ライター
牛丸 博貴 世界を放浪中

信州育ちの21歳。 上高地の雪解け水と自家製の果物で育ちました。職探し、そして新婚旅行で訪れる国を探すために世界を放浪中。信州そばとおやきが大好きです。よろしくお願いします! 今はメキシコ、世界遺産の街"グアナファト"にてサルサとスペイン語の修行中。

こんにちは、メキシコより牛丸がお送りします。日本人女性と外国人男性のカップルはわりと見かけますが、日本人男性と外国人女性が付き合っているというのはあまり聞いた事がありませんよね。

それもそのはず、日本と外国では口説き方が違いますし、デートのリードも違ってきます。そこで今回は私、牛丸が実際にアメリカ・中南米を旅してきて見たり、聞いたり、そして実際にやって喜ばれたことなどから“外国人女性とデート時のお約束”お送りします。

 

常にLadies firstを忘れずに

beach-holiday-vacation-arm-large

photo by Ed Gregory

日本では男性を持ち上げる風習が根付いてしまっているため、あまり慣れてないかもしれませんが、海外に出たら必ずしなければいけないのが”Ladies first”です。

大切な人は当たり前ですが、友達、家族、はたまた赤の他人であったとしても相手が女性であればやりましょう。

簡単な例をあげれば、男性が常に車道側を歩いたり、荷物を持ってあげたり、ドアを開けてあげたりなどです。他にもいろいろありますが、実際に現地でジェントルマンな男性が女性にしていることを観察してみるのがいいでしょう。

 

デートの費用は男が払って当たり前

man-couple-people-woman-large

photo by pexels.com

“これは日本にいても当たり前だろ”と思う方も多いかなと思います。が、海外では日本以上に大切になってくるのであえて書きます。

例えば、デートの相手が歳上であったとしても、外国人男性は積極的に払いにいきます。基本的に何から何まで全て払います。

 

それだけ”あなたのことを愛しています”というアピールでもありますし、そういう文化なんだそうです。

そして女性たちもそれに慣れている方が多く、割り勘なんてしたらがっかりされる場合もありますので、豪快に奢って上げちゃってください!!

 

自分に自信を持つこと

image (1)

photo by Ben Rosett

外国人から日本人がよく言われることの1つに、”自信がなさそう”ということがあります。外国人から見て、日本人は男女問わず行動が遠慮がちで消極的だそうです。

そして日本ではよく何かしてもらったら、軽く”ごめんなさい”やすみません”と言うような風習がありますが海外ではこういう風には一切使いません。

ライター
牛丸 博貴 世界を放浪中

信州育ちの21歳。 上高地の雪解け水と自家製の果物で育ちました。職探し、そして新婚旅行で訪れる国を探すために世界を放浪中。信州そばとおやきが大好きです。よろしくお願いします! 今はメキシコ、世界遺産の街"グアナファト"にてサルサとスペイン語の修行中。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング