ざ出発!

飛行機の乗り継ぎを使って観光をする方法

ざ出発!
Pocket はてブ

節約旅行に飛行機の乗り継ぎは付き物ですが、乗継時間が長いのもしんどいですよね…ではその間に市内観光へ出かけませんか?旅を最大限に楽しむために、乗り継ぎ先で観光をする方法をまとめました。

 

用意するもの

-Eチケット
-乗り継ぎ先の観光地情報(ガイドブック)
-現地通貨

 

STEP1:観光出来るか否かを判断しよう!

トランジットの間に観光出来るか否かを判断しよう

photo by xlibber

観光に出かけたものの、乗るべき飛行機を逃してしまった!なんてことがあったら大変ですよね。まず、観光に出るか否かを決める際の3つの判断基準をお教えします。

 

①乗継時間は最低でも4時間以上

乗継地点に到着してから、次に乗る飛行機までの時間を確認しましょう。4時間以上あれば出かける時間があります。それ以下の場合は、時間内に戻ってこられない、もしくはほとんど観光する時間が無いのでお勧め出来ません。

 

②乗継国の入国ビザを調べる

発着が多いハブ空港であれば、大体の国が日本人の入国ビザを必要としませんが、例外もあります。例えばロシアは空港内の乗り継ぎだけならビザは要りませんが、入国する際は日本のロシア領事館で取得したビザが必要となります。また、カタールは到着してから空港で入国ビザを取得出来ますが、費用が100カタールレアル(3000円前後)程かかります。しっかりと乗り継ぎ先のビザ事情を調べて検討しましょう。

 

③空港から観光地への距離を把握する

日本でも成田空港から首都圏が少し遠いように、入国したものの、観光地に着くまでの時間が長いことがあります!その場合観光の時間が短くなってしまうので、しっかりと乗り継ぎ国の観光地の場所およびそこまでの所要時間も調べる必要があります。

 

以上の3つの注意点をクリアすれば、観光に出かけられます!行きたい観光スポットを調べ、余裕のある計画を立てましょう。尚、短い時間ではありますが、万が一の時のためにガイドブックは持っていた方が良いと思います。

 

STEP2:では入国ゲートへ!

では入国へ!

photo by shankar s.

飛行機に乗って乗り継ぎ先へ向かう前に一つ確認すべきことが!それが【荷物】です。まず、出発地点のチェックインカウンターにて、預け荷物が最終地点での受け取りかどうか確認しましょう。

ほとんどの場合そうなのですが、稀に乗継先で一旦荷物を受け取ることもあります。また、前者の場合、乗継で出かける際に機内持ち込み手荷物しかないので、観光に必要な物は手荷物に入れておきましょう。

荷物も大丈夫ということであれば、乗継地点へ!到着したら、乗継ゲート(Transfers)の方向ではなく、到着ゲート(Arrivals)に進みましょう。逆にここで乗継カウンターへ進んでしまうと、入国は出来ず、ゲートで次の飛行機をずっと待つことになります。到着ゲートに進みましたら、入国審査や税関を通り、入国出来ます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

宇多 将太郎
宇多将太郎
欧米育ちで顔がアラブな日本人大学生
早稲田大学4年生。冒険と野生動物と海外ドラマが大好き!大学卒業までに30か国制覇目指してます。アマゾン川でイルカと一緒に泳ぎたい!

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ピックアップ