ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

 

アメリカ合衆国横断 10,387キロ「しゅん」

しゅん

1988年生まれ・北海道出身・水曜どうでしょう育ちの旅ブロガー。
関係ないけど、快獣ブースカが好きです。2017年1月より世界一周をスタート。TABIPPOでは世界一周ゼミ卒業生として特集『世界100人 密着インタビュー!な世界一周』を持つ。

 

アメリカ横断でかかった費用

アメリカ横断合計金額(8人):184万円
1人辺りにするとキャンピングカー代も入れて24万円、キャンピングカー代を抜くと12.5万円です。

内訳は以下の通りです。
キャンピングカー料金(保険やオプションも含む):83万円
ガソリン代:22万円
食費:9万円
RVパーク:11万円
高速道路の料金:1.5万円
車の修理費:6万円
その他 個人費(UBER代、外食、入場料、お土産など):51.5万円

アメリカ横断の予算が1人辺り25万円だったので、予算内に収めることが出来ました。節約のポイントとしては、食費とRVパークです。

食費は日本から食材(カレールーなど)を持ち込んだことで支出をぐっと抑えることができ、RVパークはアプリ(RV Parky)を使って評価が高く安いRVパークを選んで泊まり、移動日にはWalmartの駐車場で泊まっていました。

予想外の出費であるガソリン代と修理費の超過分は、上記を節約したことでカバーすることが出来ました。

 

アメリカ横断でお金を使って良かったこと

アメリカ横断を満喫するため観光費用は節約しなかったです。ロサンゼルス市内をUberで移動、カリフォルニア・ディズニーランド、モニュメントバレー&アンテロープキャニオンのツアーに参加、ラスベガスでカジノをしたりと観光には十分お金を使いました。

 

アメリカ横断で起きた予想外の出費

ガソリン代(南ルートから北ルートに変更):+6万円
修理費(フロントガラス交換&ホイールカバー紛失):+6万円

 

トランプ片手にアメリカ全力疾走「サトウのきりこ餅」

サトウのきりこ餅

1991年生まれ・宮城県出身の元システムエンジニア。
「Dolce far niente(何もしないという楽しさ)」をモットーに、テーマを持たず自由気ままな旅を楽しむお気楽トラベラー。2017年6〜12月にヨーロッパ・北南米周遊した際、アメリカ横断を行う。

 

アメリカ横断でかかった費用

合計金額は144万円で、内訳は以下の通りです。
キャンピングカー料金:85万円
ガソリン・レンタカー・高速料金・UBER代:35万円
RVパーク:12万円
食費:7万円
車の修理費:6万円
その他費用(交際費、SIM代、入場料など):6万円

上記外で外食費、アルコール飲料代、シルクドソレイユ・NBA・ブロードウェイ代と言った交際費は個人負担なので計上していません。それを考慮すると他のアメリカ横断メンバーよりも使った金額は高めかもしれないです。

常に節約をしようとするよりは、観光など行きたい所・やりたいところは我慢せず、できるところは節約しようと言ったスタンスでした。

 

アメリカ横断でお金を使って良かったこと

ガソリン代など移動費はかなりかかりましたが、私たちの横断ルートでは避けられない支出だったので使って良かったなと思っています。

 

アメリカ横断で起きた予想外の出費

車の修理費です。保険には入っていましたが、保険には上限金額があり超過分は支払わなければいけないことを予想していなかったので、思わぬ出費でした。

 

まとめ

アメリカ横断の費用についてのまとめいかがだったでしょうか。想像より高かった?安かった?みなさんがアメリカ横断を計画する際の参考になれば嬉しいです。それでは、最後にアメリカ横断を快適に格安にするお知らせです。

supported by El Monte RV

 

キャンピングカーレンタル最大52,000円分の特典をゲットしよう!

キャンピングカーのレンタル費用は旅のメンバー全員で割り勘することが一般的ですが、少しでも安くなれば、食事を豪華にしたり、ディズニーランドに行ったり、アメリカの絶景を見に行ったりとさらに充実します。

そこで、H.I.Sさんとトラベルデポ・インコーポレイテッドさんにお願いして、TABIPPO.NETの読者限定でレンタル費用の割引をご用意しました!

