other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

世の中には、数奇な運命をたどった建造物が数多くあります。今や世界有数の人気を誇る「モンサンミッシェル」でさえ、一時期は牢獄として使用されていたほどです。それ以上に数奇な運命をたどっているのが、フランスにある「フォール・ボワヤール」でしょう。

 

フォール・ボワヤールの誕生

shutterstock_152153894

Photo by shutterstock

フォール・ボワヤールは、大西洋岸のラ・ロシェルという街の沖にある島…というか建物です。フォール・ボワヤールはもともと、19世紀中ごろに完成をした要塞です。

フォール・ボワヤールは縦が31メートル、横が68メートル、高さが20メートルにも及ぶ、まるで戦艦のような要塞。対イギリスでは重要な拠点だったのですが、間もなく長距離砲が本土などに配備されると、その優位性は無くなりました。

 

テレビによって救われたフォール・ボワヤール

その後、反乱者をニューカレドニアへ流刑に処すまでの収監の地として使われ、20世紀になると砲台すら鉄くず業者に売り払われてしまいました。

第二次大戦後、国によって復興計画が立てられましたが、その後なぜか歯医者が落札して、要塞をホテルに改装しようとしましたが、結局それも頓挫。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事