ブリッゲン

ノルウェーのオススメ観光スポット30選

ブリッゲン
Pocket はてブ

皆さんは、ノルウェーという国をご存知でしょうか?ノルウェーは北欧4ヶ国のひとつで、壮大な山々や氷河、フィヨルドやオーロラなど、豊かな自然に恵まれた場所として有名です。

またまた、世界的に有名なムンクの『叫び』やバイキング歴史など、知的好奇心をくすぐるような興味深い見所がたくさんあります。今回は、そんな魅力あふれる国・ノルウェーに行った際に、必ず訪れたい観光スポット30ヶ所をご紹介いたします。

 

1.フロイエン山

フロイエン山

photo by shutterstock

ノルウェーの人気の観光名所である「フロイエン山」。山頂の展望台からは、美しいベルゲンの街並みや周辺の島々、北海を一望できます。

山頂へはケーブルカーで行けるので、体力に自信のない人でも気軽に行けるのが嬉しいですね。

■詳細情報
・名称:フロイエン山
・住所:(ケーブルカー会社)Floibanen Vetrlidsal Menningen / 21A 5014 Bergen
・アクセス:ハンザ博物館の裏手にある駅からケーブルカー利用、頂上まで所要8分
・マップ:
・営業時間:7時30分~23時(1/2~12/30) 土曜・日曜 8~23時
・料金:(ケーブルカー往復)大人NOK80、小人NOK40

 

2.ヴォリング滝

ノルウェーで最も有名な滝で、総高182mにも及ぶ二段の滝から水が流れ落ちる様はまさに圧巻!7号道路近くにはカフェテリアもあるので、そこから滝の素晴らしい展望を眺めるのがオススメです。

■詳細情報
・名称:ヴォリング滝
・住所:Voring Fossen
・アクセス:エッジフィヨルド(EIDFJORD)から20km
・マップ:
・定休日:冬季(滝の水なし)

 

3.グリーグの家

Rinoさん(@rinoderinis)が投稿した写真 – 2016 3月 28 1:33午後 PDT

ベルゲン出身の作曲家エドヴァルド・グリーグが、晩年64歳で亡くなるまでの22年間、夫人とともに過ごした家です。木立ちに囲まれた山荘風の愛らしい木造家屋で、現在は博物館となっています。

■詳細情報
・名称:グリーグの家
・住所:Troldhaugveien 65, 5232, Paradis Bergen
・アクセス:ベルゲン市内(BERGEN)からバスで20分、HOPSBROEN下車
・マップ:
・営業時間:9~18時(5/1~9/30)、9~16時(10/1~4/30) 10~4月の土/日曜10時
・公式サイトURL:http://griegmuseum.no

 

4.ブリッゲン

ブリッゲン

photo by shutterstock

ベルゲン港の東側にある旧市街の倉庫群で、昔ながらの風情ある建物が立ち並び、レトロな雰囲気が漂います。1979年には世界遺産にも登録されたほど、景観・歴史的価値の高い場所です。

■詳細情報
・名称:ブリッゲン
・住所:Bryggen, Bergen
・アクセス:ベルゲン駅(Bergen Stasjon)から徒歩12分
・マップ:
・電話番号:+47 55 55 20 80
・公式サイトURL:http://stiftelsenbryggen.no

 

5.ベルゲン美術館

Toneさん(@toneftw)が投稿した写真 – 2014 4月 5 7:41午前 PDT

ベルゲン市内の複数の美術館が統合・再編成されてできた、北欧最大級の美術館です。画家であるエドヴァルド・ムンクなど、ノルウェーの美術作品を中心に、様々なアート作品を楽しめると話題の場所です。

■詳細情報
・名称:ベルゲン美術館
・住所:Rasmus Meyers alle 3, 7, 9, Bergen
・アクセス:ベルゲン駅(Bergen stasjon)から徒歩5分
・マップ:
・営業時間:11~17時
・定休日:9~5月の月曜日
・電話番号:+47 53 00 97 04
・料金:大人100ノルウェークローネ、16歳未満無料 学生50ノルウェークローネ
・公式サイトURL:http://kodebergen.no/finn-oss/kode-4

 

6.ハンザ博物館

Valeria⚡さん(@vvvvprinz)が投稿した写真 – 2016 8月 15 10:58午前 PDT

地元のハンザ商人が住まい兼倉庫として使っていた建物で、ベルゲンで最も古い木造建築のひとつです。1702年の火災で建て増しした建物の中に、18世紀の商館がそっくり残されており、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わえます。

■詳細情報
・名称:ハンザ博物館
・住所:Finnegardsgata, 1A, 5003 Bergen
・アクセス:ベルゲン駅から0.8km、徒歩 10分
・マップ:
・営業時間:9~17時(5/15~9/15) 11~14時(9/16~5/14)
・定休日:9/16~5/14の月曜
・電話番号:+47 55 54 46 90
・料金:大人NOK60、16歳以下無料
・公式サイトURL:http://www.museumvest.no

 

7.カフェ・キッパーズ

本格的なノルウェー料理を味わいたいなら、是非「カフェ・キッパーズ」を訪れてみましょう!おいしい料理が良心的な値段でいただけるとあり、観光客のみならず地元民にも人気のカフェです。

■詳細情報
・名称:カフェ・キッパーズ
・住所:Georgernes Verft 12, Bergen
・アクセス:ベルゲン駅(Bergen stasjon)から車で15分
・マップ:
・営業時間:11時~23時(金・土曜12時~)
・電話番号:+47 55 30 40 80
・公式サイトURL:http://www.augustin.no/usf-verftet/

