writer

理学療法士として今まで1000人以上の治療を行う。その経験を活かし世界で身体の痛みに困っている人々を助ける為に邁進中。ココロ踊る事が大好き、生きるためなら大概何でもやります。旅で出会ったら施術しますのでご連絡を♪

数ある資格や免許の中でも履歴書に「象使い」と書いてあったらインパクトありますよね!日本ではまず、とる事のできない「象使い」の免許をラオスでは取れるのです!これで今日から君も象使いだ!

 

象使いの免許とは?

ラオス、ルアンパバーンで取れる国家資格です。ラオスでは昔より象にゆかりが深く14世紀半ばから350年ほど象を文字った国名で350年ほど統一されていました。(ラーンサーン王国:100万頭の象の王国)

現在では観光者対象に「象使い」になるためのツアーが組まれており観光業の一手を担っています。このツアーは文字通り象を操る事を目的とし、基本操作から実践練習まで幅広く学ぶ事ができ、コースを無事終了すれば晴れて免許取得となります。

 

象使いになるには?

基本的にツアー会社が代行してくれます。ルアンパバーンにはいくつもツアー会社があり、数あるツアーから「Elephant mamout」というコースを選択します。1日~6日コースまで分かれており、前日までに希望日数分の予約を済ませます。

※1日コースでも免許取得可 値段は1日コースで350,000キップ(約5000円)、2日では約10,000円という具合で1日事に約5000円ずつ増えていきます。ツアー会社によって差があるので何軒か当たってみましょう。また申し込む際にライセンスが欲しい!と事前に伝えておきましょう。

 

象に乗り周辺を探検

象を操る前に、象に慣れるためにガイドと一2人1組で約30分ほど森林や草原、川辺を散策すます。勇大なメコン川や、反り立った山々が広がりとても気持ちがいいです。

writer

理学療法士として今まで1000人以上の治療を行う。その経験を活かし世界で身体の痛みに困っている人々を助ける為に邁進中。ココロ踊る事が大好き、生きるためなら大概何でもやります。旅で出会ったら施術しますのでご連絡を♪

RELATED

関連記事