ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

 

アメリカ合衆国横断 10,387キロ「しゅん」

しゅん

1988年生まれ・北海道出身・水曜どうでしょう育ちの旅ブロガー。
関係ないけど、快獣ブースカが好きです。2017年1月より世界一周をスタート。TABIPPOでは世界一周ゼミ卒業生として特集『世界100人 密着インタビュー!な世界一周』を持つ。

 

アメリカ横断ルート

22泊23日、サンフランシスコからニューヨークへ東ルートです。

サンフランシスコ→ヨセミテ国立公園→ロサンゼルス(メルローズアべニュー、ハリウッド、グリフィス天文台、カリフォルニア・ディズニーランド)→サルベーションマウンテン→バグダッド・カフェ→ラスベガス→グランドサークル(ザイオン、モニュメントバレー、ホースシューベンド、アンテロープキャニオン、グランドキャニオン、セドナ)→ルート66→バリンジャークレーター→ホワイトサンズ国定公園→キャデラックランチ→マウントラッシュモアナショナルメモリアル→ナイアガラの滝→ワシントンD.C(FBI、ペンタゴン、ホワイトハウス)→ニューヨーク

 

アメリカ横断ルートの感想とメリット・デメリット

10月5日〜27日の22泊23日でアメリカを横断しました。 10月という季節は丁度良かったです。西海岸はほどよく暑く、北部東部は寒かったですが雪は降っていませんでした。

当初はグランドサークル以降のルートを南ルート(ヒューストン&ニューオリンズ)にする予定でしたが、ハリケーンの影響がある可能性があったので、北ルート(大統領の顔&ナイアガラ)に変更しました。

 

そのため、アメリカほぼ縦横断となり、走行距離10,387km。この期間ではかなりタイトなスケジュールでしたが、メンバーが行きたいポイントを全て網羅できたので良かったです。

メリット:マウントラッシュモアナショナルメモリアル(大統領の顔)とナイアガラの滝を見れたこと。
デメリット:5人のドライバーで交代して22時間ぶっ通しで運転するなど、移動日がかなりタイトになる。ガソリン代も嵩む。

 

トランプ片手にアメリカ全力疾走「サトウのきりこ餅」

サトウのきりこ餅

1991年生まれ・宮城県出身の元システムエンジニア。
「Dolce far niente(何もしないという楽しさ)」をモットーに、テーマを持たず自由気ままな旅を楽しむお気楽トラベラー。2017年6〜12月にヨーロッパ・北南米周遊した際、アメリカ横断を行う。

 

アメリカ横断ルート

9月30日〜11月1日、ロサンゼルス(西)からニューヨーク(東)へ向かうルートです。

ロサンゼルス→サルベーションマウンテン→ヨセミテ国立公園→デスバレー国立公園→セブンマジックマウンテン→ルート66→セドナ→グランドキャニオン→ラスベガス→カナブ地区(コヨーテサウスウェーブ、ブライスキャニオン、ホースシューベント)→ソルトレーク→イエローストーン国立公園→アーチーズ国立公園→アンテロープ→ホワイトサンズ国立公園→キャデラックランチ→ニューオーリンズ→マイアミ(NASA)→キーウエスト→ワシントン→ニューヨーク

 

アメリカ横断ルートの感想とメリット・デメリット

横断と言いつつ、32日間でアメリカの東西南北を走り回るコースになっています。 というのも、①メンバーで話し合って決めた優先度の高いスポットが、東西南北に散らばっていた ②アンテロープに予約なしで行った際、近日の予約が取れなかったため、一旦他の国立公園に行った後に戻ってきた といった理由からルートを何度も再編し、結果このような形になりました。 アメリカ全土を満遍なく楽しめたのでとても満足しています。

メリットはアメリカ全土を広く満喫できることです。 主要な国立公園は全て行くことができますし、南北にも広く移動するので(11月時点で)イエローストーンでは雪景色を堪能したあと、マイアミではビーチで泳いだりと1ヶ月の旅とは思えないほど密度の濃い旅になります。

デメリットとしては、かなりハードなスケジュールとなるため、体力的にきつくなることです(特にドライバー)。 朝早くに出発し、RVパークに着くのは夜中となった日もありましたが、無理なスケジュールは事故や怪我などを可能性もあるのでメンバーの無理ない範囲でルート調整するべきだと思います。

 

まとめ

アメリカ横断のルートまとめいかがだったでしょうか。鉄板の観光地もあれば、チームごとの個性が出る行き先もありましたね。あなただけのアメリカ横断ルートを考える参考になれば嬉しいです。それでは、最後にアメリカ横断を快適に格安にするお知らせです。

supported by El Monte RV

 

キャンピングカーレンタル最大52,000円分の特典をゲットしよう!

