スペインの基本情報

スペインの治安は?物価は?ビザは?スペイン旅行の基本情報まとめ

スペインの基本情報
Pocket はてブ

2016年日本-マドリード線が就航し、18年ぶりにスペインへの直行便が復活して盛り上がるスペイン観光!

そういえば情熱の国スペインの治安ってどうなの?コンセントは日本の電化製品そのまま使える?など、みんなの知りたい10の疑問にお答えします!

 

物価

スペインの物価は他の西欧ヨーロッパ内では比較的安いと感じます。ただ、基本的にはユーロ高なので、日本と同等または少し上という見方で良いでしょう。特に外食(ランチ10~15ユーロ、ディナー20~40ユーロ目安)や入場料が結構かかる印象です。

また、都市によっても物価は変わってきますが、やはりマドリードやバルセロナといった大都市の物価は全体的に高めです。

 

治安

日本人が凶悪犯罪に巻き込まれることはほぼありませんが、とにかくスペインはスリや置き引き、ひったくりが他の西欧都市よりかなり多いです。日本人がスリにあるのは日常茶飯事になっています。

かくいう私も唯一スリにあった経験があるのがスペインでした…。いつ盗まれたか分からない巧妙な手口のスリ集団が多いので、観光の際はかばん・バッグ・貴重品などから目を離さないように気を付けましょう。

 

気候・服装・旅行シーズン

国土の広いスペインでは都市によって気候が大きく異なってきます。気候的なベストシーズンは過ごしやすい4~6月。一般的にハイシーズンと言われるのが6月中旬~9月上旬。この時期は日照時間がかなり長く、遅くまで出歩くことが可能です。

しかし、ホテルの料金がかなり上がり、予約が取りづらくなるのが難点。逆に2、3月や10、11月のローシーンズンでは日暮れが早いですが、ツアー料金などは安いです。

スペインというと年中暑い、暖かい気がしますが、冬は冷え込みます。特にマドリードなど内陸部に訪れるときは防寒対策を。また日差しが強いのでシーズン関係なくサングラスがあると良いかもしれません。

 

通貨

通貨はユーロ。2016年11月現在、1ユーロ117円です。現地では空港、ホテル、銀行、街中の両替所の他、24時間両替機などで両替が可能です。

両替所の中にはレートが良くても手数料が高い場合もあるので注意しましょう、日本の方がレートが良いことが多いので日本で両替した方が安心で便利かもしれません。

 

ビザ

#スペイン #マドリード #madorido #マドリード空港 #空港 #旅 #帰国

naoyaさん(@naoya1002)が投稿した写真 – 2016 2月 10 3:06午前 PST

観光目的で90日以内であれば日本国籍はビザ(査証)不要。ただし90日とはシェンゲン協定国での滞在日数が過去180日の合計で90日以内という意味なので要注意。

また、18歳未満の未成年が渡航する場合は別途条件があります。

 

コンセント

電圧は240V(まれに125V)、周波数50ヘルツなので100Vの日本製品は変圧器内蔵型でなければ変圧器が必要です。プラグも丸穴のCタイプなので、変換アダプターも持参しましょう。

 

インターネット

中級以上のホテルはwifiなどインターネット設備がそろっています。無料か有料かは予約時にホテルに確認しましょう。また、街中でもwifiが使えるカフェやファーストフードや無料wifiスポットが増えてきています。

1 2
Pocket はてブ

Writer

ドイツ住み。 旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか30ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行もかかさず。 現在は会社を退職し、ドイツで旅とフットボールとビールを愛しながら暮らしてます♪

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

スペインのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