イスラムの国ドバイもクリスマス気分!海外のクリスマスシーン8選

Pocket はてブ

もうすぐクリスマス。クリスマスと言えば、雪が舞い降る中でクリスマスツリーとイルミネーションがキラキラしているイメージですよね。

でも、そんな寒いクリスマスだけじゃなく、雪が降らない南半球でもクリスマスはやってきます。日本には馴染みの薄い、そんな南半球のクリスマスも合わせて世界のクリスマス事情をご紹介します。

 

水上スキーに乗ったサンタさんと海で遊ぼう 「オーストラリア」

4245797256_600744bf1b_b

photo by Sarah_Ackerman

オーストラリアのクリスマスシーズンは夏ど真ん中!海辺に行くと、トナカイ代わりに水上スキーに乗ったサンタさんに出会います。

クリスマスシーズンは昼間は水着でビーチへ繰り出し浜辺でバーベキュー。夜には満点の星空の下で行われるライブへ。といったアウトドアでの楽しみが目白押しです。

 

クリスマスの食材は真夏なので、コールドミートが多く、ターキー、チキン、ハム、えび、ほたてなどがごちそうとして並びます。デザートは、クリスマスプディング(ドライフルーツたっぷりのケーキ)、パブロバ(オーストラリアのケーキ)が一般的です。

 

イブは会社でクリスマスパーティー 「ブラジル」

11345273186_c9ca11d528_b

photo by Paulisson Miura

クリスマスイブにパーティーを開くのは同じですが、ブラジルでは会社で開かれることが多いのです。午前中ちょっとだけ働いて、午後からは会社でパーティを開きます。ブラジルではこのパーティのことを「フェスタ」といいます。

 

イブの夕方からは各々の自宅で開かれます。ブラジルは移民の国だけであって、特に家族の絆を大事にする傾向があります。日本のお正月のように、祖父母、伯父叔母、従兄妹などが一堂に会すことも珍しくありません。

 

イスラム教国でもクリスマスはワクワク・ドキドキ 「ドバイ」

5398414833_be40f3e0b1_b

photo by Sarah_Ackerman

イスラム教国であり、1年で雨すら僅かしか降らないドバイにはもちろん雪も降りません。

そんなドバイでもクリスマスの季節になると、街のショッピングモールが装飾やイルミネーションが飾られてクリスマスモードになります。

 

アラブの民族衣装を着た人たちがクリスマス装飾を前に写真を撮る姿は、まさにドバイならではの独特なクリスマスの光景です。ドバイのクリスマスは商業的な意味合いが強いけど、宗教が違ってもクリスマスを楽しむ気持ちは万国共通です。

 

圧倒的な存在感のロックフェラーセンター 「ニューヨーク」

5246997351_4b75f1320a_b

photo by petercruise

世界的にも有名なニューヨークロックフェラーセンターのクリスマスツリー。実際現地で見るとその存在感は圧巻で、日本のそれとはやはり規模が違います。

恒例のクリスマス限定の演目が上映されたり、屋外アイススケート場もオープンして街中の雰囲気が一気に盛り上がります。ホリデーマーケットもあちこちで開催され、この季節向けに特別にライトアップされたお店や家のイルミネーションが楽しめます。

 

各家庭では、本物の木を使ったクリスマスツリーを飾り、クリスマスカードの交換・プレゼント交換などを行います。プレゼントは、25日の朝までクリスマスツリーの下に置き、クリスマスになると、家族みんなで一斉にプレゼントを開けるのです。

 

本物のサンタクロースに会える 「フィンランド」

P1010335

photo by Takuya Hanaoka

「いつかは、本物のサンタさんに会いたい!」その夢は、北欧フィンランドのロヴァニエミでかなえられます。

フィンランドの北部・ラップランド地方のロヴァニエミ市内にはサンタクロース村があり、お仕事中のサンタクロースが、いつでも温かく迎えてくれます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

はなちゃん
はなちゃん
社会人2年目で初めて行った海外旅行で旅に目覚めた遅咲きの30代。 少しでも休みがあれば弾丸トラベルに出て、空港からそのまま出社する勢い。 旅をしている時が一番自分らしく、旅をしてる自分が一番好…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

イベント