 

8.ブリクスダール氷河

ブリクスダール氷河

photo by shutterstock

ヨーロッパ最大の氷河「ヨステダール」から分岐した氷河で、ダイナミックな氷の世界を体感できると人気の観光スポットです。

氷河は近くで見ると青白い光をたたえており、言葉では言い表せないほど美しいです。

■詳細情報
・名称:ブリクスダール氷河
・住所:Briksdalsbre Fjellstove, 6792 Briksdalsbre
・アクセス:オルデンから24km、ストウリンから40km
・マップ:

 

9.ヴィーゲラン公園

ヴィーゲラン公園

photo by shutterstock

ノルウェーの首都・オスロの都心部から3km北西にある「ヴィーゲラン公園」。彫刻家グスタフ・ヴィーゲランがオスロ市から依頼されてデザインした公園で、市民の憩いの場として親しまれています。

■詳細情報
・名称:ヴィーゲラン公園
・住所:Vigeland Park, Oslo
・アクセス:トラム12番ヴィーゲランスパルケン(Vigelandsparken)駅から徒歩1分
・マップ:
・電話番号:+47 23 49 37 00
・公式サイトURL:http://www.vigeland.museum.no/no/vigelandsparken

 

10.オスロ大聖堂

Satoshi Tさん(@s.tkht)が投稿した写真 – 2016 4月 20 6:28午前 PDT

1697年に創建されたルーテル派の聖堂で、モダンな天井画やステンドグラス、6000本ものパイプが立つパイプオルガンなど、見ごたえのある観光スポットです。同国の国教であるキリスト教ルーテル派の総本山として知られています。

■詳細情報
・名称:オスロ大聖堂
・住所:Karl Johans Gate 11, Oslo
・アクセス:中央駅(Oslo S)から徒歩5分
・マップ:
・営業時間:10~16時(金曜は16時から土曜明け方6時まで)
・電話番号:+47 23 62 90 10
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.oslodomkirke.no

 

11.アーケシュフース城

アーケシュフース城

photo by shutterstock

オスロフィヨルドの岩盤の上に築かれた「アーケシュフース城」。オスロを防御する目的で建設されたもので、現在も軍事基地として使われています。城内の部屋やホールなどは見学可能です。

■詳細情報
・名称:アーケシュフース城
・住所:Akershus Festning, 0150 Oslo
・アクセス:オスロ中央駅(OSLO CENTRAL STATION)から徒歩10分
・マップ:
・営業時間:10~16時 / 日曜 12時から
・電話番号:+47 23 09 39 17
・料金:大人NOK70
・公式サイトURL:http://www.forsvarsbygg.no/akershusfestning

 

12.ノルウェー王宮

ノルウェー王宮

photo by shutterstock

1849年に完成した「ノルウェー王宮」は、現在、ノルウェー国王ハーラル5世と王妃の住居として利用されています。残念ながら内部の見学はできませんが、王宮の外観や緑あふれる庭園はとても美しいので、一度足を運ぶ価値ありです!

■詳細情報
・名称:ノルウェー王宮
・住所:Slottsplassen 1, Oslo
・アクセス:トラム13・19番、地下鉄全線ナショナルテアートレ(Nationaltheatret)駅から徒歩5分
・マップ:
・電話番号:+47 22 04 87 00
・料金:大人95ノルウェークローネ  シニア85ノルウェークローネ  3歳未満は無料
・公式サイトURL:http://www.kongehuset.no/seksjon.html?tid=27160&sek=26983

 

13.カール・ヨハンス通り

オスロの主要大通りである「カール・ヨハンス通り」は、観光客ならば誰もが一度は足を運ぶ場所です。オスロ中央駅からノルウェー王宮の間まで、およそ2キロメートルにわたって続き、様々なデパートやレストランなどが立ち並んでいます。

■詳細情報
・名称:カール・ヨハンス通り
・住所:KARL JOHANS GATE, 0162 OSLO, NORWAY
・アクセス:鉄道 オスロ中央駅(OSLO SENTRALSTASJON)から、徒歩1分
・マップ:

 

14.オスロ大学

オスロ大学

photo by shutterstock

ノルウェーでも最大規模を誇る大きな大学で、名門校として知られています。

1911年に創立100周年を記念して建てられたアウラ講堂では、ひんぱんにコンサートなどが開催されているそうです。

■詳細情報
・名称:オスロ大学
・住所:Karl Johans Gate 47, Oslo
・アクセス:地下鉄全線ナショナルテアートレ(Nationaltheatret)駅から徒歩1分
・マップ:
・電話番号:+47 22 85 50 50
・公式サイトURL:http://www.uio.no

 

15.オスロ市庁舎

オスロ市庁舎

photo by shutterstock

「オスロ市庁舎」は、オスロ市創立900年を記念し1950年に建立されました。舎内には、市議会や行政部、その他アートスタジオやギャラリーなども収容しています。

■詳細情報
・名称:オスロ市庁舎
・住所:Fridtjof Nansens Plass 29, Oslo
・アクセス:トラム12番ロードフスプラッセン(Raadhusplassen)駅から徒歩1分
・マップ:
・営業時間:9~16時
・電話番号:+47 23 46 12 00
・公式サイトURL:https://www.oslo.kommune.no/politikk-og-administrasjon/radhuset/

 

16.国会議事堂

国会議事堂

photo by shutterstock

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ノルウェーのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