ライター
えどまゆ 旅するマルチ・ポテンシャライト

西オーストラリア在住。カフェで働きながら、フリーランスとしてイラストや執筆活動などしています。住む場所や肩書にこだわらない「旅するマルチ・ポテンシャライト」な人生が目標です。美味しいものとカメラと魚釣りがすき。最近の愛車はキャンパーバンです。

こんにちは、オーストラリア在住・現地でバリスタとして働いているえどまゆです。日本では意外と知られていませんが、オーストラリアは「コーヒー先進国」なんです。

カフェ文化が人々の生活に深く根付いているため、早朝から空いているお店が多く、出勤前にコンビニに行くような感覚でカフェに立ち寄り、コーヒーや軽食を買う方の姿をよく目にします。

そんなオーストラリアのカフェに来て驚くのは、とにかく豊富すぎるドリンクメニューの数!まるでワインリストのように、コーヒーや紅茶、ホットチョコレート、アイスドリンクなどの飲み物が並んでいるので、何を頼もうか迷ってしまいがちです。

今回はオーストラリアのカフェで人気のメニューから、自宅でも再現できるホットドリンクのレシピを6つご紹介します。日本でもかんたんに購入できる食材やアイテムだけで作れるので、ぜひおうち時間のおともに試してみてくださいね。

多民族国家らしさ満点!オーストラリアのカフェドリンク

レシピの前に、まずはオーストラリアのカフェで提供されている人気・定番のドリンクメニューをご紹介します。世界中からの移民が多く暮らしているオーストラリアらしい、多国籍なラインナップが特徴です。

オーストラリアのコーヒーは白と黒に分けられる!?

カフェと言えば外せないのがコーヒーですよね。イタリアからカフェ文化が伝わったと言われているオーストラリアでは、「エスプレッソ」をベースにしたコーヒーメニューが一般的です。

エスプレッソをベースにミルクを合わせて作られたコーヒーは「ホワイトコーヒー」、お湯や水を合わせたコーヒーは「ブラックコーヒー」と呼ばれています。

日本のカフェで定番の「ブレンドコーヒー」や「アメリカンコーヒー」に近いものをオーストラリアで注文するとしたら、「ロングブランク」と呼ばれる、エスプレッソをお湯で割ったコーヒーが一番近い味わいです。

オーストラリアで「アイスコーヒー」は伝わらない!?

先ほど紹介した「ロングブラック」のように、コーヒーの呼び方が日本と少し異なるオーストラリア。実は「アイスコーヒー」も日本と全然違うんです!

日本でアイスコーヒーといえば、冷たいブラックコーヒーというイメージの方が多いかと思いますが、オーストラリアのアイスコーヒーは、アイスクリームやホイップクリームがたっぷり乗っかった、まるでフラッペのような超濃厚ドリンク!喉がカラカラのときに間違って注文してしまい、よけい喉が乾いた……なんてことにもなりかねないので、ご注意ください。

ちなみに日本のアイスコーヒーに近いものを飲みたいときは、エスプレッソを冷水で割った「アイスロングブラック」を注文するのが正解!甘みを足したい場合、ガムシロップは用意していないお店がほとんどなので、「お砂糖入りで」と注文して作ってもらいましょう。

たっぷりサーブされるのが嬉しい◎紅茶も種類豊富

イギリス文化が強く根付いているオーストラリアでは、もちろん紅茶も人気のカフェメニューです。一番ポピュラーなのは「イングリッシュブレックファストティー」と呼ばれるブレンドティー。他にもアールグレイティーや日本でも人気の高い緑茶(グリーンティー)、ペパーミントティーなどのハーバルティーも種類豊富に揃えているカフェが多くあります。

紅茶はティーポットに入れてたっぷりとサーブしてくれるので、カップで2~3杯楽しめるのも嬉しいポイントです。

スイーツ感覚で飲みたい!リッチなホットドリンクたち


コーヒー・紅茶以外のドリンクメニューが充実しているのも、オーストラリアのカフェの特徴です。甘いドリンクでホッと一息つきたいときには、ホットチョコレートやチャイラテがおすすめ!

他にもカフェによっては、日本でもおなじみの「抹茶ラテ」、スパイシーな風味がくせになる「ターメリックラテ」、鮮やかなピンク色が目をひく「ビーツラテ」など、ちょっと変わったドリンクメニューを揃えているお店もあります。

オーストラリア風おうちカフェを楽しむために揃えておきたい食材や道具

ここからは、より本格的なオーストラリアのカフェ風ドリンクをお家で作るときに揃えておきたい食材・アイテムを紹介します。

エスプレッソはフリーズドライのコーヒーで代用

エスプレッソをベースに作られるオーストラリアのカフェドリンクですが、自宅にエスプレッソマシンを用意するのは大変ですよね。そんなとき、エスプレッソのように風味豊かなコーヒーを自宅で手軽に楽しむのなら、フリーズドライのコーヒーがおすすめです。

牛乳?豆乳?気分に合わせて選びたいミルク

牛乳のほかに豆乳やアーモンドミルクなど、植物性のミルクを使って味に変化をつけるのもおすすめです。オーストラリアでは近年、ソイミルク、アーモンドミルク、オーツミルク、ココナツミルクなど、種類豊富な植物性ミルクを扱うカフェが増えています。

ミルクスチーマー・ミルクフォーマーはマストハブ!

オーストラリアのカフェドリンクをおうちで再現するときに欠かせないのが、「ミルクスチーマー」「ミルクフォーマー」と呼ばれる、ミルクを温めたり泡立てる道具です。

こちらは私が自宅で使用している「ベルマンCX-25」というストーブトップ(直火式)のミルクスチーマー。エスプレッソも抽出できるので、本格的なおうちカフェを楽しみたい方にもはおすすめですが、ここまで本格的なものを用意しなくてももちろん大丈夫です。手軽なミルクフォーマーならば100均でも購入できるので、ぜひひとつ入手しておきましょう!

トッピングにも一役買うココアパウダー

ホットチョコレートとして飲むのはもちろん、コーヒーと合わせたりトッピングにも使えたりするココアパウダーも必需品。製菓用の無糖のものではなく、手軽に購入できる加糖のココアパウダーでOKです。

自宅で本場の味を楽しむなら!チャイの茶葉

マサラチャイ(スパイスチャイ)、バニラチャイ、ルイボスチャイなど、意外と種類の多いチャイの茶葉。チャイラテとしてはもちろん、普通の紅茶のようにティーポットで淹れて飲むこともできるので、お家にあると重宝します。

ライター
えどまゆ 旅するマルチ・ポテンシャライト

西オーストラリア在住。カフェで働きながら、フリーランスとしてイラストや執筆活動などしています。住む場所や肩書にこだわらない「旅するマルチ・ポテンシャライト」な人生が目標です。美味しいものとカメラと魚釣りがすき。最近の愛車はキャンパーバンです。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング