海外旅行で高額請求?知っておきたいデータローミングの基本
other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

ほとんどの携帯電話やスマートフォンが海外でも使えるようになっています。自分の電話を海外でそのまま使えるなんて、とっても便利ですよね。

でも、何も考えずに使ってしまうと、あとからとんでもない金額の請求が来る可能性があります。海外旅行に行く前に覚えておきたいデータローミングについてお知らせします。

 

データローミングって何?

selfie-1022967_1920

photo by pixabay

日本の携帯会社の電波、どこまで届くと思いますか?当然のことですが、国内のみです。私たちが、海外で今持っている携帯電話を使う場合には、滞在国の携帯会社の電波を使うことになります。

こうしたサービスを国際ローミングと言います。ちなみに通話は音声ローミング、データなどの通信はデータローミングとなります。

 

データローミングの落とし穴

cell-phone-791365_1920

photo by pixabay

データローミングで気をつけなければいけないことは、なんといっても料金が高くなってしまうことです。データローミングは海外の通信会社を経由するため日本の携帯会社のプランであるパケット定額やLTEフラットなどの割引サービスが適用されません。

 特にスマホの場合は自分が使っていなくとも、自動的に通信することがよくあるので、要注意です。

 

海外旅行の前にデータローミングをオフにする!

aircraft-994943_1280

photo by pixabay

「データが使えなくいい。通話さえできればいい。」そういう方は、海外ではデータローミングをオフに設定しましょう。

オフに設定しているので通信料の心配はいりません。忘れないためにも飛行機に乗る前に設定したほうがいいかもしれません。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事