「ちょっと日本のバイブスも感じるよね」

編集部員

10月24日は「九寨溝」です!先に写真をお見せしてしまいますね。中国にある湖なのですが、どんな場所なのか思いつくことはありますか?

めっちゃ自然じゃん!中東のあたり紹介してもらってた時も言ったけど、こういう色合いがやっぱり好きなんだよな〜。ていうか、中国ってこんなところもあるんだね?ちょっと日本のバイブスも感じるし、ちょっと意外だー!

ともちんぱ

編集部員

意外でしたか!今まで中国にはどんなイメージがありましたか?
んー。難しいんだけど、工業都市って感じかな?『生産〜工場〜イェーイ↑↑』みたいな(笑)。確かに中国って凄く広いし、そりゃあこういうところもあるか!

ともちんぱ

編集部員

そうですね。日本でいう北海道のような場所だと思っていただけると分かりやすいと思います!ちなみにこの取材の前に九寨溝の発音が分からなくて調べてみたのですが、ぜひ聞いて欲しいなと思っていて。なんだか意外じゃないですか?(笑)
…え、なんて!?中国語ってこんな感じじゃないの(笑)?さっきから思っていたんだけど、TABIPPO編集部さんも結構笑いのツボ独特だよね?絶対ギャルのバイブス持ってると思うんだけど。ウケじゃん〜!

ともちんぱ

「笑いのツボ独特だね。」の一言に盛り上がる一同でした。

◆◆◆

 

今日のギャルからの学び

「工業都市のイメージ」がある中国で、雄大な自然を広げる「九寨溝」。その中国語での発音を面白いと感じた私たち編集部も「ギャルのバイブス持っていると思うよ!」という言葉から、旅人×ギャルのコンビネーションの良さにさらなる確信を得ました(笑)。

九寨溝って?

原生林が生い茂った50kmほどの渓谷に、大小100あまりの湖沼や瀑布が点在する景勝地。エメラルドグリーンの水が樹木の間をぬって流れる渓流が美しい。この湖の水は石灰を大量に含むため微生物が生息しない。そのため水がにごる原因がなく、さらに石灰が川底の石や木に層を成すため、幻想的な発色を促す。日中には青く、夕方にはオレンジに独特の色彩を放つ。

『365日 世界一周 絶景の旅』とは

「いつか旅に出てみたい」「世界中の美しい景色を見てみたい」という夢を現実にするために生まれた一冊。TABIPPOが編集を担当し、一年をかけて本当に行くことができる世界一周ルートと共に、途中で見ることができる365カ所の絶景が紹介されている。
(https://pas-pol.jp/product/365book/)
***
photo by model:Shigeki Naganuma 絶景:北野正樹
他のギャル旅365記事を見る

ライター

埼玉県生まれ。あまいものと音楽を愛でるヲタク気質な19歳。高校を卒業し、自分の「好き」と向き合うためにギャップイヤーを謳歌中。一日をちょっとだけ豊かにするアイデアブログ「PEACHY mode」の管理人。夢は 「自由でご機嫌な人生を送ること」。来年からはマレーシア国内の大学に留学予定。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング