クロアチアのおすすめ観光スポット38選

Pocket はてブ

近年、クロアチアに訪れる観光客が急上昇しています。映画の舞台を思わせるアドリア海沿岸の町並みは多くの観光客のハートを掴んでいます。

今回はクロアチアで訪れてみたい観光スポットを取り上げたいと思います。

*編集部追記
2016年9月の記事に新たに5選追記しました。
2016年9月の記事に新たに3選追記しました。
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

クロアチアに行ってみての感想

Photo by 新田浩之

クロアチアには3回旅行しています。直近では2016年11月にドブロヴニクに行きました。クロアチアは中央ヨーロッパを代表する観光国です。アドリア海沿岸の町並みは美しく、歴史を感じさせます。

一方、首都ザグレブや東部のスラボニア地方はアドリア海沿岸とは異なったクロアチアの顔を見せてくれます。クロアチア人の印象はとにかく「熱い!」そして、旅行者に大変優しい人たちです。

 

クロアチア観光のアドバイス

Photo by 新田浩之

クロアチアの治安は全体的に心配はいりません。ただし、ボスニア・ヘルツェゴビナの国境地帯にある山には地雷が今でも残っています。舗装道路は問題ありませんが、整備されていない場所に行くのは控えましょう。

クロアチアは他の中欧諸国と比べると物価は高め。特に、ドブロヴニクはものすごく高いです。ドブロヴニクのオンシーズンですと、ドミトリーでも2,500円は軽く超えます。衛生面も特に心配はありませんが、水は念のためミネラルウォーターを買うようにしましょう。

 

クロアチアのおすすめスポット

Photo by 新田浩之

クロアチアにはたくさんのおすすめスポットがあるので、絞るのはなかなか難しいです。あえてひとつに絞るなら、ドブロヴニクからバスで2時間ほど行ったところにあるストンです。ストンは塩田とカキで有名な町です。特にストンのカキは絶品!ダルマチア産のハムと新鮮なストンのカキとの組み合わせはたまりません。

 

*編集部追記(2017/10/25)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

1. イェラチッチ広場

IMG_1330
Photo by 新田浩之

まずは首都ザグレブからスタートしましょう。ザグレブの中心地にあるのが「イェラチッチ広場」です。広場に立つイエラチッチは19世紀にクロアチア自治拡大のために活躍した人物です。

ユーゴ時代、イエラチッチ像は撤去されていましたが、独立後に再び広場に登場しました。終日、多くの人々で賑わうエリアです。

■詳細情報
・名称:イエラチッチ広場(Trg bana Josipa Jelacica)
・住所:Trg bana Josipa Jelacica,Zagreb
・アクセス:路面電車「Trg bana Josipa Jelacica」電停下車、すぐ。
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも

 

2. 聖母被昇天大聖堂

299170_269831483038381_2052086990_n
Photo by 新田浩之

イェラチッチ広場から少し歩くと、ザグレブのラウンドマークである「聖母被昇天大聖堂」に到着します。この建物は13世紀から18世紀にかけて作られたものです。

聖堂にはユーゴ政府と対立して裁判にかけられたクロアチアのカトリックのトップ、ステピナッツが安置されています。

■詳細情報
・名称:聖母被昇天大聖堂(Katedrala Marijina Uznesenja)
・住所:Kaptol 31
・アクセス:イェラチッチ広場から徒歩5分
・営業時間:10:00~17:00(月曜日~土曜日)、13:00~17:00(日曜日、祝日)
・定休日:無休
・電話番号:(01)-4814727
・料金:無料
・所要時間:1時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.glas-koncila.hr/

 

3. 青果市場

297363_269832016371661_954404460_n
Photo by 新田浩之

「青果市場」はザグレブ市民の胃袋といったところ。多くの新鮮な野菜や果物が売られており、いつ訪れても活気にあふれています。朝食をここで済ますのもアリでしょう。

また、骨董品屋もあるので、お土産探しにもオススメです。

■詳細情報
・名称:青果市場(Dolac)
・住所:Dolac,5-9,Zagreb
・アクセス:イェラチッチ広場から徒歩数分
・定休日:8:00~14:00
・所要時間:1時間
・オススメの時期:いつでも

 

