writer
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

こんにちは。TABIPPOライター、オトナフォトジェンヌほさかまきです。

富士山よりも高いところにある、南米のチチカカ湖。チチカカ湖には、トトラでできた浮き島や、今も人々が民族衣装で暮らしているアマンタニ島があり、プーノから船で行くことができます。

そしてなんと、島でホームステイできるツアーがあるのです。今回はそのツアーについて紹介します。

 

ツアー概要

1泊2日のツアーです。プーノからボートに乗って、最初はウロス島に行きます。ボートにはトイレがついていました。その後アマンタニ島に行き、ホームステイします。二日目はアマンタニ島を出発して、タキーレ島に行きます。夕方、プーノに戻ります。

ツアー代金は約100ソレス。ホームステイ1泊、食事4食(1日目昼食から2日目昼食まで)、ガイド代(スペイン語と英語を話せる)、ボート代、訪れる3島の入島料、プーノのホテルから港までの往復送迎が含まれています。

 

トトラでできた浮き島、ウロス島

プーノからボートで30分ほどで、トトラという植物でできた浮き島、ウロス島に着きます。ウロス島では、住民がトトラについて説明をしてくれます。住民手作りのお土産も売っています。

ウロス島というのは一つの島ではなく、トトラでできた島の集団のことを言うそうです。トトラでできた小舟に乗って、別の浮き島に移動します。

トトラでできた浮き島に立つのも、トトラでできた小舟に乗るのも、なかなかできない経験ですよね。島はふわふわしていて不思議な感覚でした。

 

アマンタニ島ハイキングと夕陽

ウロス島からボートに2時間ほど乗って、アマンタニ島に着きます。アマンタニ島ではホームステイ先の家族が待っています。

ガイドの指示どおりに少人数グループに分かれ、各家庭に行きます。家に着いたら昼食です。

昼食後に簡単なトレッキングをし、夕陽を見てから下山します(参加自由)。

トレッキングといっても上りの所要時間40分程度の傾斜の緩い丘なので、気軽に登ることができます。道中には島民のおばちゃんが道端で作ったアルパカのセーターなどのお土産を販売しています。

頂上に着くと、丘の向こう側に美しい段々畑が広がり、その先に夕陽が沈んでいきます。お土産売りのおばちゃんはビールも売っており、観光客は思い思いにこの景色を楽しみました。

writer
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

RELATED

関連記事