ライター
髙橋 諒馬 フォトライター

1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務するが、もっと様々なことに挑戦したいと思い退職。その後バックパッカーとピースボートで世界を2周。訪問国は40ヶ国。現在はフォトライターとして活動中。2020年9月〜キャンピングカーでアメリカ横断〜イギリスで2年間ワーホリ。

「世界中の絶景を見に行きたい」「世界のおいしい料理をたくさん食べたい」、みなさん旅への興味は尽きないですよね。「いつかは世界一周してみたいなー…」そう思っている人も少なくないはずです。

そんな夢を持つ学生に朗報です!今年こそその夢、叶えてみませんか?

 

今回は、最優秀賞に選ばれた人には世界一周航空券が与えられる夢のようなコンテスト、「DREAM」の紹介をします。

ドリーム公式ホームページは以下の画像から!

 

世界一周を夢見る学生のためのコンテスト

今年で9回目を迎える世界一周コンテストDREAMは、すべての学生に世界一周のきっかけを与えるプレゼンコンテストです。過去の参加者は1万人を超え、これまでに17名の学生が世界一周航空券を手にしてきました。

世界一周を夢見る学生がその想いをプレゼンし、観客の投票数をもっとも多く集めた者には、最優秀賞として世界一周航空券が贈られます。

他にも、世界一周者や他の参加者と出会える「参加者交流会」など、世界一周の夢が実現するような出会いの場や、情報提供の仕組みをたくさん用意しています。

 

世界一周航空券を狙うだけじゃない!DREAMの4つの魅力

世界一周コンテストDREAMの魅力は世界一周航空券だけではありません。ここではその4つの魅力を紹介していきます。

 

世界一周を応援する豪華賞品

最優秀賞の世界一周航空券だけでなく、海外航空券や旅の資金など、世界一周を応援する豪華賞品をプレゼント。

 

あなたの世界一周を全力サポート

DREAMに出場することで、たとえ優勝できなくても旅に出る学生がたくさんいます。そのような学生に向けて、世界一周経験者やTABIPPO社員が旅の相談に乗ったり、旅行プランのアドバイスをする機会があります。

2,000人に向けて想いを語れるチャンス

スタッフが何度もプレゼンテーションにフィードバックを送り、新たな自分の可能性を引き出すきっかけにもなります。そして、ファイナルの舞台は2,000人の聴衆が集まるイベントの舞台。あなたの世界一周への熱い想いを全力でぶつけてください。

 

同じ想いを持った仲間との出会い

全国で2,000人以上の学生がエントリーし、審査や交流会などで出会う仲間は100人を超えます。同じ想いを持つもの同士、一生の仲間をつくることができます。

 

さあ世界一周への切符を掴み取ろう!

夢は待っているだけでは叶いません。夢を夢のままで終わらせるかどうかは、あなたの行動次第です。世界一周への夢が少しでもあるなら、世界一周コンテストDREAMは必ずその背中を後押ししてくれるきっかけになります。

夢は口にすることで叶いやすくなると言われています。あなたが夢を語れば語るほど、多くの人が応援してくれるようになるでしょう。そうすることで周りに同じような仲間が集まり、一人の夢がみんなの夢になり、いつの間にかその夢は叶っているのだと思います。

 

あなたの熱い想い、2,000人の前で語ってみませんか?あなたの挑戦を待っています。あなたの「世界一周」という夢、TABIPPOが全力で応援しますよ!

 

詳細情報は以下の画像から

ライター
髙橋 諒馬 フォトライター

1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務するが、もっと様々なことに挑戦したいと思い退職。その後バックパッカーとピースボートで世界を2周。訪問国は40ヶ国。現在はフォトライターとして活動中。2020年9月〜キャンピングカーでアメリカ横断〜イギリスで2年間ワーホリ。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング