スペイン語圏で便利な10のスペイン語フレーズ

Pocket はてブ

スペインだけでなく、南米のほとんどの国でも公用語とされているスペイン語。同じラテン語系のイタリア語、ポルトガル語などにも通じる単語が多いため学んでおくと旅先で重宝すること間違いなしです。

また、発音がほぼローマ字読みのスペイン語は、初心者には親しみやすい言語とも言われています。今回は、海外旅行に行くなら覚えておいた方が良いスペイン語フレーズをご紹介します。

 

まずはあいさつ! Hola (オラ) 「こんにちは」

shutterstock_221322013

Photo by shutterstock

お店の店員さん、通りすがりに目があった人、チケットカウンターの販売員。目があったら オラ!と話しかけてみましょう。時間に関係なく、誰にでも使える簡単フレーズです。

 

お世話になったら Gracias (グラシアス) 「ありがとう」

shutterstock_151501271

Photo by shutterstock

旅行中は何か助けられたときはもちろん、ホテルやレストランのスタッフに対しても「ありがとう」と言いたいことは多いはず。Graciasと現地の言葉で伝えると感謝の気持ちはより伝わりやすくなります。

 

自己紹介 Soy de Japón (ソイ デ ハポン) 「日本から来ました」

shutterstock_205813450

 Photo by shutterstock

スペイン語圏の人にとってアジアは遠い地域。中国人、韓国人、日本人などの区別は見た目からはわかりません。Japón(日本)から来ましたということで、日本のアニメや自動車、家電メーカーの話になったり、話題が膨らみます。

 

自分の好みを伝える Me gusta … (メ グスタ) 「私は。。。が好きです。」

shutterstock_222213256

 Photo by shutterstock

自分の趣味や好きな食べ物など、好きなことを伝えると会話が盛り上がりやすいです。好きなものの単語がわからなくてもMe gusta … (メ グスタ)といって写真や食べ物を指させば意図が通じるはずです。

 

相手にも聞いてみる  Y tu ?(イ トゥ) 「あなたは?」

shutterstock_100837753

Photo by shutterstock

英語のHow about you? にあたる表現です。あなたの出身地や好きなものを伝えた後は、相手にも質問してみましょう。お互いを知ることでより仲が深まります。

 

 何かを聞きたいとき、道を譲ってもらいたいときは Perdon (ペルドン) 「すみません」

shutterstock_189539096

 Photo by shutterstock

まわりの人に何かを聞きたいとき、レストランでウエイターを呼び止めたいとき、込み合った道で通り道を空けてもらいたいときなど、軽く相手の注意を引きたいときにとても便利なフレーズです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

スペインのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品