4. 石の門

320676_269831769705019_1471608570_n
Photo by 新田浩之

石の門はクロアチア「らしさ」を感じられるスポットです。この門の中は聖母マリアの肖像画が捧げられた礼拝堂があります。

クロアチアはキリスト教カトリックを信仰し、とりわけマリア信仰が盛んです。そんなクロアチア人のアイデンティティーを感じてみてください。

■詳細情報
・名称:石の門(Kamenita vrata)
・住所:kamenita
・アクセス:イエラチッチ広場から徒歩数分
・定休日:無休
・料金:無料
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも

 

5. 聖マルコ教会

315727_269831799705016_941032865_n
Photo by 新田浩之

屋根に紋章が飾られていることで有名な教会です。「聖マルコ教会」の屋根はタイルを使って紋章を表しています。

左がクロアチア王国、海岸部のダルマチア地方、東部のスラヴォニア地方、右側がザグレブ市の紋章となっています。

■詳細情報
・名称:聖マルコ教会(Crkva sv.Marka)
・住所:Trg sv.Marka
・アクセス:ケーブルカー降り場から徒歩数分
・営業時間:ミサの時間 18:00(月曜日~土曜日)11:00、18:00(日曜日)
・定休日:ミサ以外の時間
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも

 

6. トミスラヴ王広場

#TrgKraljaTomislava #Zagreb #Croatia #sunnyday

@teta_liliが投稿した写真 – 2016 3月 10 2:59午後 PST


ザグレブ中央駅を降りると、目の前に広がる大きな広場が「トミスラブ王広場」です。トミスラヴはクロアチア王国の最初の王様です。

広場は19世紀に作られたもので、広々とした気持ちのいいスポットです。

■詳細情報
・名称:トミスラヴ王広場(Trg kralja Tomislava)
・住所:Trg kralja Tomislava,Zagreb
・アクセス:ザグレブ中央駅すぐ
・所要時間:30分
・オススメの時期:冬以外

 

7. メシュトロヴィッチのアトリエ


クロアチアには数多くの芸術家が存在しますが、その代表がメシュトロヴィッチです。彼は、ユーゴスラビア主義(他のスラヴ諸国と協力する)に基づいて、様々な彫刻を生み出してきました。

ザグレブにあるアトリエは、1920年~1942年にかけて作られたものです。現在でも彼の作品は旧ユーゴスラビア諸国で見ることができます。

■詳細情報
・名称:メシュトロヴィッチのアトリエ(Atelijer Mestrovic)
・住所:Mketacka 8
・アクセス:ケーブルカー降り場から徒歩10分
・営業時間:10:00~18:00(火曜日~金曜日)、10:00~14:00(土曜日、日曜日)
・定休日:月曜日、祝日
・電話番号:(01)4851123
・料金:30クーナ、学生15クーナ
・所要時間:90分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.mestrovic.hr/muzeji/atelijer-mestrovic/atelijer-mestrovic.html

 

8. 失恋博物館

Solo cose belle. #Museo dei #cuori infranti. #zagabria #muzejprekinutihveza #igerszagabria #igerscroatia #croazia #croatia #zagreb

LetiZia Marabeseさん(@letiziamarabese)が投稿した写真 – 2016 7月 24 5:38午前 PDT


ザグレブのみならず、クロアチアで一番ユニークな博物館といえば「失恋博物館」ではないでしょうか。失恋に関する様々なものが展示されています。

この博物館は、2011年にヨーロピアン・ミュージアム・オブ・ザ・イヤーの特別賞に輝きました。ぜひ、ザグレブにお越しの際は立ち寄ってみてください。

■詳細情報
・名称:失恋博物館(Muzej prekinutih veza)
・住所:Sv.Ciril i Metoda2
・アクセス:ケーブルカー降り場から徒歩数分
・営業時間:9:00~22:30(6月~9月)、9:00~21:00(10月~5月)
・定休日:無休
・電話番号:(01)4851021
・料金:25クーナ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://brokenships.com/hr

 

9. ミロゴイ墓地

306901_269832866371576_369903728_n

Photo by 新田浩之

ザグレブにある大きな墓地ですが、公園のように整備されているので気持ちがいいです。ここには著名なクロアチア人が数多く埋葬されています。

その中でもとりわけ大きいのが、クロアチア共和国、初代大統領、フラーニョ・トゥジマンのお墓。あまりの迫力に思わず仰け反ってしまうこと、間違いありません。

■詳細情報
・名称:ミロゴイ墓地(Groblje Mirogoj)
・住所:Mirogoj 10
・アクセス:聖母被昇天広場前からバス106系統に乗車。「Mirogoj」下車
・営業時間:6:00~20:00(夏期)、7:30~18:00(冬期)
・定休日:無休
・料金:無料
・所要時間:1時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.gradskagroblja.hr

 

10. サモボル

Samobor i malo vise kalorija #samobor #kremsnite #cokoladnabomba #ubinastempo

Vedran Grubacさん(@vgrubac)が投稿した写真 – 2016 8月 24 8:47午前 PDT


ザグレブからバスで約1時間、スロベニア国境付近に「サモボル」という小さな町があります。この町は「サモボルスケ・クレムシュニテ」と呼ばれるスイーツで有名です。

また、これ以外のケーキもなかなかおいしいのです。スイーツ好きな方にとっては必見の町といえるでしょう。

■詳細情報
・名称:サモボル(Samobor)
・住所:Trg Kralja Tomislava5(インフォメーションセンター)
・アクセス:ザグレブのバスターミナルからバスで45分~60分
・営業時間:8:00~16:00(月曜日~金曜日)、9:00~17:00(土曜日)、10:00~17:00(日曜日)
・定休日:無休
・電話番号:
・料金:(01)3360044
・所要時間:90分ほど
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.samobor.hr

 

11. 聖ペテロ・パウロ教会

296787_269954679692728_802101230_n
Photo by 新田浩之

次に東部の街、オスィイエクを見ていきましょう。この街のラウンドマークが「聖ペテロ・パウロ教会」です。

尖塔は90mにもなり、クロアチアの教会の中で二番目の高さを誇ります。建てられた時期は比較的新しく、1898年に建てられました。

■詳細情報
・名称:聖ペテロ・パウロ教会(Zupna crkva sv.Petra i Pavla)
・住所:Zupanijska
・アクセス:オスィエク駅から徒歩20分
・営業時間:7:00~20:00
・定休日:無休
・料金:無料
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.svpetaripavao.hr/

 

12. 数々のモニュメント

300421_269955426359320_1256881087_n
Photo by 新田浩之

オスィイエクには、いくつかユニークなモニュメントがあります。例えば、この戦車と車のモニュメント。これは1990年代に起きた旧ユーゴスラビア紛争に関するモニュメントです。

ユーゴ連邦軍の戦車がオスィイエクに攻め込み、市民は自家用車で対抗したのです。

 

13. 戦時病院博物館

@lorana.pが投稿した写真 – 2016 5月 20 12:03午前 PDT


もしオスィイエクを訪れたら、そこからバスを使って1時間でアクセスできるヴコヴァルを訪れてみましょう。ヴコヴァルはユーゴ紛争の際、連邦軍に完全に包囲された町です。ここでは多くの人々が犠牲になりました。

その時の恐怖を伝えているのが「戦時病院博物館」です。ぜひ、時間があればこの博物館を訪れて、平和の尊さについて考えてみましょう。

■詳細情報
・名称:戦時病院博物館(Mjesto Sjecanja Vukovarska Bolnica)
・住所:Županijska ul.35,32000,Vukovar
・アクセス:ヴコヴァルへはオスィイエクからバスで1時間ほど
・営業時間:9:00~15:00
・定休日:土曜日、日曜日
・電話番号:091-4521222
・料金:15クーナ
・所要時間:90分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.mcdrvu.hr/index.php/hr/posjetite/ostale-memorijalne-lokacije/119-vukovarska-bolnica

 

14. ヤセノヴァツ強制収容所

298696_269883499699846_595747304_n

Photo by 新田浩之

近年、第二次世界大戦に関する「ダークツーリズム」が流行っていますが、クロアチアで第二次世界大戦の悲劇を学べるのが「ヤセノヴァツ強制収容所」です。ここは、ナチス傀儡政権のクロアチア独立国が建てたキャンプで、セルビア人やユダヤ人を中心に多くの人々が亡くなりました。

