人生に癒しの休日を!セブ島と周辺のオススメ観光スポット34選

Pocket はてブ

透明度の高い青い海、きらめくホワイトサンドのビーチでの~んびり過ごす休日。憧れますよね!仕事が忙しくてどこにも行けない時なんか、ホント夢にまで出てきちゃいそうな情景です。

しかし、日本から約4時間半のフライトでそんな夢が叶ってしまうんですよ!今回はフィリピンのセブ島の人気観光スポットをご紹介していきたいと思います。

*編集部追記
2015年12月4日の記事に、観光スポットを追記しました。
2017年7月に更新された記事に、スポットを追記しました。(2018/1/30)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

セブに行ってみての感想

photo by pixta

私がセブを訪れたのは2013年の春頃でした。リゾート地として有名なセブは欧米からの観光客や日本人も多く、また英語留学でセブに来ているという人も結構いました。青い海、白い砂浜と南国らしいリゾート感満載のセブですが、物価がリーズナブルなので、ハワイやグアムよりもずっと安く楽しめます。

アイランドホッピング、スキューバダイビング、シーウォーカーといったアクティビティーも盛んなので、セブに行ったならぜひ挑戦してほしいです。

私はアイランドホッピングに挑戦しましたが、セブの美しい島々を巡りながらシュノーケリングやBBQなど大人数で楽しめ、充実した思い出ができました。

 

観光する際のアドバイス

photo by pixta

セブはフィリピンの中でも比較的治安の良い場所ですが、過去には強盗や殺人事件なども発生しているので油断できません。外国人観光客を狙った詐欺などもあるので注意が必要です。

物価は安く、日本では高くて挑戦できないマリンアクティビティーや、マッサージ、スパなどもリーズナブルな価格で楽しめます。衛生面はまだまだ発達していないので、生水は飲まないよう注意してくださいね!

 

おすすめのベストスポット

私がオススメするベストスポットは、スミロン島です。ここは、セブの最南端にあるオスロブから船に乗って15分ほどで行ける場所で、非常に透明度が高いコバルトブルーの海が大人気!

シュノーケリングなどのアクティビティーも人気で、海の中では美しいサンゴ礁やカクレクマノミなどが鑑賞できます。スミロン島は、まさに楽園と呼ぶにふさわしい美しさを持つ島なので、セブに行く方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

 

え、セブじゃないの?「ボホール島」でメガネザルに会おう

6485551823_7e6953ae41_z

photo by zbigphotography (1M+ views)

いきなりセブ島じゃなくてすみません。セブ島から船で約1時間半でついてしまうボホール島には、メガネザル(ターシャ)の保護地域があります。とっても小さくて繊細な彼らに会いに行ってみませんか?

7000以上の離島で構成されるフィリピンですが、中でも観光資源にもっとも溢れた観光アイランドとしてボホール島の人気は上昇中です。

ボホール島ではターシャ以外にもチョコレートヒルズという360°を1000個の丘に囲まれた絶景スポットや、ジャングルの中を川下りしながら船上ブッフェランチが堪能できるリバークルーズなど、多くの見所がありますよ。

セブ島からボホール島への船の手配や、ボホール島内の貸切専用車での案内も日本語ガイドが行う、安心楽々に行けるおすすめコースはこちら!

【タビタツ】ボホール島・メガネザルターシャにチョコレートヒルズ、定番ツアー

■詳細情報
・名称:ボホール島
・アクセス:セブ島高速船乗り場ピアワンから約1時間半。
・公式サイトURL:http://www.premium-philippines.com

 

遊び尽くそう!セブ島のビーチ「モアルボアル」

photo by shutterstock

アイランド・リゾートとして有名なセブ島ですが、せっかくセブに来たんだったらビーチで目の保養をすることをおすすめします。

こちらのおすすめはモアルボアルのホワイト・ビーチですが、他にもオスロブでダイビングやシュノーケリングを楽しむもよし、ちょっと足を伸ばしてバンタヤン島やパラワン島に行くもよし!セブにはとても綺麗なビーチがたくさんあります!

