世界で活躍したいあなたへ伝えたい!旅して身についたグローバルに働く上で大切なこと

Pocket はてブ

 

就活中のみなさんは海外就職や外資系企業も視野に入れて活動している人もいるのではないでしょうか。

でも実際、外国の人と一緒にチームを組んで働くってどんな感じだろうか?そんな風に思ったことはありませんか?

今回は卒業してこれまで、外資系航空会社で働くわたしが、”旅の経験があったからこそ、今が楽しいのかも”と思った理由。そして、海外の人と一緒に働くうえで、大切だと考えることをお話ししたいと思います。

 

相手のことを理解しようとする姿勢

shutterstock_347538011

Photo by  shutterstock

旅すれば必ずと言っていいほどぶつかるのが、言葉の壁。でも、旅をしている時って、相手が何を伝えたいのか、一生懸命理解しようとしたり、必死にコミュニケーションを取ろうと努力しませんか?

海外の人と一緒に働くうえで、その”理解しようと努力する姿勢”はとても大切です。

例え、語学が堪能であっても、どうしても文化の違いから誤解が生じてしまうこともあります。それでも、相手が何を言わんとしているのか。落ち着いて耳を傾けることで解決できることもたくさんあるのです。

 

自分のものさしで見た”当たり前”を押し付けないこと

shutterstock_376738720

Photo by shutterstock

外資系企業に入れば、例え働く場所が日本であっても、あなたはその企業にとって”外国人”です。

日本では普通こうなのに…。こうするのが常識なのに…。そんなあなたの考える”当たり前”は通用しません。

旅先だってそうです。平気で何時間も遅れる電車や、ぼったくりのタクシー。そんなのにいちいちイライラしていては旅も楽しくなくなってしまいますよね。

郷に入っては郷に従えという言葉は、会社の中でもいえることなのです。

 

自分の意見を主張する大切さ

shutterstock_205008814Photo by  shutterstock

そうはいっても、決してその会社や一緒に働く外国人の言いなりにならなければいけないというわけでは決してありません。

ここで大切なのは、自分の意見を主張すること。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

彩愛
彩愛
旅で人生にトキメキを!
外資系客室乗務員として欧州と日本を往復しながら東京に暮らす。 18歳で初めて一人で海外へ行ったのを皮切りに、留学、インターン、世界一周と人生が旅に染まっていった。CAになる夢を叶えた今もバックパ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

旅と就職・仕事

FEATURED特集

特集一覧へ