実は外来語だった日本語29選

Pocket はてブ

普段口にしている単語、日本語だと思い込んで使っている言葉。実はそれ、外国の言葉かもしれません。外来語=英語のように思いがちですが、実は、英語以外の言語から取り入れられたものも数多くあります。

今回は、日本語だと思ってたけど、実は外来語だった言葉を29選ご紹介いたします。

*編集部追記
2017年1月の記事に新たに9選追記しました。

 

1.カッパ

shutterstock_535453969

photo by shutterstock

実はカッパはポルトガル語!16世紀に来日したキリスト教の宣教師が着ていた外衣が元となっており、合羽ではなく勝羽と書かれることもあるそうです。

 

2.背広

shutterstock_245045284

photo by shutterstock

英語の「civil clothes(シビルクローズ)」が由来だという説があります。

 

3.ズボン

shutterstock_428323960 (3)

photo by shutterstock

ズボンとは、フランス語で「ペチコート」を指す言葉だそう!フランス語とはかなり意外ですね。

 

4.襦袢

pixta_18789707_S

photo by pixta

和服の肌着である襦袢は、アラビア語 → ポルトガル語 → 日本語と伝わった言葉だと言います。元はアラビア語とは驚き!

 

5.ボタン

shutterstock_541716121

photo by shutterstock

ポルトガル語の「botão」が由来となっているそう。英語の「button」から来ているのかと思いましたが、ポルトガル語だったんですね。

 

6.タバコ

shutterstock_547746541 (1)

photo by shutterstock

スペイン語やポルトガル語の「tabaco」が由来だそうです。

 

7.ブリキ

shutterstock_500447914

photo by shutterstock

オランダ語の「Blikje」が語源だという説が有力だそうです。

 

8.トタン

shutterstock_30697234

photo by shutterstock

ポルトガル語の「tutanaga(亜鉛)」が語源だといわれています。

 

9.瓦(かわら)

shutterstock_460627657

photo by shutterstock

日本語だと思いがちな瓦ですが、実はサンスクリット語(古代インド語)の「kapala」が語源だそう!意外ですね。

 

10.カラン

shutterstock_478088134

photo by shutterstock

この言葉は、オランダ語で「鶴」を意味する「kraan」から来ているといわれています。

 

11.簿記

shutterstock_525703642

photo by shutterstock

「え!これも!?」とビックリしてしまいますが、実は簿記も英語の「bookkeeping」に音を合わせたものだそう。

 

12.かるた

pixta_611200_S

photo by pixta

お正月に大活躍するかるたですが、語源はポルトガル語だとか。しかしながら、同様の遊戯はポルトガルと貿易する前からあったそうです。

 

13.セイウチ

shutterstock_116357206

photo by shutterstock

ロシア語の「シヴーチ」という言葉が由来だといいます。

 

14.お転婆

shutterstock_534602248

男勝りな女の子をさすお転婆という言葉は、オランダ語の「ontembaar」が語源となっているそうです。

 

15.画廊

shutterstock_525242797

photo by shutterstock

「gallery」の音に字をあてた語とも言われています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

英語・語学の悩みを解決する

FEATURED特集

特集一覧へ