writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

アメリカ横断中のフロリダ州からこんにちは!TABIPPO編集長のルイスです。

10月7日から11月7日までロサンゼルスからニューヨークへキャンピングカーで旅をしています。横断中はInstagramでフレームインフレームの写真を投稿したり、

Facebookで360度写真を投稿したり(スマートフォンでクリックすると360度の星空が見れます)、

集合写真も気合を入れて撮影しています。アメリカ横断メンバーの7人が全員写真好きなので、カメラやガジェットもかなりの量です。そのうちいくつかはアメリカ横断スポンサーのRentioさんに借りたものも。

そこで、今回はアメリカ横断30日間に持ち込んだカメラグッズやガジェットをご紹介します。それぞれのガジェットの紹介は持ち主の体験談です。

 

FUJIFILM ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ10

photo by ruimaeda

従来のチェキと違って、撮影した写真の中から印刷したいものを選べるのがポイント。数種類のフィルター付きでおしゃれにできるのも嬉しい♪

用紙が無駄になる心配もないので、チェキが欲しい方にオススメです!小売価格は29000円と、少し高めだったのでRentioさんでレンタルしました。

 

RICOH THETA V(左)

photo by ruimaeda

全天球カメラの先駆けTHETAの最新商品 THETA Vは「360°空間音声」「4K動画撮影」も可能なので今までにない撮影が可能です!写真もisoとシャッタースピードはいじれるので星空も撮るところがオススメです。

THETE Vがどのくらい撮影できるか試すということでRentioさんでレンタルしましたが、4K動画が想像以上に綺麗だったので、次の旅までに買ウことにしました。

 

Go Pro HERO5(右)

ボタン一つですぐに動画撮影ができるのが◎ 公式から出ている動画作成アプリは携帯に取り込んだ動画中から自動で動画作成をしてくれるのでオススメです!

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事