shutterstock_256205212

暗い場所でキレイな写真を撮るために、フォトグラファーが実践している4つのこと

shutterstock_256205212
Pocket はてブ

室内や夜など暗い時間や場所で写真を撮影した時、真っ暗なできあがりを見てがっかりしたことは誰にでもあるのではないでしょうか?

今回はもう絶対にそんな写真を撮らないように暗い場所でも明るい写真を撮るコツをご紹介したいと思います。

 

ISO感度を上げる

14858931212_7198ba4896_b

photo by Rodrigo Soldon 2

もっとも簡単で単純な解決策のひとつにISO感度を上げるという方法があります。

ISO感度とはカメラに取り入れる光の量をどれだけ大きくするか、という値のこと。単純に説明するとISO感度を100から200に変更すると写真の明るさは2倍になります。

 

ただ、ISO感度を上げるとその分だけ写真にノイズが出てしまうので注意が必要です。事前にどのくらいの値からノイズが出てくるのかチェックしておきましょう。

 

シャッタースピードを遅くする

5632383026_99992010ac_b

photo by Orangeadnan

シャッタースピードを遅くするとカメラに取り込まれる光を増やすことができます。

その分、明るい写真になるのですが、写真がぶれてしまう可能性も増えてきます。そんな時は、三脚を使うなどしてカメラを安定させましょう。

 

また、動くものを撮影するとどうしてもぶれてしまうので、風景や動かないものを撮影するときに役立つ方法です。

 

F値を小さくする

6875172835_f425158028_b

photo by TACKTY

F値を小さくするとカメラの中にある絞りの開き具合が変わり、レンズを通る光の量が多くなるので明るい写真を撮ることができます。

注意点はF値は被写体深度(ピントの合う範囲)に影響をする点。

F値を小さくするとピントの合う範囲が狭くなるので前後のボケた写真になることを考慮しながら撮影しましょう。

 

むやみにフラッシュをたかない

71394968_b6c3f82277_b

photo by pochacco20

暗い場所で撮影する時についついフラッシュを使いがちになってしまいますが、不自然な影ができてしまうのであまりおすすめの方法ではありません。

どうしても使わなければいけない時は、光を柔らかくために半透明のテープなどを発光部に貼ったり、被写体に直接光が当たらないようにするなど工夫をしましょう。

 

まとめ

今回ご紹介したコツはコンデジなどでも設定が可能なものばかりなので暗い場所で撮影する機会があればぜひ試してみて下さい。

これさえマスターすれば逆に明るすぎるゲレンデや浜辺で撮影するときはこうしたらいいなど様々なシチュエーションで役立つのでさらにカメラが楽しくなりますよ!

Pocket はてブ

Writer

絶景大好き!旅大好き!!なフォトグラファー。1年以上をかけて世界一周し、約40カ国を訪問。フリーフォトグラファーとして皆さんが旅したい!という気持ちになるような写真と記事をお届けできるよう頑張ります。 世界の絶景はこちらから↓ http://yukiueda0225.wix.com/photographyportfol

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

カメラ