裸。砂漠。カオス。世界一周の初日、世界最大の奇祭「バーニングマン」に行ってみた。

Pocket はてブ

Text by 恩田倫孝

はじめに:
 
これは、僕が旅中で「理想郷」だと感じたお祭り「バーニングマン」の体験記です。たぶん、初めて聞く人も多いと思うけれど、何かしら感じること、考えるきっかけになる場所だと思います。

 
ぜひ、記事を眺めるだけでもいいですし、もし興味をもったら実際に行ってもらえると嬉しいです。本当に印象に残る空間だったので。
 

それでは、進めていきますね。

 

「さいきんは、どんな旅をしたい?」

なんてことを突然ぼくは聞かれた。

「どこだろう…。なんか少し変わった旅かなあ」

 

それは、社会人2年目の春だった。

少し仕事にも慣れてきた。でも何だかもんもんとして、言葉にできない不安に押しつぶされそうで、とにかく遠くに遠くに行きたいと思っていたことがあった。この日常から離れた場所へ。物理的にも心理的にも。

ちゃんと「自分」というものを整理したかったのかもしれない。

家に帰ってきて、お酒を飲みながら「旅・超刺激的とか、旅・カオス」みたいなキーワードで検索を始めた。ページをスクロールしていると、何かを発見した。

「世界最大奇祭・バーニングマン」

googleの画像検索をして見ると、なんだか世界の果てみたいな画像がたくさん出てくる。

発見したとき、「何なの、これ?やばくない?」とふふって笑っていた。聞いたこともない。もちろん、周りで行ったことのある人もいない。でも、僕は直感で「ああこれだ、求めたのは」なんて感じて、このバーニングマンに行くことを決めた。

なんか、想定しないことが起こりそうだと思って。なんか、こういう日々を求めていたんじゃんって。

そして、行きかたを少しずつ調べ始めた。

 

ただ、チケットを取るのが大変…

「バーニングマン」に参加するには、チケットが必要なのです。(主催者がいるんです)そして、チケットを取るのが大変。もちろん、全く知りませんでした。調べたのは、5月頃。開催が8月なので3ヶ月前。この時、全てのチケットがソールドアウトでした。(ってか人気なんだ、このお祭り…というのが正直な気持ち)

色々なタイプのチケットがあるのですが、最初に販売されるチケット(1月頃から販売される)は1時間で売り切れると言います。そして、サイトが全部英語なのでやや抵抗感もあります。


2018年の日程は、8月26日(日)〜9月3日(日)

僕がチケットを探し出した5月頃には、もうチケットが見つからなくてがっかりしてました。※チケットは大体400ドル位。

そして、藁にもすがる思いで、twitterに「バーニングマンのチケット欲しい」とつぶやきました。そしたら、奇跡的にリプライが来てバーニングマンに何度も行ってる方から色々と教えてもらい、僕は本当に偶然にもバーニングマンに行けることになりました。(チケットを持ってる知り合いの人とつないでもらえたんです)

 

バーニングマンの日本人コミュニティに助けられた

日本で一番大きいバーニングマンのコミュニティ。こんなコミュニティがあるんです。

Burninja

この団体が日本でmeet up(バーニングマン好きな人達の交流会です)をよく開催してます。ここで、一緒に行くメンバーを探したり、情報を集めたりしました。そして、チケットを譲ってくれる人が現れたりします。(定価です)

是非、興味ある人はこちらのfacebookグループをチェックしてみて下さい!やはり、バーニングマンに行く人はちょっと変わっているのですが、みんな何かを楽しみたいという気持ちがいっぱいの気持ちいい人が多かったです。

英語が出来る方は、こちらを是非見て下さい。


※世界最大のバーニングマンコミュニティです。

そして、こちらがバーニングマンの公式サイト。毎年変わりますが、かっこいいですね。

僕のバーニングマンの旅の概要

こちらは、さらっと書きます。

-旅行時期:2013年:8月26日〜9月5日
-旅行日程:7泊8日
-誰と行ったか:友達と2人で
-移動手段:レンタカー※リノの街でレンタルしました

バーニングマンの開催時期は、8月第4週の月曜日から9月第1週の月曜日までと決まってます。場所は、ネバタ州の砂漠。(ほんとうにただの砂漠)

社会人の人も大丈夫。夏休みをとって、ギリギリいけるレベルだと思います。もし、どうしても全日程いけないなら後半の日程をおすすめします。

会場までの行き方は、サンフランシスコかロサンジェルスからレンタカーで移動する人が多いです。数時間程のリノという街に移動して、買出しをしてからバーニングマンの会場(砂漠)へと向かう訳です。

さて、もっと色々バーニングマンの事を紹介して行きますね。

 

バーニングマンの歴史は、西海岸から始まった

砂漠で行なわれるフェス、バーニングマンとは?

