怖すぎる世界四大廃墟の一つ「旧ブルガリア共産党本部」がまるで異世界に来たかのよう

Pocket はてブ

東ヨーロッパに位置するブルガリア共和国にある「旧ブルガリア共産党本部(共産党ホール)」は、世界四大廃墟のひとつであり、廃墟マニアの間では有名な巨大建造物です。この廃墟は、UFOを連想させるようなSFチックな外観から「ブルガリアのUFO」と呼ばれ、廃墟マニアでなくとも訪れる観光客が後を絶ちません。

今回は、私が現地に行って「こんな光景、ネットの画像じゃ見なかった!」というちょっと怖すぎる「旧ブルガリア共産党本部」の全貌をご紹介します。

 

世界四大廃墟のひとつ「旧ブルガリア共産党本部」とは

photo by Shutterstock

ブルガリアの首都・ソフィアから200kmほど離れた場所に位置する、ブズルジャ山の山頂に、かつてこの国に存在していたブルガリア共産党の本部となっていた建物が、廃墟となって残っています。

この建物は、旧ソ連時代の1981年に完成し、以後約10年に渡って共産主義のトップが集まる首脳会談などに使用されていました。

ソ連の崩壊と共にブルガリア共産党が解散した後は、博物館や記念碑として、地元の人々が訪れる場所となっていましたが、1990年代に経済難などの理由から警備員を解雇。

photo by Shutterstock

警備員がいなくなると同時に、壁の装飾に使用された金属類や、天井に使われた高価な銅は盗まれてしまい、さらに風化による劣化で廃墟となってしまいました。

現在建物の内部には入れませんが、当時の権力を誇示するかのような巨大でUFOを思わせる一風変わった外観は、廃墟マニアや建築家、観光客に人気のスポットとなり、近隣の町から出るツアーもあります。

 

旧ブルガリア共産党本部へは絶対にツアーで

photo by SHIHO

共産党本部は、田舎のさらに山の頂上にあります。

この建物の保護を目的とした団体のホームページによると、「シプカ」と「カザンラク」という町からからバスが出るとのことで、実際にシプカに行きましたが時刻表等の情報が一切ありませんでした。

私が訪れた当時はあまりこの地の情報が無かったため、シプカから徒歩とヒッチハイクで行ったのですが、オフシーズンということもあり、人通りも無く非常に危険だと感じました。絶対にツアーで行きましょう!

photo by SHIHO

シプカの町の中心から、共産党本部のある山頂までは約20kmあり、山頂へ向かう車はほとんどありませんでした。

シプカは観光案内所も無い非常に小さな町の上に、オフシーズンだったせいか、ツアーは観光されていませんでした。ツアーは後ほど紹介する「ヴェリコ・タルノヴォ」という町から出ています。

 

霧の中に浮かび上がる巨大なUFO!

photo by SHIHO

何とか無事山頂に着いたものの、見渡す限り霧に覆われて真っ白!2,3メートル先が何にも見えません。一人でしたし、この時点で非常に怖くて引き返そうか迷ったのですが、ブルガリア旅行の最大の目的がここへ来ることだったので、そろそろと足を進ませます。

photo by SHIHO

ゆっくりと歩いて行くと、正面に崩れたゲートのようなものが見えました。この先に建物があることは分かるのですが、とにかく怖かったため、ゲートの外で霧が晴れるのを待つこと数分。

photo by SHIHO

風が霧を取り払い、その隙間からついに姿を現した旧ブルガリア共産党本部。立ち込める霧が建物の土台を隠し、本当に宙に浮かぶ巨大なUFOのよう。ぼや~っと現れたその姿もまたSF映画さながらで、今まさに動き出すのじゃないかと感じるほどでした。

photo by SHIHO

建物に近付くにつれ霧が晴れてきたのですが、晴れたら晴れたでその巨大さがあらわとなり、押しつぶされそうになるかのような圧迫感がとにかく怖い……。と思うと同時に、この世のものとは思えないような、異質な絶景に鳥肌が立ちました。

photo by SHIHO

やっとの思いで正面玄関に到着。

photo by SHIHO

入り口は入れないように、頑丈な鉄柵で塞がれています。

photo by SHIHO

この円盤型のドームは直径約42メートル、ドームに併設された塔は高さ約70メートルもあります。

photo by SHIHO

塔の尖端は霧に覆われて見えませんでしたが、かつてはシプカ峠を一望できる展望台として、多くの人を集めていたそう。現在は警備員が常駐し、建物内部には入れませんが、入れる時期に撮られた写真がこちらです。

photo by Shutterstock

天井にデザインされた共産党のシンボルマークである「鎌と槌(つち)」。

photo by Shutterstock

マークの周囲を囲んでいる文字は、1848年に共産主義のリーダー・マルクスとエンゲルスによって書かれた書籍「共産党宣言」の一文で「万国のプロレタリアート(労働者)よ団結せよ」という意味です。

photo by SHIHO

帰りに山道を下っていると、霧の晴れ間から共産党本部を遠くから見ることができました。塔の先にデザインされた星もまた、共産党のシンボルマークなのです。

ちなみに晴れた日だともっと明るいので、それほど怖さは感じません。

photo by Shutterstock

訪れるなら冬以外がいいかもしれませんが、私のようないかにも廃墟らしい少し陰気な光景を見たいのであれば、人を集めてみんなであえて冬に行くのもいいかもしれませんね。

photo by SHIHO

天候が悪いというだけで、これほど恐怖心を抱かせる光景も凄いと思います。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

旅と猫をこよなく愛し、訪問国は70ヶ国以上。猫が多い町では観光せずに猫を追いかけ回しがち。未承認国家や小国、奇祭や廃墟などマニアックな場所を好むため、写真映えする女子旅にやや憧れを抱いている。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ブルガリアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品