【色で探す絶景図鑑!】11色11景の美しい世界

Pocket はてブ

こんにちは。たじはるです!世界には不思議な場所がたくさんありますが、その中でもひときわ目立つのがほぼ一色で包まれた場所。こんな色をした場所があるなんて皆さんご存知でしたか?

今回は海外の一色に包まれた不思議な場所をまとめてみました。大好きな色を探しに旅に出てはいかがでしょうか♪

 

◆紫色 プロヴァンスのラベンダー畑「ディーニュ・レ・バン(フランス)」

プロヴァンス地方

Photo by Shutterstock

写真を見ているだけで良い香りがしてきそうな綺麗な紫のラベンダー畑。プロヴァンスの中でも有名なラベンダーの栽培地、ソー(Sault)という場所は広大なラベンダー畑が中世に築かれた素敵な邸宅が建ち並ぶ小さな村の周囲に広がります。

南仏のラベンダーは6月下旬から、8月中旬までが見頃です。

 

◆黒色 フロイデンベルグ(ドイツ)

shutterstock_198276662

Photo by Shutterstock

なんだかおもちゃに見えるほど同じ色形をしていて面白い!実はこの木組みの家が建っているのはたった200メートル四方のみ。夜にはライトアップによって青白く見え、その姿も幻想的なんだそうです。

 

◆ピンク色 ラックローズ湖(セネガル)

ラックローズ

Photo by asia-komatsu

12月〜2月の乾期には特にこのピンクが鮮やかになるそうです。この色の正体は塩分濃度の高い湖で繁殖するドナリエラという藻が太陽光からエネルギーを吸収するのに赤い色素を体内で作るため、湖がこのような色に見えるそう。

見た目は甘そうなこのラックローズ湖ですが、塩分濃度は海水の10倍!飲んだら喉が痛くなること間違いなしです…。

 

◆白色 ミハス(スペイン)

ミハス

Photo by Haruka Tajima

ミハス

Photo by Haruka Tajima

スペイン・アンダルシア地方にあるこのミハスは白い建物が並び、その美しさで観光地として人気の街。バスで15分程のフエンヒローラという街も同じように真っ白な家が建ち並んでいます。

その白い建物に飾られる花はより鮮やかに見えてとても美しい街です。

 

◆緑色 ザーンセスカンス(オランダ)

ザーンセスカンス

Photo by Haruka Tajima

ザーンセスカンス

Photo by Haruka Tajima

このザーンセスカンスは風車が有名な街でありながら緑色に塗られた家々が並ぶとっても可愛らしい街なんです。美しい緑の家が集まっていることから「緑の町」とも呼ばれます。17~18世紀のオランダの生活が感じられるレトロ・スポットとしても人気だそう。

アムステルダムから電車で20分もあればアクセスできる場所なので、日本からの直行便もあるアムステルダムならとっても行きやすい!

 

◆赤色 赤い砂浜(中国・紅海灘風景区)

紅海灘風景区

Photo by Shutterstock

この場所は「赤い砂浜(レッドビーチ)」と呼ばれ、世界最大規模の湿地帯。
赤い正体はマツナと呼ばれる海藻で夏は緑、秋は赤と四季によって色が変化するのが特徴的です!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TAJIHARU(たじはる)
TAJIHARU(たじはる)
トラベルフォトライター
フォトグラファーとライター両方を担う新しい職業、トラベルフォトライターとしてオリジナリティのある記事を様々な媒体で発信。話題の旅ガールとしてメディアにも多く取り上げられる。19歳で初めての海外一人…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

女子旅特集

FEATURED特集

特集一覧へ