ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

ヨーロッパの都市ですと、必ずといっていいほど存在するのが路面電車。「乗りたいなあ」と思っても切符や地図がなかったらお手上げですよね。

そこで今回は、路面電車を自在に乗りこなす方法をあれこれと考えてみました。

 

便利な1日乗車券を購入しよう

PA040875-e1473168692905

Photo by 新田浩之

初めて訪れた都市で2回以上、路面電車に乗る場合は迷わずに一日乗車券を購入すべきです。なぜなら、全ての停留所に自動券売機がないから。券を買わずに購入し、検札にバレると多額の罰金を取られてしまいます。

また、券を購入する場所を探すのも面倒ですよね。一日乗車券を購入すると、そのようなストレスから解放されます。

 

地方都市ではこのアプリが活躍

首都レベルの都市ですとガイドブックにも細かく路面電車の停留所名が書いてあるので、それほど迷わないでしょう。問題は地方都市。ガイドブックにその都市の地図はあっても、路面電車の停留所名は書かれていない場合が多いです。

 

その際に役に立つアプリが「MAPS ME」です。このアプリを使うと、オフラインでもガイドブックのような詳細な地図を見ることができます。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング