ベトナムの鉄板お土産「コーヒー」で、髪は染まるのか?試してみた

Pocket はてブ

こんにちは、旅人美容師のKOHです。先日、香港エクスプレスを使って、ベトナムのダナン・ホイアンに行ってきました。

筆者の旅としては珍しくハサミを持たずに、シンプルに観光を楽しんできたこともあり、久々にお土産を買いました。

 

ベトナムで有名なお土産と言えば「コーヒー」が鉄板。コーヒーと言えば、白いシャツにこぼしたらシミになってしまい大変ですよね!

そう、色素沈着です。そんなとき、僕はふと思いました。「ベトナムコーヒーで髪は染まるのだろうか」と。

疑問に思ってしまったので、早速実験してみました。どういう思考回路でそうなるかは筆者、自分でも良くわかりません。

 

鉄板のお土産コーヒーはこちら

IMG_6755

チュングエン社のインスタントベトナムコーヒーの『G7 coffee』。

ブラックや砂糖入りやミルク入りと3種類展開されていますが、今回筆者が購入したのはブラックコーヒーです。

すごく美味しいと評判らしいのですが、もはやそんなことはどうでもよく、「これで髪の毛染まるのかな?」そんな気持ちでいっぱいでした。

 

自分で染めるのはしんどいので美容室に行きます

IMG_6753

今回僕が訪れたのは、高円寺にある『ビールの飲める美容室 Up to  You』。カラーリスト(ヘアカラー専門美容師)のキャンベルさんにお願いします。

キャンベルさん、可愛いんですよね。ええそうですとも顔で選びましたよ。

 

持ち込みカラー(コーヒー)できるか、聞いてみた

「すいません、持ち込みカラーできますか?」

IMG_6822
「・・・」。

IMG_6759

キャンベルさん、完全に苦笑いです。変な客来たって思ってますよね…

「というか、そもそも持ち込みカラーじゃなくて持ち込みコーヒーだよね?」と言わんばかりの表情。どこから突っ込めばいいのか困惑しているようです。

 

もしかしたら嫌われてしまうのでは…

※持ち込みカラーとは

通常、市販されているカラー剤を美容室に持参し、美容師に塗ってもらうことでセルフカラーで起こり得る色ムラを軽減、回避する方法。

まれに持ち込みカラーをメニュー化している美容室がある。

 

あっさり了承を得ました

IMG_6763

コーヒーパウダーをカラーカップに入れたのは、おそらく世界初ではないでしょうか。辺りはコーヒーの香りに満ち溢れ、美容室全体がまるでカフェのような空気の匂いになっていました。

 

IMG_6773

シャバシャバの液体になると塗布が困難なので、絶妙な加減でコーヒーパウダーを熱湯で溶かすキャンベルさん。

さすがカラーリスト。混ぜる手際が実にスマート。ヘアカラー界のバリスタと言っても過言ではないでしょう!

 

せっかくなので飲んでみた

IMG_6777
せっかくなのでヘアカラー界のバリスタ、キャンベルさんにコーヒーを淹れて頂きました。このコーヒー評判がいいだけあって、酸味が少なく飲みやすく、万人受けするのも納得です!

香りがよく味も美味しいときたら、それはもうよく染まりそうです!筆者完全に期待大!

 

染めてみます

IMG_6776

ビフォーとしては申し分のないブリーチ毛。脱色しまくっています。

黒いシャツにコーヒーをこぼすより白いシャツにコーヒーをこぼした方が色が付きますよね。毛髪もその染色理論は同じなので、すごく染まりやすそうです。

 

いよいよカラー(?)塗布開始!!

IMG_6790 (1) 2

1 2
Pocket はてブ

Writer

高円寺 あかりの灯る小さな美容室 代表
幼少期は北朝鮮首都平壌で立ちションしながら育ち、21才で最速の独立を果たしたフリーランスの美容師、世界中のストリートで髪切ってたり切ってなかったり。常に面白いことを探しています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ベトナムのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