キャンピングカーのレンタル費用は旅のメンバー全員で割り勘することが一般的ですが、少しでも安くなれば、食事を豪華にしたり、ディズニーランドに行ったり、アメリカの絶景を見に行ったりとさらに充実します。

そこで、H.I.Sさんとトラベルデポ・インコーポレイテッドさんにお願いして、TABIPPO.NETの読者限定でレンタル費用の割引をご用意しました!

 

特典1:レンタル泊数に応じて、レンタル費用が割引されます

アメリカ横断に必要な日数は最低7泊、平均14泊、たっぷり楽しむなら30泊と聞いたので、TABIPPOチームは30泊を選びました。ルートはロサンゼルスからマイアミを経由してニューヨークまで。30泊でも少し駆け足でしたから、もっと長くてもよかったくらいです。

H.I.S. & トラベルデポ共通で割引されます

7泊〜13泊:7.000円引き
14泊〜20泊:14,000円引き
21~27泊:21,000円引き
28~34泊:28,000円引き
35泊~:35,000円引き

 

特典2:H.I.S.なら80ドルの国立公園入場パスを無料プレゼント!


エイチ・アイ・エスの特典では、国立公園入場パス($80)やDLT発行が無料($10/1人あたり)などのオプションが付いてくるので、レンタル費用割引と合わせて最大52,000円分の特典となります!

エイチ・アイ・エスのみの特典

国立公園入場パス:$80 *
DLT(国際免許証の代わりとなる簡易免許証):$10/1人あたり
全米の大型MAP:$10

合計で$170/約17000円(8人でレンタルした計算)。35泊以上のお申し込みの場合(35000円引き)、合計の割引額は52000円です。* がついているオプションは台数に限りがありますので、早めにお申し込みください。

 

特典2:トラベルデポなら現地日本人スタッフによる充実のサポートが満載!


トラベルデポの特典では、実際に現地で初めてキャンピングカーに乗る!という人の不安を解消するため、国内体験試乗など、初めての方でも安心できる充実のサポートをご用意。英語に自信がない方も、現地の日本人スタッフによる電話サポートがあるため安心です。

車幅が広いキャンピングカーは運転するのも一苦労なので、ぜひ予行練習をしてみましょう!特典は3.5万円分ですが、他にもトラベルデポだからできるサポートが充実しています。

トラベルデポのみの特典

・アメリカ製モーターホーム国内体験試乗
・滞在先のお勧めRVパークなどの日程プランニング
・現地日本人スタッフによる電話サポート
・「運転できない…でも行きたい!」という方向けの日本人ドライバー付きプラン

 

キャンピングカー特典の申し込みはこちらから!

対象は下記のフォームからキャンピングカーの見積もり、申し込みをした方のみとなります。

*特典はこちらのフォームから申し込んだ方のみが対象となりますので、ご注意ください!
*予約時には同乗者全員分の名前が必要です。
*同乗者がお決まりでない場合は申込フォーム入力不可です
*ご質問等はご来店又はお電話にてご連絡をお願いします。
■H.I.S.新宿本社営業所アメリカ専門店:03-5360-4881
■ご相談の来店予約はコチラ:https://customer-reception.his-j.com/003A

*特典はこちらのフォームから申し込んだ方のみが対象となりますので、ご注意ください!
*ご質問等は”WEBサイト問い合わせフォーム”又は”お電話”にてご連絡をお願いします
*詳細が決まっていない場合でも、担当者の方が丁寧に相談に乗ります!
■トラベルデポ:0800-123-1776
■トラベルデポHP:http://motor-home.net/

 

Facebookグループでアメリカ横断の仲間探し

また、アメリカ横断を実現するために大変なことは「メンバー集め」。TABIPPOが少しでも手助けになるように、アメリカ横断のメンバーを探せるFacebookグループを作成しました!ぜひ、旅の仲間を見つけてください。

 

アメリカ横断に役立つアイテムも割引でご用意しました

photo by rui maeda

今回のアメリカ横断では、株式会社ビジョンさんの「グローバルWi-Fi」、最新の一眼レフカメラからチェキまでレンタルできる「Rentio」さんを利用しています。

海外でもネットを使いたい人やSNSを更新したい人、「絶景の写真をきれいに撮りたい!」「GoProを使ってみたい」という人は、ぜひチェックしてみてください!今ならTABIPPO限定特典で、お得にレンタルすることができます。

▶︎グローバルWi-Fiについてはこちら
▶︎Rentioについてはこちら

ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング