ライター
kawate akitsugu 飛行機をつくる会社で働いています

旅の魅力に気付くことなく過した大学4年間を後悔。そんな想いを他の学生にはしてほしくないと、池上彰氏などをゲストに招き「tavinavi」を開催。700人の学生に旅の魅力を伝える。その後、自身も13カ国を周遊。旅行中に何度も乗った飛行機が好きになり、現在は飛行機をつくる仕事に従事する。

 

フライト中に耳が痛くならない!

フライト中、特に離着陸の時、耳が痛くなった経験はありませんか?耳が痛くなる原因は、飛行機が空高く上がったり下がったりすることで起きています。

しかし、最新鋭飛行機には飛行機の高さとは異なった富士山の半分の標高を登ったり降りたりする感覚にさせる技術が搭載されています。

そのため、昇降の差が小さくすむので耳が痛くなりにくいのです!

 

壮大な空を独り占め!窓がすごく大きい!

景色

Photo by Shutterstock


最新鋭飛行機の窓は、従来の飛行機に比べて一回り大きいのです。そのおかげで窓側でなくても美しい空の景色を眺められるようになりました。

窓側になった人は超ラッキー!大きい窓で壮大な空の景色を十分に楽しみましょう。また、大きいだけではなく、ボタン1つで窓の透明度を5段階で変化させることができるので太陽の光が眩しいときなどは、透明度を下げ遮光することも可能なのです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。LCCの飛行機とは異なり様々な点に費用をかけている分航空券の価格も上がってしまいますが是非一度、最新鋭飛行機を体感して、まだ見ぬ世界に出かけてみてはいかがでしょうか?

 

ライター
kawate akitsugu 飛行機をつくる会社で働いています

旅の魅力に気付くことなく過した大学4年間を後悔。そんな想いを他の学生にはしてほしくないと、池上彰氏などをゲストに招き「tavinavi」を開催。700人の学生に旅の魅力を伝える。その後、自身も13カ国を周遊。旅行中に何度も乗った飛行機が好きになり、現在は飛行機をつくる仕事に従事する。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング