フィンランド
writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

カフェ エンゲル

ヘルシンキ大聖堂のまん前にあるカフェです。ミートボールやマッシュポテト、サーモンスープなど、フィンランドらしい料理が楽しめます。地元の人にも大人気なので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

■詳細情報
・名称:カフェ エンゲル
・住所:Aleksanterinkatu 26 00170 Helsinki, Suomi
・公式サイトURL:http://cafeengel.fi/ja/

マリカフヴィラ

フィンランドの人気ブランド「マリメッコ」をコンセプトにしたデザインカフェです。マリメッコ・ マリクルマ店に隣接しているので、買い物帰りに立ち寄りやすいです。

食器類はすべてマリメッコ製で、クッションカバーなどディスプレイのセンスも抜群。店内はサンドイッチなどの軽食がメインになっています。

■詳細情報
・名称:マリカフヴィラ
・住所:Pohjoisesplanadi 33, Helsinki 00100
・公式サイトURL:http://www.strindberg.fi/en/front-page/

カフェ レガッタ

築100年以上のコテージをお店にした、かわいいカフェ・レガッタ。ヘルシンキっ子に愛される名物カフェです。シナモンロールとブルーベリーパイが絶品と評判で、ヘルシンキのツアーにも組み込まれることが多い観光スポットです。

■詳細情報
・名称:カフェ レガッタ
・住所:Merikannontie 10, Helsinki 00260, Finland
・公式サイトURL:http://caferegatta.fi

ロヴァニエミ

サンタクロース村

photo by pixta

サンタクロースなんて子供の夢物語だなんて思っていませんか?フィンランドにあるサンタクロース村には本物のサンタさんがあなたを暖かく迎えてくれます。

サンタさんのお手伝いさんトンットゥは、なんと日本語がペラペラなんですよ!

■詳細情報
・名称:Santa Claus Village
・住所:Taehtikuja 2, 96930 Napapiiri, Rovaniemi
・アクセス:「ロバニエミ(ロヴァニエミ)」駅より8番バス「アークティック サークル(ARCTIC CIRCLE)」より徒歩1分
・営業時間:1/10~5/31 10~17時 6/1~8/1 9~18時 9/1~11/30 10~17時 12/1~1/6 9~19時
・定休日:店舗により異なる
・電話番号:+358 16 3562096
・料金:村への入場は無料
・公式サイトURL:http://www.santaclausvillage.info/

アルクティクム

北極圏博物館であるアルクティクムでは北に住む人々の生き方や生活の様子を知ることができます。手で触れられる展示やボタンを押すと動物の鳴き声を聞くことができる展示など工夫されたものも多く、肌で感じて学ぶことげできますよ。

■詳細情報
・名称:Arktikum
・住所:Pohjoisranta 4, 96200 Rovaniemi
・アクセス:「ロバニエミ(ロヴァニエミ)」駅徒歩約15分
・営業時間:10時~18時 (6月~8月は9時~18時)
・定休日:月曜日 (6〜8・12がつは月曜も開館)
・電話番号:358163223260
・料金:12ユーロ
・所要時間:1〜2時間
・公式サイトURL:http://www.arktikum.fi/#_=_

ピルケ・サイエンスセンター

フィンランドの重要な輸出品といえば木材。その木材とフィンランド人とのあり方を教えてくれるのがピルケ・サイエンスセンターです。建物にもフィンランドの木材を使用しています。

■詳細情報
・名称:Pilke Tiedekeskus/Science Centre
・住所:Ounasjoentie 6, 96200 Rovaniemi
・アクセス:「ロバニエミ(ロヴァニエミ)」駅から徒歩約15分
・営業時間:9時~18時 (土日10:00~18:00)
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 (0)206 39 7820
・料金:7ユーロ
・公式サイトURL:https://www.tiedekeskus-pilke.fi/jp/

ロヴァニエミ教会

ロヴァニエミの町の人々からも愛され続けている教会です。教会内の巨大なフレスコ画「命の源」がこの教会の独特な雰囲気を生み出しています。

■詳細情報
・名称:Rovaniemen Seurakunta
・住所:Rauhankatu 70, 96101 Rovaniemi
・アクセス:「ロバニエミ(ロヴァニエミ)」駅徒歩約10分
・電話番号:+358 16 335511
・公式サイトURL:http://www.rovaniemenseurakunta.fi/

タンペレ

ムーミン谷博物館

日本でも大人気のフィンランド生まれのキャラクターといえばムーミン。そのムーミン谷の博物館がタンペレ市立美術館のなかにあります。ムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンの作品のためだけに作られた施設です。

■詳細情報
・名称:Tampere Art Museums Moominvalley
・住所:Puutarhakatu 34, 33230 Tampere
・アクセス:タンペレ観光案内所から徒歩 7分
・営業時間:火〜金 9時~17時 土日 10時〜18時
・定休日:月曜日
・電話番号:358 (0)3 5656 6577
・料金:8ユーロ
・公式サイトURL:http://muumilaakso.tampere.fi/ja/museo/

プーニッキ公園と展望タワー

プーニッキ公園にある展望タワーを登れば360度のパノラマが楽しめます。眺望も素敵ですが、何よりタワーにあるカフェが人気です。名物のドーナッツを是非いただきましょう。

■詳細情報
・名称:Pyynikki Park and Observation Tower
・住所:Pyynikintie 13, Tampere 33230, Finland
・営業時間:9時〜20時 (夏期は21時まで)
・定休日:無休
・電話番号:(03) 212 3247
・料金:タワー 2ユーロ
・公式サイトURL:http://www.munkkikahvila.net/?page=3

アムリ労働者住宅博物館

タンペレが産業の街だった当時の労働者の生活を知ることができる博物館です。当時の生活で実際使われていたものが状態良く保存されているので、生活感までしっかり感じることができます。

■詳細情報
・名称:Amuri Museum of Workers’ Housing
・住所:Satakunnankatu 49, Tampere 33230, Finland
・営業時間:10時〜18時
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 (0)3 5656 6690
・料金:7ユーロ
・公式サイトURL:http://www.museokortteli.fi/en/
writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事