「バーニングマンって何?」ということを説明することはとても難しいです。僕が理解・把握している範囲で書こうと思う。(もっと詳しいかた、色々教えてください)

1986年から開催され続けている音楽とアートの祭典です。「フェス」と聞くと、「音楽がガンガン鳴り響いてるお祭り」というイメージですが、バーニングマンにとって音楽の要素はほんと一部だけ。みんなで作り上げる自由なお祭り。生活を楽しむお祭りと言った方がが正しいような気がします。

元々は、アメリカの西海岸でヒッピーの方々が集まって作ったようです。1960年代の全盛期のヒッピー文化から20年後。価値あるのって、お金だけじゃないじゃん、もっと愛とか自由とかあるじゃんって。ヒッピーの歴史について興味のある方はこちらの本がおすすめ。

◎ザヒッピー

バーニングマンの期間は1週間。(結構ながい)会場はアメリカネバダ州の砂漠を「ブラックロックシティ」と名付けていますが、普段はただの砂漠です。本当にただの砂漠。何も無い。ときどき砂塵のようなものが現れて目の前が本当に何も見えなくなります。

そして、規模は参加者6万人超(2013年)※1986年の参加人数は100人程度で、毎年増加してます。2018年は7万人近くのようです。どんどん、規模が拡大されております。

人は多いですが、会場はめちゃくちゃ広いので混み合っている印象はありません。(ちなみに会場内での移動手段は、みんな自転車です)あまりイメージできないと思うのですが、1週間ものあいだを砂漠の中で生活をする事になります。そして、お金が一切使えないんです。「売買」という行為はこの一週間行われません。そう。このバーニングマンには、色々な特殊ルール/文化があるんです。

 

 

色々なルールの紹介。合い言葉は、NO SPECTATOR(傍観者であるな)

バーニングマンの合い言葉は、NO SPECTATOR(傍観者であるな)

お祭は、基本的に僕らは参加者として見ていることが一般的かと思います。音楽を聞く。トークを聞く。まず、この前提が違うんです。(何言ってるの?という感じですよね)

とにかく、自分達が全てやってなんぼ。全部自分でやりたい事やろうぜ!NO SPECTETER(傍観者であるな)という共通精神なんです。参加者自らが参加してバーニングマンを作り上げます。基本的にバーニングマンの中で何をしても良い。参加者総動員でお祭りをつくりあげるんです。

 

ただ、この与えられた完全な自由というのは、結構難しい。だって、何をやればいいのか分からないのですから。

自分でバーを出している人。リラックスエリアを作っている人。オブジェを作る人。
仮面を出している人。なんでも。

なので、バーニングマンに行く前にはこのお祭りでどんな事をしようと考えて、「表現」を何かしらすることになります。

 

GIVE&GIVE&GIVEの精神

バーニングマンはGIVE&GIVE&GIVEの精神

これは、僕がいいなあと感じたスピリットです。

バーニングマン精神で大切なことの1つ。それは、なんでも自分が与え続けること。見返りを求めない、give&takeを超えた、一方的な「相手に与えるだけ」という精神。何かを貰っても、「ありがとう!」これで行為は完結します。多くの「give」だけが行われてます。この会場内ではお金が使えません。そして、物々交換という考えでもありません。

 

見返りを求めずに、与え続けることって普段中々出来ないと思います。ただ、この空間にいる人はそれをみんな当たり前にやっている。だから、すっごい気持ちがいい。

みんなで作り上げる理想郷「バーニングマン」。お金も一切使わない。好きなことだけをやる。そんな場なのです。

自分も楽しみ、相手も楽しませる。素敵な世界じゃないですか?

※誰かのためにってどんな価値観?ということに興味あるひとは、こちらのイスラームの本がおすすめ。利他とか、所有とかの考えについて踏み込まれてます。

◎一神教と国家 イスラーム

基本的に会場では何をしているの?

これが一番気になりますよね。こんなお祭りで1週間もいて何してるのって。

もちろん、朝はちゃんと起きるし、夜も寝ます。朝から晩まで、基本的にあらゆる方向で色々なことをやっています。

砂漠で行なわれるフェス、バーニングマンとは?

そして、夜は巨大なクラブみたいな感じになります。光が飛び交い、音が飛び交います。2013の時は、まるで宇宙の様な感じ。(行ったことないけど)

バーニングマンの合い言葉は、NO SPECTATOR(傍観者であるな)

夜の音楽の音は尋常じゃありません。音の大きさでキャンピングカーが常に揺れている程に音が大蛇の様にうなっております。地鳴りです。

何をするのかをざっくり言うと、大きな会場をまわって、誰かが作った作品を見て、コンテンツを楽しんで、音楽を聞いて、飲んで、笑ってというような感じです。大きな街を探索して楽しむ1週間です。1週間、僕らは砂漠で生活をするのです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

恩田倫孝
東南アジア顔です。
1987年生まれ/新潟出身/慶応大卒業後、商社入社。社会人開始と同時に、シェアハウスを始める。2013年8月に世界一周へと出発。アメリカの砂漠での奇才フェス「バーニングマン」を旅のスタートに、90…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アメリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品