 

特典1:レンタル泊数に応じて、レンタル費用が割引されます

アメリカ横断に必要な日数は最低7泊、平均14泊、たっぷり楽しむなら30泊と聞いたので、TABIPPOチームは30泊を選びました。ルートはロサンゼルスからマイアミを経由してニューヨークまで。30泊でも少し駆け足でしたから、もっと長くてもよかったくらいです。

H.I.S. & トラベルデポ共通で割引されます

7泊〜13泊:7.000円引き
14泊〜20泊:14,000円引き
21~27泊:21,000円引き
28~34泊:28,000円引き
35泊~:35,000円引き

 

特典2:H.I.S.なら80ドルの国立公園入場パスを無料プレゼント!


エイチ・アイ・エスの特典では、国立公園入場パス($80)やDLT発行が無料($10/1人あたり)などのオプションが付いてくるので、レンタル費用割引と合わせて最大52,000円分の特典となります!

エイチ・アイ・エスのみの特典

国立公園入場パス:$80 *
DLT(国際免許証の代わりとなる簡易免許証):$10/1人あたり
全米の大型MAP:$10

合計で$170/約17000円(8人でレンタルした計算)。35泊以上のお申し込みの場合(35000円引き)、合計の割引額は52000円です。* がついているオプションは台数に限りがありますので、早めにお申し込みください。

 

特典2:トラベルデポなら現地日本人スタッフによる充実のサポートが満載!


トラベルデポの特典では、実際に現地で初めてキャンピングカーに乗る!という人の不安を解消するため、国内体験試乗など、初めての方でも安心できる充実のサポートをご用意。英語に自信がない方も、現地の日本人スタッフによる電話サポートがあるため安心です。

車幅が広いキャンピングカーは運転するのも一苦労なので、ぜひ予行練習をしてみましょう!特典は3.5万円分ですが、他にもトラベルデポだからできるサポートが充実しています。

トラベルデポのみの特典

・アメリカ製モーターホーム国内体験試乗
・滞在先のお勧めRVパークなどの日程プランニング
・現地日本人スタッフによる電話サポート
・「運転できない…でも行きたい!」という方向けの日本人ドライバー付きプラン

 

キャンピングカー特典の申し込みはこちらから!

対象は下記のフォームからキャンピングカーの見積もり、申し込みをした方のみとなります。

*特典はこちらのフォームから申し込んだ方のみが対象となりますので、ご注意ください!
*予約時には同乗者全員分の名前が必要です。
*同乗者がお決まりでない場合は申込フォーム入力不可です
*ご質問等はご来店又はお電話にてご連絡をお願いします。
■H.I.S.新宿本社営業所アメリカ専門店:03-5360-4881
■ご相談の来店予約はコチラ:https://customer-reception.his-j.com/003A

*特典はこちらのフォームから申し込んだ方のみが対象となりますので、ご注意ください!
*ご質問等は”WEBサイト問い合わせフォーム”又は”お電話”にてご連絡をお願いします
*詳細が決まっていない場合でも、担当者の方が丁寧に相談に乗ります!
■トラベルデポ:0800-123-1776
■トラベルデポHP:http://motor-home.net/

 

Facebookグループでアメリカ横断の仲間探し

また、アメリカ横断を実現するために大変なことは「メンバー集め」。TABIPPOが少しでも手助けになるように、アメリカ横断のメンバーを探せるFacebookグループを作成しました!ぜひ、旅の仲間を見つけてください。

 

アメリカ横断に役立つアイテムも割引でご用意しました

photo by rui maeda

今回のアメリカ横断では、株式会社ビジョンさんの「グローバルWi-Fi」、最新の一眼レフカメラからチェキまでレンタルできる「Rentio」さんを利用しています。

海外でもネットを使いたい人やSNSを更新したい人、「絶景の写真をきれいに撮りたい!」「GoProを使ってみたい」という人は、ぜひチェックしてみてください!今ならTABIPPO限定特典で、お得にレンタルすることができます。

▶︎グローバルWi-Fiについてはこちら
▶︎Rentioについてはこちら

ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング