ライター
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

筆者はなぜか、子どもたちから割とモテます(笑)。

気が付くと数十人の子どもに囲まれて遊んでいる。なんてことが世界中で何度もありました。

子どもって楽しいし、かわいいし、感動を与えてくれます。その楽しさ、かわいさ、感動には国境なんてありません。

だから、多くの旅人が世界中の子どもと仲良くなってほしいと思います。

今回は、僕が旅中に子供たちと仲良くなるために重要だと思うポイントをまとめて紹介します。

 

遊びは本気で

koukitara

onigokko

 

子どもと仲良くなるにはやっぱり一緒に遊ぶのが一番!

ただ、子どもは「面白くない!」と思ったらすぐに遊んでくれなくなります。手を抜いてしまったら、すぐに去っていくのです。だから、遊ぶときは全力で!

 

感情をわかりやすく

jojo
子供は思った以上に大人の表情を見ているもの。

でも、子どもだから、表情を読み切れないのもまた事実。特に外国人の表情を読むなんて、余計に難しいですよね。

だから、いつも以上に感情を爆発させるようにしましょう。微笑むよりも爆笑!が基本です。

 

言葉が通じなくても仲良くなれる

kodomotachi

 

言葉が通じない相手とはその時点で仲良くなれないと思ってしまうかもしれませんが、子どもに関してはあまり問題ありません。

ライター
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング