「セブ・パシフィック航空」はフライト中からフィリピン気分!?

提供 : Cebu Pacific Air
Pocket はてブ

こんにちは。TABIPPOのアラシです。今、成田空港第2ターミナルにいます。これから1年ぶりに、大好きなセブに行ってきます!

セブは気軽に行ける南国ということもあり、日本人に大人気です。海外経験の少ない方から旅慣れた玄人まで、幅広い旅人に愛されるリゾート地なのです!

 

大学生の時にセブに語学留学をした際にセブの魅力に取り憑かれて以来、定期的に訪れている僕。

観光もせず現地の友達とビールを飲むだけですが、セブにいるだけで幸せな気持ちになれます。今回のセブ旅行も、友人たちとフィリピンビールに会うのが楽しみです!

 

さて、今回僕が乗るのはLCCのセブ・パシフィック航空

乗り換え嫌い&できるだけ航空券を安く済ませたい僕にとって、成田-セブの直行便があるLCCのセブ・パシフィック航空はぴったりなんですよね。乗り換えって暇だし面倒だし、一人だと無駄に不安になっちゃうことってありませんか?

飛行機に乗り慣れていない方には特に、直行便はオススメです。

 

セブ・パシフィック航空ってどんなエアライン?

成田からのセブへの所要時間は約5時間。

現在はアジアはもちろん、オーストラリア(シドニー、メルボルン)やグアムなど26の国際就航路線と37の国内就航路線を持ち、フィリピン全土に幅広いネットワークを構築しているフィリピン最大の航空会社です!

セブ・パシフィック航空は2008年に関西-マニラ路線の就航を皮切りに日本市場に参入し、2018年現在では東京(成田国際空港)、関西(関西国際空港)、名古屋(中部国際空港)、福岡(福岡空港)の4空港で、マニラへの直行便および、東京発セブ島行きの直行便が計約35便、毎週運行しています。

なので、日本からマニラ経由であれば、フィリピンの世界で一番美しい島、パラワン島や昨年に観光客受け入れを再開したボラカイ島に行けるので、気楽にアイランドホッピングをしてフィリピンを最大に楽しむことができあます!

 

いざ搭乗!

シートはこちら。

「セブ・パシフィック航空はLCCだから座り心地悪いんじゃないの?」
「短時間の国内線なら我慢できるけどさすがに国際線は辛そう…」

なんて心配は無用です。。クッションが効いており足元も広々としています。これなら5時間のフライトでも疲れがたまらずに過ごせそうですね。安心。

ほら、お隣の方の足元もこーんなにゆったり。荷物を置いても全然窮屈には感じません。

足元に本やPC、カメラやペットボトルのお水など、大量に荷物を置いておきたいタイプの僕。これぐらいゆとりがあるとストレスなく空の旅を楽しむことができ嬉しいです!

安全のしおりはイラストがかわいくて、楽しみ&和みながら非常事態に備えることができます。

セブ・パシフィック航はほかの航空会社同様、国際安全監査プログラムIOSAより認定されているので、安全管理体制はしっかりしています!

 

CAさんのアナウンスが始まりました

photo by セブ・パシフィック航空

客室乗務員(CA)さんの制服は、セブ・パシフィック航空のメインカラーである黄色と緑と青を基調としています。Tシャツにジーンズまたはタイトスカートという、南国らしいラフでかわいいスタイルですね。

キュートな笑顔が素敵で、もう快適なフライトは約束されたも同然です。

その後も定期的に機内を巡回している客室乗務員さんは「ゴミはないですか?」とか「何かあれば言ってくださいね」とこれまた満面の笑み&優しさ全開でめちゃくちゃ気を遣ってくれました。もう好きになりそう。

 

機内食を注文してみました

機内食はフィリピン料理をメインに、幅広く取り揃えられています。フライトの時間によってはお腹が空くと思うので、頼んでみるのもいいかもしれません。

僕は今回、到着するよりも一足先にフィリピンへの旅を楽しむために注文してみました。それがこちらだ!

牛肉のカシューナッツ煮込みです。フィリピン料理の一つで、現地ではカレカレと呼ばれているそうです。

牛肉は暖かくてほろほろで、野菜もほっくほくで柔らかい。どちらにもソースの味がしっかり染み込んでいてめちゃくちゃ美味しいです!

お米はもちろんタイ米。タイ米を食べると「うおおお海外きたああ」ってなるのは、僕だけでしょうか?

そして何よりフィリピンの有名なジュース、「C2」がついてくるのが最高(赤色のパッケージはりんご味)。もう心はすっかりフィリピンモードです。

往路でちょっとお金を払って機内食を頼むだけで、到着前にフライングでフィリピンを楽しめちゃいます。フィリピン料理って、クセがない肉料理が多いので好き嫌いが激しい僕でも美味しく食べられるのがgoodポイント。

あと味が濃い目なのでビールにとても合います。(今回ビールは飲んでいません)

 

あっという間にセブに到着しました

LCCは乗り心地がよくないとかご飯が美味しくないとか接客が悪いとか言った人は誰ですか?

快適すぎて爆睡しているうちにセブのマクタン空港に着陸しましたけど?(なので後半の機内の様子の写真がありません)

飛行機から出る時は客室乗務員さんに加えて、パイロットの方までお見送りしていただきました。最後の最後まで素晴らしいおもてなし…(泣)

おかげで全く疲れなし、というかむしろ搭乗前より元気とワクワクが増した状態でセブの町へ繰り出してきます!

帰りの便は何のご飯を頼もうかなあ。直行便も良かったけど、次に来るときはマニラで乗り換えてみるのもいいかもなあ。なんて考えながら入国手続きをしました。

 

セブに行くならセブ・パシフィック航空で決まり

マクタン空港は2018年7月にめちゃくちゃ綺麗な新ターミナルが誕生しました。

セブ・パシフィック航空の魅力、伝わりましたでしょうか?日本からセブに行くなら、セブ・パシフィック航空を使わない手はないってぐらい圧倒的に充実したフライトでした。

セブにまだ行ったことがない方は、きっと気に入っていただけると思うのでぜひ今年の旅行先に選んでみてはいかがでしょうか?

 

Cebu Pacific Air公式サイト

フィリピン島間の充実した路線だけでなく、アジア、オーストラリア、そして中東へのフライトに関するお得なキャンペーン、座席セール、最低航空運賃、割引フライトに関する情報をぜひご覧ください。

また、 運航スケジュールの詳細も公式サイトを確認してください!

公式サイト:Cebu Pacific Air

Pocket はてブ

WRITER

平野嵐
和歌山県和歌山市出身。潔癖・偏食・人見知りの、旅に向いてなさすぎるバックパッカー。20歳の時に旅にハマり、フィリピン留学や世界一周のひとり旅を学生時代に経験。これまでに約30カ国を旅した。大学卒業…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

LCC特集

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品