」という方は是非、緑のバナーをクリックしてLINE@に登録してみてください。

みんなで楽しく勉強して、海外で使える英語を身につけよう!
スクリーンショット 2016-10-25 19.45.01

Pocket はてブ

WRITER

abeb
abeb
人生は旅だ、と思っているさすらいのライター。秘境巡りとアイランド・ホッピングが何よりの大好物。仕事が忙しくて身動きが取れない時には、妄想旅行に勤しむ傾向アリ。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ピックアップ