世界20周した旅人が選ぶ「海外旅行の持ち物」を大公開

Pocket はてブ

数ある旅行系記事で、よく目にする話題と言えば「旅の持ち物」ですよね。たくさんの旅グッズが並べられて紹介されてるわけですが、「本当にそれ必要か?」と思ったことありませんか?

とは言え、旅に必要な持ち物はその人によって異なり、行先や目的、時期によっても違うでしょう。そこで、「おすすめの旅グッズ」ではなく、今回僕が行ってきた東南アジア13日間 バックパッカーの旅に持っていった荷物を全公開したいと思います。

旅人生21年、世界20周した旅のプロがどんな旅グッズを選び、持っていったか? バックパッカーの旅を計画されている方の参考にして頂ければと思います。

 

僕の旅のスタイルと、僕が旅に求めていること

_DSC0375
photo by Yasuki Hashiba

まず最初にこのお話から。何故って、旅に何を求めていて何を重視しているか?によって持ち物が変わるからです。つまり僕が持参する物は誰にでもおすすめ出来るわけじゃないということです。

ということで、まずは僕のスタイルを理解してもらった上で、あなたにとって必要か必要ではないかの判断をしてもらえればと思います。

 

僕がバックパッカーの旅で求めていることや重視していること

・出来るだけ荷物を減らしてバックパックを軽くしたい
・バックパッカーの旅とは言え、小汚い格好は嫌。色あせたヨレヨレのTシャツとか無理
・安くても汚い宿には泊まらない
・旅先で120%満喫したいので、それなりに情報は調べて持参する
・安全に関するリスクは極力減らす
・ところどころで連泊するようにして予定を極端に詰め込まない
・基本は節約だけど、質を求める部分ではお金を出す
・綺麗な写真を撮りたい
・旅先で得た情報や支払った旅費はきちんと記録する

 

荷物に関係することに限ればこんな感じです。ごく普通のスタイルだとは思いますが、最後の2つは僕ならではの事情(趣味&仕事)が強いので、「ふ~ん、そうなんだね」と読み流してもらって良いと思います。

 

僕が愛用しているバックパックと町歩き用のバッグ

DSCN7250
photo by Yasuki Hashiba

この2つのカバンで、東南アジア13日間の旅をしてきました。僕がこれまでに行ってきたバックパッカーの旅は、全て小型バックパック+3Wayバッグの組み合わせです。

バックパックの容量は30L。かなり小さめですが、このバックパックで最長6か月間の旅をこなしてきました。ちなみにこのバックパック、僕が本格的に?バックパッカーになった20年前に購入したバックパックで未だ健在です。

参考:バックパックの選び方とおすすめのバックパック

 

そして町歩き用の3Wayバッグ。大きさは一般的なビジネスバッグと同じサイズで、A4ファイルがスッポリと収まる大きさです。

このバッグは今年に購入した新入りですが、過去も同じタイプの3Wayバッグが僕の定番。場面に応じた使い方ができてとにかく便利です。

 

2つのバッグの背負い方

DSC9761
photo by Yasuki Hashiba

2つのバッグの持ち方ですが、バックパックは腰ベルトしっかりと締めて背負い、3Wayバッグはリュックスタイルにして前に掛けます。僕の長距離移動はいつもこのスタイルです。

両手が空くのでチケットを買ったり記入をしたり、移動をしながら撮影もできるなど細かな動きが出来るので便利。実際に欧米人パッカーもこのスタイルの人をよく見かけます。

 

バックパックの中身の全て

DSCN7175
photo by Yasuki Hashiba

この写真に写っているものが全てです。暑い気候の国で13日間の旅であればこれくらいで十分です。

では、写真に写っている物を左側から具体的に書いてみます。

・服3着と膝丈のズボン1着(汚れ防止とスペース確保を目的に圧縮袋に入れてます)
・3口タップ(コード長30cm)
・殺菌ジェル(先進国の場合は持っていかない)
・ポケットティッシュ1つ
・ヘアーブラシ
・折り畳み傘(アルミ製の超軽量)
・ポケット三脚
・ボールペン1本
・アーミーナイフ(最少タイプ)
・一眼レフのレンズ用フィルター
・小型の南京錠1個(バックパックや安宿のロッカーに使用)
・洗濯ヒモ(100均のフック付き)
・マウスウォッシュ
・髭剃り
・蚊よけスプレー
・日焼け止め
・シャンプー
・シャツ、パンツ、靴下を各3つ(白いビニール袋の中)
・ハンドタオル
・洗濯用粉石けん(封を切ってもこぼれないようにラップ巻き)
・サンダル

 

バックパックの重量を加えても5Kg程度。このくらい軽いと本当に身動きが楽で、バックパック背負ったまま観光だってできますよ。飛行機に預けるので、基本的には空港や機内では絶対に使わない物や壊れにくい物を詰めるようにしています。

_DSC9759
photo by Yasuki Hashiba

ちなみに服や下着類が3着ずつですが、これは現地で洗濯することが前提。主に連泊する宿で洗濯していますが、スケジュールによっては1泊だけでも洗濯することはあります。

暑い国なのでしっかり脱水をすれば1晩である程度乾きますし、下着類であれば生乾きの状態でも着ちゃいます。2時間もすれば体温で乾くんです。生乾きの状態でバックパックに入れてしまうと蒸れて雑菌が繁殖し、匂いがきつくなるだけで絶対に乾きません。それならば着てしまった方が清潔です。

 

その他、今回は暑い国だけなので、シャツとパンツのまま寝ることを想定してパジャマは持っていかず。

ちなみに男女共用ドミトリーであっても欧米の女性はシャツとパンツで寝ていることは結構あります。それでは抵抗があるということなら、なるべく薄くて軽い物を用意すればOK。荷物にならないですし、洗濯しても乾きやすいです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

海外旅行情報サイト『トラベラーズカフェ ワールドギャラリー』代表。海外渡航回数は120回以上、旅の総延長距離は世界67周以上の実績を持つ旅のプロフェッショナル。世界5大陸 56ヶ国・570都市以上…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

持ち物

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品