チェコの世界遺産

ビール、美術、そして建築の国「チェコ」の世界遺産まとめ

チェコの世界遺産
Pocket はてブ

ヨーロッパの中でも有数の世界都市プラハを首都に持つチェコは、ヨーロッパでも有数の観光国です。ビールの国、美術の国、そして建築の国とも呼ばれるチェコではプラハをはじめ、世界遺産に登録されている建築物が多くあります。

そこで今回は、チェコにある12の世界遺産を全てご紹介します。チェコ観光のヒントになれば幸いです。

■チェコの詳細情報
・首都:プラハ
・言語:チェコ語
・通貨レート:1 チェコ・コルナ = 4.7 円
・治安:「現在 危険情報は出ていません。」世界治安危険度ランキング : 15 位 / 163カ国 チェコの外務省危険情報
・フライト時間:直通なし:フランクフルト経由だと最低13時間
・時差:–8時間
・チップの有無:あり。10%前後が目安。
・英語:ドイツ語がかなり通じる。英語も通じることが多い。
・ビザ:シェンゲン協定国(欧州諸国)内で6ヶ月間で合計90日以内の観光なら不要。到着した最初の協定国で入国審査を受けると協定国内は自由移動。パスポート残存期間は入国時6ヶ月以上。
・電圧とコンセント:220VでC型

 

*編集部追記(2016/02/03)
2015年に公開した記事に新たに加筆しました。

 

プラハ歴史地区

「宝石の都市」「北のローマ」「黄金の街」などと、多数の別名を持つ美しい歴史的街並みを持つプラハ。1000年もの歴史を持つこの街に並ぶ建物にはロマネスク、ゴシック、ルネサンスをはじめロココやアールヌーヴォーなど様々な建築様式が混在して見られ、シューベルトやモーツァルトなどの著名歴史人にまつわるゆかりの文化財も多数保存されています。

プラハ歴史地区

photo by Nitin Vyas

プラハ歴史地区

photo by Miguel Virkkunen Carvalho

 

チェスキー・クルムロフ歴史地区

ボヘミアの森に囲まれた美しい古都チェスキー・クルムロフは、そのあまりの美しさから「眠れる森の美女」と呼ばれてきました。

14世紀から300年もの間ローザンブルク家の居住地となっていたチェスキー・クルムロフ城や、15世紀のフレスコ画が保存されている聖ヴィート教会などのほか、各時代の建築様式を残す建物など、旧市街には見所がたくさんあります。

チェスキー・クルムロフ歴史地区

photo by Tamas Ring

 

ゼレナー・ホラのネポムークの聖ヨハネ巡礼教会

現在は旧礼拝堂と回廊だけが残る聖ヨハネ巡礼教会。1393年に当時のボヘミア王から拷問を受けてカレル橋から投げ込まれた王妃付司祭ヤン・ネポムツキーが53歳で亡くなったことから、五角形の聖堂や三角形の窓など、5と3を意識したデザインが施されているユニークな教会です。1994年に世界文化遺産に登録されました。

ゼレナー・ホラのネポムークの聖ヨハネ巡礼教会

photo by Anna Prokopová

 

リトミシュル城

チェコの国民的作曲家スメタナの出生地としても知られるリトミシュルにあるこのお城は、1568年より14年もかけて建設されました。

当時のボヘミアでは見られなかったルネサンス様式で、城壁はスグラフィット技法で描かれた壁画で覆われている美しい城です。内部には世界に数箇所しか残っていない貴重なバロック劇場があります。

リトミシュル城

photo by wikipedia

 

クロミェルジーシュの庭園群と城

ブルノの北に位置する町クロミェルジーシュに、1497年にスタニスラス司教によって建設された建築物で、後期ゴシック様式とルネサンス様式の複合建築です。バロック様式の宮殿正面の庭園は17世紀半ばに建設されました。

宮殿は一度火事で焼け落ちたものの、再建され、その後に作られた宮殿内のホールは絵画のコレクション場所となっています。

クロミェルジーシュの庭園群と城

photo by joutrip

 

トジェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂

500年もの間、キリスト教文化とユダヤ人文化が共存してきたトシェビーチには、その歴史を象徴する聖プロコピウス聖堂とユダヤ人地区が共に世界遺産に登録されています。

聖プロコピウス聖堂はロマネスク様式からバロック様式へ建築様式が移り変わった時期に建設され、どちらの要素も持ち合わせた美しい建物となっています。ヨーロッパで唯一昔の姿をそのまま残すユダヤ人地区も必見です

トジェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂

photo by larsjuh

トジェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂

photo by Marius Svoboda

 

クトナー・ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市

1300年頃にシトー会修道院によってセドレツに建設された聖母マリア大聖堂は、チェコ最大のゴシック様式の聖堂で貴重な建築物の一つです。18世紀にはバロック様式で改築されました。

聖バルバラ教会は、後期ゴシック様式の大聖堂で、鉱山労働者の守護聖人とされている聖バルバラを記念して建設されたものです。共に1995年に世界遺産に指定されました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

チェコのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品