■詳細情報
・名称:モアルボアル(ホワイト・ビーチ)
・アクセス:セブ・シティからバスで約30分。渋滞があれば2時間ほど。

 

フィリピン最古の家「ヤップ-サンディエゴ家の旧邸」

8911821806_135ca67093_z

photo by Constantine Agustin

旧邸は今から300年以上前に建てられた「フィリピンで最古の家」とされています。

1階は石灰石でつくられた頑丈な壁、2階部分は木造という日本の建築とは全く異なる作り方は面白く、家具や素朴な装飾品が飾られており、セブの歴史を垣間見れる観光客に人気のスポットとなっています。

■詳細情報
・名称:ヤップ-サンディエゴ家の旧邸
・住所:155 Mabini St Parian, Cebu City, Philippines
・営業時間:9:00〜19:00
・電話番号:32 514 3003
・料金:50PHP

 

ジンベイザメに餌付けできるのはここだけ!「オスロブ」

6775643372_7c533bcbc8_o

photo by Janey

ジンベイザメのふるさとと言われるセブ島南部にある漁村「オスロブ」。ジンベイザメと一緒に泳いでいる写真が撮れたり、船の上から餌付けをするといった斬新な体験ができます。本当の目の前をジンベイザメが泳いで行く様子に興奮が収まりません!かなりの高確率でジンベイザメを見ることができますよ。

“奇跡の漁村”と称されるオスロブが世界で初めて野生のジンベイザメへの餌付けに成功させ、今やセブ島が誇る花形アクティビティとなっています。

100%ジンベイザメと遭遇でき、現地を知り尽くした日本語ガイドと一緒にオスロブに訪れたい方はこちらのコースがおすすめです。

【タビタツ】ジンベイザメと泳ぐシュノーケルツアーin オスロブ【送迎代込料金】

■詳細情報
・名称:オスロブ (Oslob)
・住所:Oslob, Cebu
・アクセス:セブシティから高速バスで3時間程
・営業時間:午前 6:00 – 午後 12:30
・電話番号:+63 925 897 8687
・料金:コースやオプションにより異なる
・所要時間:半日
・公式サイトURL:http://www.oslobwhalesharks.com/

 

オスロブからちょっと寄り道「ツマログ滝」

photo by shutterstock

ジンベイザメが見られるオスロブへはほとんどの旅行者が訪れるほどですが、セブ市内から片道3~4時間ほどかかります。

実はオスロブ周辺にも、多くのセブ島ならではの素敵な観光スポットがあります。セブ市内と比べてセブ島の従来の自然がそのまま保たれており、日本では感じづらい地球の営みを体感できる観光地が多いです。是非立ち寄ってみましょう。

オスロブのジンベイザメウォッチングから車で10分ほどの場所に位置する滝。滝の周辺は地元の人や観光客が多く、滝壺で遊泳を楽しむことができます。

■詳細情報
・名称:神秘の滝 (Tumalog Waterfalls)
・住所:Oslob, Cebu
・アクセス:オスロブ海岸通りから山道へはいって10分ほど
・料金:20PHP
・所要時間:1~2時間

 

美しいブルーの滝つぼが素敵な「カワサン滝」

photo by shutterstock

セブ島はなにもビーチだけが目玉の観光地ではありません。こちらのカワサン滝では、都会的なセブの中心地とは違い大自然を満喫することができます。

セブ最大級の滝壺を持つカワサン滝は、イカダに乗って滝壺まで向かって行く体験や、サイドの崖から思いっきりダイブをする体験や、どこまでもアクティブに遊べる自然スポットです。子供も大満足できる遊び場なので子連れ旅行にも人気です。

ジンベイザメのオスロブ周辺の多くの観光地の中でも特に人気な観光地ですが、オスロブからは1時間ほどかかりアクセスだけがやや難儀。ジンベイザメツアーとセットでお得に効率良く送迎付きで訪れたい方はこちら。

【タビタツ】ジンベイザメと泳ぐ+カワサン滝で滝壺ダイブツアー(送迎代込み)

■詳細情報
・名称:カワサン滝
・住所:Badian,Moalboal,Philippines
・アクセス:セブ中心地から車で2~3時間。
・オススメの時期:天候が変わりやすいので、出発の際に確認してから行った方が良いと思います。

 

透明度にビックリ!「スミロン島」

photo by shutterstock

オスロブ島から船が出ている、透明度抜群の海を持つスミロン島も近年人気です。透明度が高くシュノーケリングやダイビングにオススメの観光地です。島への観光ツアーも日帰り、宿泊ともにあるのでゆっくり楽しむことができます。

輝かしいコバルトブルーの海と真っ白に広がる砂浜のコントラストはまさに絶景です。さらにスミロン島内は緑に溢れており空気がとっても澄んでいますよ。ジンベイザメとシュノーケリングをする大興奮体験と、何もない島でまったり開放感を味わうアイランドホッピングを一日で巡れる最高すぎなコースです。

【タビタツ】ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング&自然豊かな無人島「スミロン島」でアイランドホッピング

■詳細情報
・名称:スミロン島 (Sumilon Island)
・住所:Sumilon Island
・アクセス:セブシティから高速バスで3~4時間

 

フィリピン最古の要塞「サン・ペドロ要塞」

photo by fujitani ryota

セブ郊外の自然豊かな観光地を連続で紹介しましたが、セブ市内にももちろん見所はたくさんあります。植民地時代を経て独立を成し遂げたフィリピンの深い歴史と、東南アジアならではのカオス感漂うディープさをセブ市内で複数のスポットで感じ取ることができます。

まず絶対に外せない歴史スポットの『サン・ペドロ要塞』はフィリピン最古かつ最小の三角形の大砲を主要防御武器として設計した要塞です。1700年代のスペイン統治時代にイスラムの海賊などの攻撃に対抗するために建設されました。

石造りで建てられた堅牢な要塞は必見です。なんと完成までに700年も掛かったんだそうですよ。歴史に興味がない方もその建築美に心打たれることでしょう。

■詳細情報
・名称:サン・ペドロ要塞
・住所:A. Pigafetta Street, Cebu City, Philippines
・アクセス:セブ・シティのセブ市庁舎から徒歩10分。独立広場内にあります。
・営業時間:8:00~19:00
・電話番号:+63 32 256 2284
・料金:30PHP
・公式サイトURL:http://www.tourism.gov.ph

 

フィリピン最古の教会「サント・ニーニョ教会」

photo by fujitani ryota

1565年スペイン統治下時代に建てられた、フィリピン最古の教会。マゼランからセブの女王に贈られた幼いイエス像が納められており、ミサのある日曜には現地の人も多く訪れます。

すぐそばにマゼラン・クロスがあります。フィリピンではキリスト教を強く信仰している人が多く、地元の人々が参拝に訪れている様も見ることができます。

■詳細情報
・名称:サント・ニーニョ教会 (Santo Nino Church)
・住所:Osmena Boulevard, Cebu City
・アクセス:セブシティからタクシーで20分程
・料金:無料
・所要時間:1~2時間

 

冒険家マゼランが建てた!「マゼラン・クロス」

9235054749_24a30c5fd8_b

photo by shankar s.

1521年に冒険家マゼランがフィリピン諸島に到達し建てたと言われる、サントニーニョ教会の隣にある木製の巨大な木製の十字架。

多くの災害の被害を受けなかったことから、十字架を削り煎じて飲むと万病に効くという噂が広がり多くの人が十字架を削り始めたため、現在ではカバーがされた状態で展示されています。

■詳細情報
・名称:マゼラン・クロス (Magellan’s Cross)
・住所:Magallanes Street, Cebu City
・アクセス:サントニーニョ教会から徒歩1分
・所要時間:1~2時間
1 2 3 4
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

フィリピンのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