writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

ポルトガルのアレンテージョ地方に、エヴォラという街があります。訪れるまでどんな街か知らなかったのですが、実は日本と歴史的に関係があったり、おいしい食文化が根付いたりとすてきな街でした。

そんなエヴォラで行きたい観光スポットや、体験したいことをまとめましたので、ぜひ観光の際に参考にしてみてください!

エヴォラってどんな街?

エヴォラはポルトガルの南、アレンテージョ地方の中心都市。ポルトガルの名産品のひとつにコルク製品がありますが、この地方がコルクの木が多く自生していることで知られています。

1986年には旧市街が「エヴォラ歴史地区」として、ユネスコ世界遺産に登録されました。城壁都市が残り、古い歴史を感じられる街でもあります。

エヴォラ大聖堂

エヴォラ大聖堂はエヴォラを代表する観光スポットで、12〜13世紀に建てられました。

歴史の授業で、「天正遣欧少年使節」という名前を習った人も多いはず。当時13〜14歳だった少年たち4人は1582年にローマに派遣され、約2年かけてヨーロッパまで船で渡ってきました。

 

そしてこのエヴォラ大聖堂にも立ち寄り、パイプオルガンを演奏した記録が残っているのです。何世紀も前に少年たちが同じ地を訪れたと思うと、胸にくるものがありました。パイプオルガンは現在修復を予定しているそうで、日本人に修復をお願いしているとのこと。

■詳細情報
・名称:エヴォラ大聖堂
・住所:Largo Marques De Marialva, Evora
・地図:
・開館時間:9.00 – 5.00
・公式サイトURL:http://www.evoracathedral.com/

ロイオス教会

ロイオス教会は15世紀に建設されました。見所は何といっても、壁全体に絵が描かれたアズレージョ(タイル)。こちらは18世紀に作られたものだとか。

お土産として売られているアズレージョは花をモチーフにしたものや幾何学的な模様が多いですが、教会には物語が描かれていることが多いです。

あまり教会に興味がない人も、描かれた絵をぐるっと見て回るだけでも楽しめるはずです。

■詳細情報
・名称:ロイオス教会
・住所:Rua Augusto Simoes Francisco, 7000 Évora, ポルトガル
・地図:

ディアナ神殿

「あれ、違う国に来たんだっけ?」と、一瞬ローマを彷彿させるようなこちらの神殿。実はポルトガルのエヴォラは紀元前にローマに支配された歴史も。月の女神ディアナに捧げて、1世紀に作られたといわれています。

神殿の近くには小さな公園があり、そこからエヴォラの街を見下ろせます。そして、実はこちらの彫刻は日本人の方が作られたもの。こんな遠くの地に、日本人の作品があるなんて誇らしいですよね。ほかの方の彫刻作品もいくつか展示されているので、確認してみてください。

■詳細情報
・名称:ディアナ神殿
・住所:Largo do Marques de Marialva, Evora
・地図:
writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事