クロアチア・ドブロヴニクは物価が高いって本当?旅費を抑えて楽しむ方法

Pocket はてブ

今回はクロアチアのドブロヴニクを取り上げます。ドブロヴニクはアドリア海に面した美しい町。世界文化遺産に登録された古い街が残るリゾート地としても知られています。

一方、SNSを見ると「ドブロヴニクは物価が高いだけだからおすすめしない」という声も。何とかして旅費を抑えつつ楽しむ方法はないのでしょうか。

 

確かに安くはないドブロヴニク

Photo by Nitta Hiroshi

先に結論を書くようですが、ドブロヴニクの物価は安くありません。モンテネグロやボスニア・ヘルツェゴビナなどの周辺諸国と比べると物価は高いです。それでは中心地である旧市街の物価はどれくらいでしょうか。

たとえば旧市街にあるホステルですと12人ドミトリールーム、10月1日~10月2日(8月16日調査)で1人約2,000円です。夏期ですと、この価格の倍になることも考えられます。

Photo by Nitta Hiroshi

旧市街のレストランはチェバブチチで約1,700円、旧市街から少し外れたレストランでもイカのグリルで約1,800円はしました。残念ながら、旧市街ではボッタくりレストランもあるのでご注意!

私は”わざと”キャッチセールスに引っかかり”潜入調査”をしましたが、単なるサラダで約2,500円もしました。地元の人に見せると「クレイジーだ」と言いました。

Photo by Nitta Hiroshi

ドブロヴニクは街を囲う城壁で有名な町。ところが城壁の入場料がとにかく高い! フルで見学すると1,000円は軽く超えます。また背後への山へ行くロープウェーの料金も往復2,500円以上もします。

 

ホステルやソベを使い倒すのがコツ

Photo by Nitta Hiroshi

「なんだ!結局は高いじゃないか!」と思ったあなた!もう少し待ってください。ここから少しでも旅費を抑える方法を考えます。まず簡単に料金をコントロールできる宿泊費から考えます。ドブロヴニクには数多くの宿泊施設があるため、さまざまなタイプが選べます。ただしホテルですと目が飛ぶような価格になることも。

そこでおすすめしたいのがホステルと「SOBE」と呼ばれる民宿です。ホステルも周辺諸国と比べると高いですが、ハイシーズンの直前予約でも1泊5,000円前後だと思います。「どうしても個室がいい」という人は「SOBE」がおすすめ。多くの「SOBE」は自宅やアパートを活用したものが多いです。

 

ある「SOBE」ですと、9月15日~9月17日(8月16日調査)で1室2人2泊で約25,000円でした。旧市街に近いホテルですと、さらに高くなるでしょう。

ホステルや「SOBE」を調べる際はBOOKING.COMなどの一般的な宿泊施設比較サイトでOK。前もって予約しておくと宿泊料が安いので、早めの予約をおすすめします。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

クロアチアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品