現在はユーゴ時代に建てられたモニュメントと博物館があります。なおヤセノヴァツへは鉄道でアクセスすることも可能ですが、不便なのでレンタカーの利用をオススメします。

■詳細情報
・名称:ヤセノヴァツ強制収容所(MEMORIJALNI MUZEJ)
・住所:Spomen-područje Sabirnog logora Jasenovac,Ulica Braće Radić 147,49217,Jasenovac
・アクセス:ザグレブからヤセノヴァツまで鉄道で3時間30分。ヤセノヴァツ駅から徒歩30分
・営業時間:9:00~17:00(月曜日~金曜日)、土曜日、日曜日(10:00~16:00)、但し12月~2月は平日の9:00~16:00のみ
・定休日:祝日
・電話番号:+385 32 638 559
・料金:無料
・所要時間:90分
・オススメの時期:冬以外
・公式サイトURL:http://www.jusp-jasenovac.hr/Default.aspx

 

15. プリトゥヴィツェ湖畔国立公園

~

michele minerboさん(@michelemin)が投稿した写真 – 2016 8月 23 12:32午後 PDT


中欧で美しい自然を感じられるスポットのひとつが「プリトゥヴィツェ湖畔国立公園」です。まず、エメラルドグリーンの川の美しさに驚かれることでしょう。ここも、ユーゴ紛争の際に甚大な被害を受けましたが、多くの人々の努力により見事に復活しました。

1979年には世界遺産にも登録されています。ザグレブやザダルから直通バスが出ているので、アクセスしやすいのもポイントですよ。

■詳細情報
・名称:プリトゥヴィツェ湖畔国立公園(Naionalni park Plitvicka Jezera)
・アクセス:ザグレブからバスで2時間~2時間30分、ザダルからバスで約2時間
・営業時間:7:00~20:00(夏期)、8:00~15:00(冬期)
・定休日:無休
・電話番号:(053)751015
・料金:180クーナ(7月、8月)、110クーナ(5月、6月、9月、10月)、55クーナ(11月~4月)
・所要時間:一日
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.np-plitvicka-jezera.hr

 

16. 大聖堂


次は一気にアドリア海沿岸の最大都市、スプリットに飛んでみましょう。スプリットの目玉といえばディオクレティアヌス宮殿でしょう。この宮殿はローマ時代に建てられた宮殿で、宮殿自体が旧市街になっている珍しい作りになっています。

宮殿内で一際目を惹くのが「大聖堂」です。内部には見所十分な貴重な宗教美術品があるので、ぜひチェックしてみましょう。

■詳細情報
・名称:大聖堂(Katedrala Sv.Duje)
・住所:Ul. Kraj Svetog Duje 5, 21000, Split
・アクセス:スプリット駅から歩いて約15分
・営業時間:8:00~19:30(夏期)、8:00~13:00(冬期)
・定休日:無休
・料金:共通券25クーナ
・所要時間:90分
・オススメの時期:冬以外
・公式サイトURL:http://www.visitsplit.com/hr/527/katedrala-sv-duje

 

17. 宮殿の地下

#architecture #split #diocletianspalace #podrumi #gameofthrones #hereweredragons

Majaさん(@majuccia)が投稿した写真 – 2016 8月 14 3:04午前 PDT


ディオクレティアヌス宮殿の見所は、地上だけでなく地下にもあります。地下に降りると「地下」にいるとは思えない巨大な空間が広がります。

中世はワインなどが置かれていましたが、時代が経つにつれゴミ捨て場になってしまいました。現在では博物館や様々なショップが立ち並んでいます。

■詳細情報
・名称:宮殿の地下(Podrumi)
・アクセス:スプリット駅から歩いて約15分
・営業時間:8:30~20:00(4月、5月、10月)、8:30~21:00(6月~9月)、9:00~17:00(11月~3月)
・定休日:無休
・電話番号:
・料金:40クーナ、学生20クーナ
・所要時間:60分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.ilocki-podrumi.hr

 

18. 前庭

Vestibul, Split

Maja Bucanさん(@maja_bucan)が投稿した写真 – 2014 6月 20 7:31午前 PDT


青銅の門から北方向に進むと、少し広い空間に出ます。そこが「前庭」です。オンシーズンですとクラッパ(アカペラのコーラス)が聞けます。

歌声が建物に反響して伝わって来るので、ものすごく美しいですよ。なおCDもそこで販売されているので、お土産として購入しましょう。

■詳細情報
・名称:前庭(Vestibule)
・アクセス:スプリット駅から徒歩約15分
・所要時間:30分
・オススメの時期:冬以外
1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

クロアチアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