酔いが覚めたら「予約完了」のお知らせ!行き先はリオデジャネイロ

Pocket はてブ

スコットランド在住のジェイミー・アザーは銀行勤めの24歳。

今年8月、いつもと同じように週末クラブへ行き、いつもと同じように友人たちと楽しんでいました。そして、いつもと同じように、二日酔いで起きるはずが…

 

南米行きの航空券を購入していた!

6CF5A4506E

photo by stocksnap.io

次の日、二日酔いながらもメールをチェックすると全く記憶にない航空会社からのメールが。

「リオデジャネイロ行き航空券の予約、ならびに支払いが完了いたしました。」

そう。彼は酔っ払って航空券を予約してしまっていたのです!そして、すでにチケットの取り消し期間も過ぎていました。

 

お金を捨てるのか?チャンスを捨てるのか?

13368793433_27bdd41d71_z

photo by efile989

彼は迷ったあげく、南米への旅を決意。それまでこのような旅の経験はもちろんなく南米にも行ったこともなければ全く興味もありませんでした。

 

もちろん周りの人は反対し、「仕事はどうするの?」「お金は?」「治安が悪いからやめた方がいい」と彼を止めようとしました。しかし、彼はこの「酔っ払った失敗」をプラスに考え、せっかくのこの機会を思いっきり楽しもうと思いました。

 

100%弾丸でブラジル、ペルーを周遊

彼はリオデジャネイロでパーティーに参加、世界から観光客が押し寄せるブラジル・コパカバーナビーチ、ブラジルとアルゼンチンにまたがるイグアスの滝、森林保護区を回りました。そこでたくさんの友達を作り、さらにペルーにあるマチュピチュまで約45kmの道をハイクで登りました。(彼は高所恐怖症で、高い山々をハイキングしている間はずっと心臓がバクバクだったそうです。)

 

その様子を自身のInstagramに投稿。するとそんな彼を見た世界中の人から次々と反響がきました。

 

予期せぬことが起こった時どうするか?

「今回のことは全く後悔してないし、むしろ自分の人生の中で最高の経験のひとつになったよ。」もし彼が今回、「周りにも止められてるし」「仕事もあるし」「南米なんて行きたくないし」「お金もかかるし」などという理由でこの旅をキャンセルしていたらどうだったでしょう?

1 2
Pocket はてブ

WRITER

宮越真央
エシカルファッションスタイリスト
ロンドン在住3年目。カラフルとエシカルが大好き!アメリカ、ベトナムと海外移住3カ国目のイギリス。スペイン人の彼と交際中!可愛いヨーロッパ文化を紹介していきます。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ひとり旅

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品