writer
kawate akitsugu 飛行機をつくる会社で働いています

旅の魅力に気付くことなく過した大学4年間を後悔。そんな想いを他の学生にはしてほしくないと、池上彰氏などをゲストに招き「tavinavi」を開催。700人の学生に旅の魅力を伝える。その後、自身も13カ国を周遊。旅行中に何度も乗った飛行機が好きになり、現在は飛行機をつくる仕事に従事する。

旅に長時間フライトはつきもの。さらにトランジットで3,4時間待ちなんてことも!フライトで疲れてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、最近就航をはじめたBoeing787という最新鋭飛行機は、トランジット待ちを解消し、長時間フライトでも快適に過ごせる画期的な飛行機なのです。今回はその魅力をわかりやすくご紹介します。

 

 

乗り継ぎなんていらない!目的地までひとっ飛び!

飛行機

Photo by Artem Katranzhi


よく飛行機を鉄の塊が空を飛ぶなんて言いますが、実は最新鋭飛行機は金属(鉄)じゃないんです。

金属じゃなくなると何が変わるかというと、もの凄く軽くなり、燃費が断然良くなります。そのため、今まで行けなかった遠くの空港までも飛んで行けるようになったんです。

これで、空港で乗り換えのため数時間トランジットしなきゃ…なんてことも解消できるんです!

 

初体験!加湿器付きの飛行機!だから、のどが乾わかない!

最新鋭飛行機は機体が金属ではないため錆びません。なので、客室を十分に加湿することができます。これで快適な客室を実現!飛行機に乗ると喉が渇くなんてこともなくなっているのです。

writer
kawate akitsugu 飛行機をつくる会社で働いています

旅の魅力に気付くことなく過した大学4年間を後悔。そんな想いを他の学生にはしてほしくないと、池上彰氏などをゲストに招き「tavinavi」を開催。700人の学生に旅の魅力を伝える。その後、自身も13カ国を周遊。旅行中に何度も乗った飛行機が好きになり、現在は飛行機をつくる仕事に従事する。

RELATED

関連記事