editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

ベルギーに旅行に行ったら、何をしたいですか?

絶景を見る旅もいいし、現地の美味しいグルメも堪能したい。本記事ではPAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されている、ベルギーでしたいことをまとめました!

読んだあとは、きっとベルギーに行きたくなっているはず。

 

ベルギー観光のお土産を買う

photo by josefkubes/Shutterstock.com

ジュドバル広場蚤の市

ベルギー最大規模、そして毎日開催している蚤の市。プロ目線で掘り出しものを探しに繰り出す。

 

ベルギーのグルメを味わう

photo by Hiroko Sasaki

本場のベルギーワッフル

サクサクのブリュッセル式と、しっとりリエージュ式がある。考えられない量のクリームと一緒にどうぞ。美味しすぎて頰が落ちそうな超有名なチョコレートと一緒に、お昼すぎに食べるのが良いでしょう。

photo by ①Saki Miyagi ②Mikel Trako/Shutterstock.com ③Maki Yamamoto ④Misaki Naka

①ブリュッセルのショコラティエ♡

チョコレートの本場で、日本でも耳にしたことがある老舗店から高級店まで、甘い香りにつられて食べ歩き。

②食通が訪れる町デュルビュイ

食通にも愛される世界一小さな町。ワインによく合うイノシシのジビエ料理を食べて、グルメを満喫。

③ベルギー名物ムール貝

ブリュッセルでベルギービールで乾杯したあとは、バケツいっぱいのムール貝をシェアして食べたい。

④フライドポテトの元祖・フリッツ

カリカリホクホクの二度揚げポテトに、特製ソースを存分にかけて食べる。(基本はマヨネーズ)

 

ベルギーでしたいアクティビティ

photo by hossakuraworld

興奮度120%のTomorrowland

EDMの祭典。世界最大級の音楽イベントに参加して、盛り上がる会場の雰囲気にのまれたい。チケットの取得が非常に難しいことから、行くと決まれば様々な方法をネットで検索し、オンラインでチケットを取っておこう。

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事